NEC Empowered by Innovation NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社概要 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



日本初のセカンドディスプレイを搭載したコンビニATM
新世代ATMの導入について
−平成17年7月26日より、東京都内から順次導入−

2005年07月07日

株式会社アイワイバンク銀行
日本電気株式会社

株式会社アイワイバンク銀行(以下アイワイバンク銀行、東京都千代田区、代表取締役社長 安斎 隆は、日本電気株式会社(以下NEC、東京都港区、代表取締役執行役員社長 金杉 明信)との共同開発による、日本初のセカンドディスプレイを搭載した新世代ATMを平成17年7月26日(火)より導入いたします。

新世代ATMはNEC製で、紙幣部の大容量化・高速化を実現することで、お客さまのより快適な操作性を実現するとともに、ATM1台毎の警送・取引を効率化することで、さらに安定した運用ができるようになっております。また、来年4月に全ATMで一斉にICカード対応を実現する等、将来のサービス拡充をにらんだ柔軟な拡張性を確保しております。セキュリティ面におきましても、これまでのATMのセキュリティレベルを継承し、さらに国際標準のセキュリティにも対応できるよう機能を追加しております。

アイワイバンク銀行は平成13年5月にATMサービスを開始し、本日現在496社の金融機関と提携、ATMは25都道府県で合計10,420台を展開しております。

新世代ATMは、平成17年7月26日(火)よりこの9月末日までに、東京都内のセブン-イレブン等約200店に設置しテスト運用いたします。本年11月には静岡県内、平成18年3月には東京都内に設置を完了し、平成21年を目途に全ATMを新世代ATMに切り換える予定です。

以上


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2005