NEC Empowered by Innovation NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社概要 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



新経営体制について
〜NECグループ連携による市場創造力・事業遂行力の強化〜

2005年03月15日

日本電気株式会社

NECは本日、NECグループ連携による「市場創造力の強化」と「事業遂行力の強化」を目指して、営業とSEの連携強化、ソフトウェア開発力の結集、全社横断的な事業推進機能の強化などを柱とした組織再編を4月1日付けで実施することを決定いたしました。

NECは本年6月1日付けで、NECソフト株式会社とNECシステムテクノロジー株式会社の100%子会社化を予定しております()。それに先立ちこのたびの組織再編では、NECソフトを中心としたシステム構築(SI)を担当するソフト関係会社からなる「NESソリューショングループビジネスユニット」と、NECシステムテクノロジーを中心としたソフトウェア開発を担当するソフト関係会社からなる「NEソフトウェア開発グループビジネスユニット」を新たに設置し、ソフト関係会社がNEC内の各ビジネスユニットと同列の立場で連携する体制を構築いたします。
同時に、営業系とSI系のビジネスユニットを統合した「業種ソリューションビジネスユニット」と、グループ横断的に組込みソフトウェア事業を推進する「組込みソリューション事業推進本部」を設置いたします。

「NESソリューショングループビジネスユニット」と「業種ソリューションビジネスユニット」の設置により、営業とSE(システムエンジニア)が連携して市場を開拓するとともに、「SIにおける生産革新活動」にグループを挙げて取り組んでまいります。
また、IPネットワーク基盤やモバイルインフラ、携帯電話機などネットワーク領域におけるソフトウェアの重要性が高まる中で、「NEソフトウェア開発グループビジネスユニット」では、ミドルウェアやセキュリティなどIT系のソフトウェア開発を更に強化すると共に、IT系で培ってきた人材やノウハウをネットワーク系のソフトウェア開発に展開してまいります。一方、飛躍的な市場拡大が見込まれる組込みソフトウェア領域については、「組込みソリューション事業推進本部」と連携しながら、NECエレクトロニクス株式会社を含めたグループ全体で取り組んでまいります。

以上の事業部門の組織再編に加え、IT・ネットワーク融合領域における技術競争力を強化するために、「知的資産R&Dユニット」の新設ならびに「次世代の光・IPネットワーク」や「通信放送融合・固定移動融合」などをテーマとした全社レベルの委員会を設置いたします。同時に、IT系とネットワーク系との間でトップレベルでの人事交流を進めるとともに、事業融合・成長戦略推進を担当する役員を任命いたします。
また、グローバル事業の成長戦略を加速させるために、全社横断的な海外事業推進機能を強化し「海外ユニット」を新設いたします。

NECではこのたびの組織再編により、来年度以降の成長戦略の実行を確実なものとし、更なる収益力の向上に努めてまいります。

このたびの組織再編の概要ならびにビジネスユニット担当執行役員は以下の通りです。

1. 組織再編の概要
 
(1) SIサービス事業・ソフトウェア開発の強化
 
(1) SIサービス事業体制の強化
営業とSEが一体となって顧客に対応することで、市場創造力、営業提案力を強化し、顧客満足度の向上を実現するために、現在の「業種ソリューションビジネスユニット」と「システム・サービスビジネスユニット」を統合し、「業種ソリューションビジネスユニット」を設置する。
また、「業種ソリューションビジネスユニット」や「国内営業ビジネスユニット」などと連携し、システム開発や中堅・地方企業向けソリューション提供を担当するビジネスユニットとして「NESソリューショングループビジネスユニット」を新設する。同ユニットは、NECソフト(ソフトウェア開発部門を除く)、地域NECソフトウェア各社()およびNECシステムテクノロジーのSI部門で構成する。同ユニットの設置によりNECグループとしての新たな事業分担体制を確立するとともに、SIにおける生産革新にNECグループを挙げて取り組み、SIの生産性向上を図る。
NECソフトウェア北海道/東北/北陸/中部/九州
 
(2) ソフトウェア開発力の強化
NECグループのソフトウェア開発リソースを結集して、IT領域のみならずネットワーク領域、半導体領域をも含めたソフトウェア開発力を強化すると共に、ソフトウェアサポート力を強化するために、主にNECグループ全体のソフトウェア開発を担当するビジネスユニットとして「NEソフトウェア開発グループビジネスユニット」を新設する。同ユニットは、NECシステムテクノロジー(SI部門を除く)、NEC通信システム、およびNECソフトのソフトウェア開発部門で構成する。
同ユニットの設置により、IT領域においてはプラットフォーム最適化やセキュリティ、ユビキタスアプリケーションなど基盤ソフトウェア製品の強化・拡充を図る。また、IP化の進展に伴って基幹網からIPテレフォニーなどのサービス基盤に至るまでネットワーク領域におけるソフトウェアの比重が飛躍的に高まるなかで、IT事業領域で培ったオープン系ミドルウェア等のソフトウェア開発力とネットワーク事業領域の通信ノウハウや高信頼性技術を融合・強化する。更に、ソフトウェア各社固有の強みを統合して、組込みソフトウェア領域等、新しいソフトウェア市場にNECグループが一丸となって対応する体制を確立する。
特に、組込みソフトウェア事業においては、車載端末・携帯電話・情報家電などにおいて飛躍的な市場拡大が見込まれるが、NECグループとして同事業を強力に推進するため、コーポレートに「組込みソリューション事業推進本部」を新設する。同本部が、NECグループ各社に広がる組込みソリューション事業についての連携戦略を立案・推進し、各ビジネスユニットや NECエレクトロニクスなどグループ各社とのシナジーを活かした事業展開を図る。
 
(2) 技術競争力強化によるIT・NW融合事業の成長・拡大
 
ビジネスユニット間の連携を通してIT・ネットワークの事業融合を一層加速し、NEC全社としての事業成長を実現するために、IT・ネットワーク間におけるトップレベルでの人事交流を進めると共に、事業融合・成長戦略推進を担当する役員を設置する。当該役員の下で、「次世代の光・IPネットワーク」や「通信放送融合・固定移動融合」、「IT・ネットワーク融合による新製品開発」などのテーマで全社レベルの委員会組織を設置し、IT・ネットワーク融合に関わる全社の中期的な方向性を検討する。
また、IT・NW融合による事業成長を技術面から支えるためにR&Dユニットと知的資産事業本部を統合し、「知的資産R&Dユニット」を新設する。これにより、研究開発による知的資産の創造から販売も含めた活用に至るまでのイノベーション・プロセスを改革するとともに、知的資産収益力を強化し、グループ技術競争力の総合的強化を推進する。
 
(3) グローバル成長戦略の加速
 
全社横断的な海外事業推進および海外現地法人支援の強化を図るために「海外ユニット」を新設する。同ユニットの設置により、地域・国別の全社横断的戦略策定機能等を強化するとともに、海外現地法人を主体としたソリューション事業の展開を推進する。
 
2. ビジネスユニット担当執行役員について
 
4月1日からの新体制において12のビジネスユニットを担当する執行役員は以下の通り。
 
■ビジネスユニット担当執行役員
  国内営業ビジネスユニット 取締役 執行役員専務 藤江 一正
業種ソリューションビジネスユニット 取締役 執行役員常務 渕上 岩雄
NESソリューショングループ
ビジネスユニット
執行役員専務 池原 憲二
ブロードバンドソリューション
ビジネスユニット
取締役 執行役員常務 瀧澤 三郎
社会インフラソリューション
ビジネスユニット
執行役員常務 相澤 正俊
MCシステムビジネスユニット 執行役員常務 相澤 正俊
ソフトウェアビジネスユニット 執行役員常務 伊久美 功一
NEソフトウェア開発グループ
ビジネスユニット
執行役員専務 高橋 利彦
コンピュータプラットフォーム
ビジネスユニット
執行役員常務 山本 正彦
ネットワークプラットフォーム
ビジネスユニット
執行役員常務 大武 章人
モバイルビジネスユニット 取締役 執行役員常務 中村
パーソナルソリューション
ビジネスユニット
執行役員専務 片山

組織図および事業本部長以上の人事については、添付別紙をご参照ください。

以上


(注) 本年4月にNECソフト株式会社とNECシステムテクノロジー株式会社の両社において臨時株主総会を開催し、株式交換契約の締結を承認決議した後、6月1日付けで当社の100%子会社とする予定です。

本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2005