NEC Empowered by Innovation NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社概要 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



ICカードによる本人認証と情報漏えい対策ソフトとを組み合わせた総合的な情報漏えい対策ソリューションを提供

2005年07月20日

日本電気株式会社

NECはこのたび、(1)本人のなりすましが困難なICカードに入退室管理や業務システムの利用認証などの各種認証機能を容易に追加・更新できる「UNIVERGE(ユニバージュ)社員証ICカードセキュリティソリューション」を新たに製品化するとともに、(2)情報漏えい対策ソフト「InfoCage(インフォケイジ)」について、CADデータなど社内のすべての情報を持ち出し制御の対象にするなどの強化を行ないました。これらを組み合わせることで、人と情報システムの両面から、より確実に情報漏えい対策を実現する総合的な情報漏えい対策ソリューションを提供いたします。

従来、情報システムにおける情報漏えい対策のみでは、ID・パスワードを盗まれると本人になりすましてシステムにアクセスされる恐れがありました。一方、ICカードによる本人認証のみでは、入室を許可された者が不正に情報を持ち出すのを防ぐことが困難でありました。「UNIVERGE社員証ICカードセキュリティソリューション」と「InfoCage」とを組み合わせることにより、ICカードで入室時の認証を受けていない者は機密情報サーバへのアクセスをさせない、退出時は自動的にパソコンのログオフを行なうなど、各種の本人認証機能と連携した機密情報へのアクセス制御を実現することが可能となります。

このたびの具体的な強化内容は以下の通りであります。

  1. 社員証ICカードに様々な認証機能を容易に追加できるソリューションの提供

    自席のパソコン・社内ネットワーク・機密情報サーバを含む業務システムなどを利用する際の様々な認証機能をサーバからダウンロードして社員証ICカードに適宜追加・更新することを可能とする「UNIVERGE社員証ICカードセキュリティソリューション」を新たに提供する。
    社員証は一般的に5年以上の利用期間があるため、従来は一度社員証ICカードを配布すると、利用期間中に新たな認証機能を追加・更新するためにはICカードの回収・再配布、または新規発行といった運用が必要となっていた。本ソリューションを活用することで、認証機能や部門ごとの段階的な導入や、ICカードを利用したセキュリティシステムの運用コスト削減を実現することができる。

  2. 情報漏えい対策ソフト「InfoCage 2.0」の発売

    機密情報サーバに機密ファイルを保存し外部記憶媒体への保存や印刷などの持ち出し操作を制限する「InfoCage/持ち出し制御」および機密ファイルに対する操作履歴を監視・記録する「InfoCage/ファイル操作監視」について、従来「Microsoft Office」や「Adobe Reader」など一部アプリケーションのみ可能であった持ち出し操作の制限やファイル操作履歴の監視を、新たにCADソフトなどすべてのアプリケーションに対応可能とする。これにより、情報システム全体の機密ファイルを機密情報サーバに封じ込めることが可能であり、より強固な情報漏えい対策を実現することができる。
    また、「InfoCage/持ち出し制御」について、機密ファイル間でのデータ内容の自由なコピー・貼り付けを可能とすることで、利便性を確保しながら情報漏えい防止を実現する機密モード機能を新たに提供する。
    さらに、パソコンの保存ファイルの暗号化や操作ロックを行なう「InfoCage/モバイル防御」について、本ソフトのインストール後、クリック操作3回でパソコンの全ドライブを容易かつ短期間に暗号化できる機能や、事前に設定した有効期限を過ぎると自動的にファイルを消去する時限式ファイル消去機能を新たに提供する。

  3. NEC社内での実証に基づくセキュリティソリューション開発・提供を推進

    社員証ICカードを利用した新たなセキュリティ機能を実証するため、NEC社内において全社員約3万人を対象に「UNIVERGE社員証ICカードセキュリティソリューション」を適用した次期社員証ICカードシステムを構築する。新システムは、2006年4月の稼動開始を予定している。
    新システムでは、(1)社員証に搭載した顔データと持参者を照合するバイオメトリクス(生体)認証、(2)社員証の認証機能を搭載したモバイルFeliCa対応携帯電話()を利用した認証、(3)入退管理・パソコンのログイン認証・業務システム認証などの各種認証機能を連携したアクセス制御などの実証を行なう。


「UNIVERGE社員証ICカードセキュリティソリューション」および「InfoCage 2.0」の価格および出荷開始時期は以下の通りであります。

製品名 価格(税別) 出荷開始時期
UNIVERGE社員証ICカード
セキュリティソリューション
300万円〜 7月20日
InfoCage/持ち出し制御 40万9000円〜 7月20日
InfoCage/ファイル操作監視 31万2000円〜 8月
InfoCage/モバイル防御 1万1000円〜 8月

NECでは、情報セキュリティ関連の国内IT市場が2004年度の約1300億円から、今後年率10〜20%で成長し、2007年度に約1700億円になると予測しております。NECでは、情報漏えい対策を中心にセキュリティソリューション事業全体を推進し、2007年度末でのセキュリティ関連の国内IT市場におけるシェア27%を目指してまいります。

現在、企業においては、個人情報保護法の全面施行を踏まえて情報管理体制を徹底するため、機密情報サーバの導入による機密ファイルの持ち出し制御のみならず、ICカードを利用して入退室管理やパソコンのログイン管理、業務システムへのアクセス管理を実現するICカードセキュリティシステムをあわせて導入する機運が高まりつつあります。
NECではこうした市場ニーズに応えるため、総合的な情報漏えい対策ソリューションを提供することにいたしました。

以上


(注) FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触型ICカードの技術方式です。

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

(「UNIVERGE社員証ICカードセキュリティソリューション」について)
NEC 企業ネットワークソリューション事業部

電話: (03)6405-0730
eメール: shainsyo@ccsd.jp.nec.com


(「InfoCage 2.0」について)
NEC ニューソリューション開発本部
セキュリティソリューション部

電話: (03)3798-1877
eメール: solution@security.jp.nec.com


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2005