NEC Empowered by Innovation NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社概要 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



NECと日本BEAシステムズが携帯電話やRFIDなどを活用したユビキタスシステム分野において協業
〜システム開発の効率化を支援する製品開発や動作検証、検証サービスなどを共同実施〜

2005年06月15日

日本電気株式会社
日本BEAシステムズ株式会社

NEC(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:金杉 明信)および日本BEAシステムズ(本社:東京都港区、代表取締役:アリイ ヒロシ、以下 日本BEA)はこのたび、携帯電話やRFID(無線ICタグ)などを活用したユビキタスシステム分野において協業することにいたしました。

両社では、携帯電話を活用したチケット・クーポン・会員証などのサービス提供を実現するNECのモバイル電子チケット・会員証サービス基盤ソフト「LightHolder」を活用した開発を支援するため、電子チケットを発行するWebアプリケーション用のテンプレートなどのシステム部品を共同開発し、本年7月から無償で提供いたします。
また、NECのRFID管理用ミドルウェア「RFID Manager」と日本BEAのビジネスプロセス統合基盤「BEA WebLogic Integration (TM)」の連携に関する動作検証を実施し、マーケティング活動や販売推進活動を共同で行なってまいります。
さらに、障害発生時の自動復旧や障害解析情報の自動採取などを可能とするNECのミドルウェア「DiosaGlobe MCOne」と日本BEAのアプリケーションサーバ「BEA WebLogic」製品群をパッケージ化し、アプリケーションサーバの耐障害性・運用性向上を実現する新製品「MCLogic」を共同開発し、本日から出荷を開始いたします。

「MCLogic」の希望小売価格(税別)は50万円からであり、NECでは今後3年間で300システムの販売を見込んでおります。

このたびの主な協業内容は以下の通りであります。

  1. 携帯電話やRFIDを活用したシステム開発を支援する部品開発や動作検証を実施

    NECのモバイル電子チケット・会員証サービス基盤ソフト「LightHolder」を活用したシステム開発を支援するため、電子チケットを発行するWebアプリケーション用のテンプレートなどを両社共同で開発する。本部品は、日本BEAの開発環境「BEA WebLogic Workshop (TM)」のオプション部品として、「LightHolder」および日本BEAのアプリケーションサーバ「BEA WebLogic Server (R)」両製品を購入した企業向けに本年7月から無償で提供する。これにより、携帯電話を利用したチケット・クーポン・会員証などのサービス提供を実現するシステムを効率的に開発することができる。
    また、NECのRFID管理用ミドルウェア「RFID Manager」と日本BEAのビジネスプロセス統合基盤「BEA WebLogic Integration」の連携に関する動作検証を実施するとともに、マーケティング活動や販売推進活動を両社共同で行なう。本連携により、RFIDを活用した在庫管理や配送管理などのWebシステムを効率的に開発することができる。

  2. 信頼性の高いユビキタスシステムを効率的に開発可能なパッケージ製品を提供

    障害発生時の自動復旧や障害解析情報の自動採取などを可能とするNECのミドルウェア「DiosaGlobe MCOne」と日本BEAのアプリケーションサーバ「BEA WebLogic」製品群をパッケージ化した「MCLogic」を両社共同で開発し、本日から出荷開始する。新製品は、インストール・設定作業を容易に行なうことや、アプリケーションサーバの耐障害性・運用性を向上させることができる。これにより、ユビキタス環境特有の急増するデータやトランザクションを安定して処理可能な信頼性・運用性の高いシステムを効率的に開発することができる。

  3. 顧客企業向けの検証サービスを提供

    日本BEAの検証センター「BEAソリューションセンター」に両社のミドルウェア製品やNECのマルチOS対応エンタープライズサーバ「NX7700i」などを設置し、顧客企業がユビキタス関連のシステム導入検討・開発時に行なう機能評価や性能評価を支援する検証サービスを両社共同で提供する。これにより、顧客企業は自社で検証設備を保有することなく効率的にシステムを開発することができる。


近年、ブロードバンド化の進展やユビキタス関連の基盤技術の高度化にともない、企業競争力強化や顧客満足度向上を目的として携帯電話やRFIDなどを活用したユビキタスシステムを短期間かつ経済的に開発したいというニーズが高まりつつあります。
このたびの協業は、こうした市場ニーズに応えるものであります。

以上


(注) BEA, BEA Tuxedo, BEA WebLogic, BEA WebLogic Platform, BEA WebLogic Enterprise Platform, BEA WebLogic Server, BEA WebLogic Integration, BEA WebLogic Portal, BEA WebLogic Express, BEA WebLogic Workshop, BEA WebLogic Java Adapter for Mainframe, BEA WebLogic JRockit, BEA Liquid Data for WebLogic, BEA eLink, BEA WebLogic Enterprise Security, BEA WebLogic Server Process EditionおよびBEA WebLogic Communications PlatformはBEAシステムズの商標または登録商標です。それ以外の会社名、製品名はそれぞれ関係する企業の商標または登録商標である可能性があります。

「本プレスリリースは、一般的な報道のための参考資料として提供させて頂いています。投資判断のための第一義的な資料になるものでも、投資家の特定の目的にそった助言を提供するためのものでもないことをご了承ください。尚、第三者より供給されている情報の正確性につきましてはできる限り確認をしておりますが、内容の変更がある場合もございます」

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

NEC ユビキタスソフトウェア事業部

電話: (03)3456-5692
eメール: info@cced.jp.nec.com


日本BEAシステムズ 営業本部

eメール: sales.jp@bea.com


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2005