NEC Empowered by Innovation NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社概要 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



新IEEE802.11a(国際分配チャネル)に対応したトリプルワイヤレスブロードバンドルータの発売について
〜 既存製品についてもバージョンアップサービスを提供 〜

2005年07月07日

日本電気株式会社
NECアクセステクニカ株式会社
「WR7850Sワイヤレスセット(SC)」 「WR6650Sワイヤレスセット(SC)」
「WR7850Sワイヤレスセット(SC)」 「WR6650Sワイヤレスセット(SC)」

NECならびにNECアクセステクニカはこのたび、Aterm WARPSTAR (エーターム・ワープスター)シリーズにおいて、総務省より5月16日に公布/即日施行された「電波法施行規則の一部を改正する省令」に基づき、IEEE802.11aの新チャネルに対応したトリプルワイヤレスブロードバンドルータ「AtermWR7850S」「AtermWR6650S」、およびカードタイプの無線LANアダプタ「AtermWL54SC」を商品化し、本日より販売活動を開始いたしました。
IEEE802.11a新チャネルは、既存の周波数帯において中心周波数が変更された5.2GHzの4チャネルと、新たに追加された5.3GHz帯の4チャネル(注1)の合計8チャネルが利用可能となります。(参考図(1)参照)

新商品の主な特長は次の通りであります。

1. 11aの新チャネル(W52/W53)に対応したトリプルワイヤレスブロードバンドルータ「AtermWR7850S」「AtermWR6650S」

新商品は、11aの新チャネル(W52/W53)の8チャネルに対応(注2)しており、11b/11gで利用可能な13チャネルとあわせて、計21チャネルの中から、利用環境や電波状況にあわせて最適なチャネルを選択できる。特にWR7850Sは、11aと11b/11gの同時利用が可能であり、11a、11b、11gの子機が混在した環境でも利用可能である。
 
2. PCカードタイプの無線LANアダプタ「AtermWL54SC」

1)

11aの新チャネル(W52/W53)と従来チャネル(J52)双方に対応(注3)
11aの新チャネル(W52/W53)だけでなく従来チャネル(J52)にも対応し、11b、11g、を含めたいずれの規格/チャネルで運用されているアクセスポイントにも接続できる。(参考図(2)参照)
2) アンテナ部をフラット化し、面積を約60%コンパクト化
アンテナ部分(パソコン装着時にPCカードスロットから出る部分)をフラット化し、他のPCカードの脱着を妨げることなく利用できる。また、同時にアンテナ部分の面積を、当社従来機「AtermWL54AG」との比較で約60%コンパクト化している。
3) 無線LANの電波状況を視覚/直感的に把握可能な「サテライトマネージャ」
常駐型無線LAN管理ツール「サテライトマネージャ」を強化。周囲の無線LANの「チャネル状況」確認機能を改良し、他機器が利用するチャネル、電波強度、チャネル間の干渉状況をグラフ表示し、視覚的/直感的な把握を可能とした。(参考図(3)参照)総務省令施行により、従来チャネル(J52)を利用する機器と、新チャネル(W52)を利用する機器が混在し、電波(チャネル)が干渉する可能性があるが、本機能を用いることで、干渉するチャネルを避けて、アクセスポイントを設置・運用することが可能となる。
 
3. ボタン操作で安全/簡単な無線LAN設定が可能な「らくらく無線スタート」に対応

無線LAN接続設定(SSIDおよび暗号化キーなどの設定)(注4)を、親機側のボタン操作により自動的に行える「らくらく無線スタート」機能に対応。「WR7850S」「WR6650S」と「WL54SC」の組み合わせはもちろん、Windows(R) XP SP2を搭載した無線LAN内蔵パソコン(注5)との組み合わせでも、親機側の「らくらくスタートボタン」を押すことで、簡単、安全に無線LANを利用可能にする。
なお、本年4月以降発売のNEC製ノートパソコン「LaVie」シリーズの無線LAN内蔵モデルでは、「らくらく無線スタートEX」ユーティリティを収録し出荷しており、より簡単に設定が可能である。
 
4. アセロス・コミュニケーションズ社の無線LAN高速化技術「Super AG (TM)」および長距離化技術「XR (TM)」に対応

米アセロス・コミュニケーションズ社の無線LAN高速化技術「Super AG (TM)」、長距離化技術「XR (TM)」を採用。WL54SCからWR7850S/WR6650Sへの接続時はもちろん、「Super AG (TM)」「XR (TM)」対応の無線LAN内蔵パソコン等からの接続時においても、より高速な実効スループット(注6)/より長距離での安定した通信(注7)を実現する。

新商品の名称、型番、出荷開始日は次の通りであり、販売目標数量は以下5モデル合計で30,000台/月であります。なお、販売価格はすべてオープンであります。

商品名 型番 出荷開始日
単体 AtermWR7850S
[11a/11b/11g同時利用タイプ親機]
PA-WR7850S/B 7月下旬
AtermWR6650S
[11a⇔11b/11g切替利用タイプ親機]
PA-WR6650S/B 7月下旬
AtermWL54SC
[11a/11b/11g対応PCカード子機]
PA-WL/54SC 7月下旬
セット AtermWR7850Sワイヤレスセット(SC)
[WR7850S+WL54SCセットモデル]
PA-WR7850S/SC 7月下旬
AtermWR6650Sワイヤレスセット(SC)
[WR6650S+WL54SCセットモデル]
PA-WR6650S/SC 7月下旬

従来の11aチャネル(J52)に対応したトリプルワイヤレスブロードバンドルータ「AtermWR7800H」「AtermWR6600H」、およびカードタイプ子機「AtermWL54AG」(現在販売中の製品)についても、当面の間、販売を継続いたします。また、これらの製品に関する新11aチャネルへのバージョンアップ対応を、オンラインでの無償アップデートにより、今年9月以降に順次実施する予定(注8)であります。

NECおよびNECアクセステクニカは、今後も多様なニーズに対応したインターネット関連商品を継続的に提供することにより、ユーザのインターネット参加を支援、推進してまいります。

新商品の機能・仕様については、別紙を参照ください。

以上


注1: 5.3GHz帯の4チャネルにおいては、気象レーダとの電波干渉を回避するため、アクセスポイントの利用チャネルを自動的に変更する「DFS(Dynamic Frequency Selection)」の搭載が義務付けられており、当該チャネル利用時には次の制限事項が発生する。
レーダー波検出のため、通信開始前に1分間の待機時間が発生し、その間は無線LAN通信を行えない。
通信中にレーダー波を検出した場合、チャネルの自動変更のため通信が中断される場合がある。
注2: WR7850S/WR6650Sは従来チャネル(J52)には非対応のため、従来チャネル(J52)のみに対応した子機や無線LAN内蔵パソコンからは接続不可。ただし、それらの機器側でのバージョンアップにより、接続可能となる場合がある。
注3: 子機間通信(アドホックモード)でご利用になる場合、接続相手機器によって利用できるチャネルに制限あり。
注4: 無線LANアクセスポイント(親機)の暗号化キーの出荷時設定は「128bitWEP」モードであり、親機ごとに異なるSSIDとWEPキーが設定済で出荷される。
注5: 添付の「らくらく無線スタートEX」ユーティリティを用いる。
無線LAN内蔵パソコンの動作確認済機種は、ホームページ(AtermStation)にて掲載。
注6: Super AG (TM)モードでは、データ圧縮技術を使用するため、転送するデータの内容により、データ転送速度は大きく変動する。実効スループットや測定環境の詳細はホームページにて公開予定。
注7: XR(TM)技術の詳細については、アセロス社がWEBサイトで公開するホワイトペーパーを参照。
(PDFファイル http://www.atheros.com/pt/atheros_XR_whitepaper.pdf (690KB))
なお電波到達距離延長効果の程度は、利用環境によって大きく異なる。
注8: バージョンアップでは新周波数帯を利用するチャネル(W53)への対応は不可。本文記載以外の機種のバージョンアップ予定など、バージョンアップの詳細については、ホームページに掲載。

文中の凡例

Windows(R)XP SP2 Windows(R) XP Service Pack 2
セキュリティ強化機能搭載

「Aterm」および「WARPSTAR」は、日本電気株式会社の登録商標。
「らくらく無線スタート」は、NECアクセステクニカ株式会社の登録商標。
「トリプルワイヤレス」は、NECパーソナルプロダクツ株式会社の登録商標。
「Windows」は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標。
「Super AG」「XR」は、Atheros Communications, Inc. の商標。

<インターネットホームページ>

「AtermStation」

http://121ware.com/aterm/


「121ware.com」

http://121ware.com/


<関連リンク>

「総務省」5GHz帯無線LANのチャネル変更に関するFAQ

http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/faq/5ghz_wlan.html


「JEITA(社団法人電子情報技術産業協会)」
5GHz帯無線LANの周波数変更に関するガイドライン制定について

http://it.jeita.or.jp/perinfo/committee/pc/050516_5ghz/index.html


<新製品に関するお客様からの問い合わせ先>

Aterm(エーターム)インフォメーションセンター

ナビダイヤル: 0570-050-611
* ナビダイヤルをご利用いただけないお客様は、04-7185-4761をご利用ください。
受付時間: 9:00〜18:00(平日)、9:00〜17:00(土曜日)
(日曜日、祝日、年末年始、NECの休日は休み)


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2005