ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

ネット映像をリモコンで簡単に見ることができる
AV機能を強化した個人向けパソコン「VALUESTAR」「LaVie」を商品化
~先進技術と静音性を追求した水冷PCやコンパクトな新・エンターテイメントノートもラインアップ~

2005年 9月 6日
日本電気株式会社
NECパーソナルプロダクツ株式会社

「VALUESTAR X VX980/DD」
「VALUESTAR X VX980/DD」
「LaVie A LA790/DD」
「LaVie A LA790/DD」
「LaVie G タイプA(カシスレッド)」
「LaVie G タイプA(カシスレッド)」


NECならびにNECパーソナルプロダクツはこのたび、TVを視聴する感覚でネット映像をリモコン(注1)で簡単に見ることができるなど、AV機能を強化した個人向けパソコン「VALUESTAR」「LaVie」シリーズの新商品8タイプ25モデルを商品化し、本日より販売活動を開始しました。

新商品の主な強化ポイントは次の通りです。

(1) ネット映像をリモコンで簡単に楽しめる新たな利用環境を提供
オンデマンドで視聴可能なネット映像(注2)をリモコンで簡単に見ることができる「BIGLOBEストリーム(MG:注3)」を新たに搭載し、TVを視聴する感覚でネット映像を楽しむことが可能。
(2) 映像の高画質化やダブル録画モデルの拡大などAV機能を強化
TVモデル全機種に搭載の高画質エンジン「VISITAL(ビジタル)」に新たな画像処理技術を追加したことで、さらにきめ細かく鮮やかな映像表示を実現。また、TV番組を2番組同時録画(注4)できるモデルを従来(注5)の2モデルから6モデルに拡大。AVコンテンツを手軽に楽しめる「インスタント機能(注6)」も強化し、新たに電子番組表からの番組予約や「さかのぼり録画」などに対応。
(3) 高性能と安心の利用環境を目指した新水冷システム搭載PCを商品化
最新デュアルコアCPUを採用し高性能を実現しながらも、新水冷システムの搭載により、従来(注7)と同様の高い静音性を実現した新シリーズ「VALUESTAR X」を商品化。また、RAID機能を採用したことで、HDDに記録されたデータの安全性(注8)の向上と大容量化を実現。
(4) コンパクトな筐体にエンターテイメントを凝縮したノートPCを商品化
コンパクトな筐体に多彩な機能を搭載し、AV機能の使い易さを追求した新・エンターテイメントノート「LaVie A」を商品化。また、スピーカを内蔵した「ミュージックスタンド」を標準添付し、本体を載せることで迫力あるサウンドを楽しむことが可能。

併せて、NEC Direct(PCショッピングサイト http://www.necdirect.jp)オリジナルパソコン「VALUESTAR G」「LaVie G」でも同様の強化を図るとともに、各種仕様のカスタマイズが幅広く行えるセレクションメニューを用意し、本日より順次販売を開始いたします。

主な新商品の特長は次の通りです。

  1. オンデマンドで楽しめる豊富なネット映像をTV感覚で手軽に視聴可能

    リモコンの「ネット映像」ボタンを押すだけでニュースやドラマなど、月間約5,000本を超える「BIGLOBEストリーム」のコンテンツに簡単にアクセスすることが可能。さらに、見ている映像の早送りや巻き戻しもリモコンひとつで操作できるとともに、ブラウザで視聴する場合と比較して映像表示部分を約4倍に大型化。これにより、離れた場所からも見やすいチャンネル切り替えや番組メニューでネット映像を手軽に楽しめる環境を提供。
    さらに、本新商品限定のチャンネルとして「NEC PCスペシャル」を用意。特別無料配信コンテンツ(注9)として「宇宙戦艦ヤマト」シリーズ(全84本:TVシリーズ3作品77本・総集編2本、劇場版5本)などが視聴可能。

  2. 映像の高画質化を図るとともに快適で使い易いAV機能を搭載

    高画質エンジン「VISITAL」(TVモデル全機種搭載)には、映像の斜め線部分を検出し、ギザギザ感を抑える「斜め線補正機能」や、コントラスト感を向上してくっきりとした映像を表示する「輪郭強調機能(エッジエンハンス)」など新たな画像処理技術を追加し、TVのライブ放送や録画済み番組のさらなる高画質化を実現。
    また、録画したいTV番組が同時刻に重なった場合でも、視聴中の番組だけでなく裏番組も同時に録画することが可能な「ダブル録画」モデルのラインアップを従来の2モデルから6モデル(注10)に拡大。
    さらに「インスタント機能」も強化し、電子番組表からの番組予約や、今見ている番組の「さかのぼり録画」および、録画済み番組の再生などが行えるなどAV機能の使い勝手を向上。
    また、「VALUESTAR」においては、明るく鮮やか(色彩表現範囲約72%)な「スーパーシャインビューEX2液晶」を採用した高解像度20型ワイド液晶(1,680×1,050ドット)を新たに用意(注11)。本ディスプレイに搭載のスピーカは当社独自のパネルスピーカ「SoundVu(サウンドビュー)(TM)(注12)」の基本技術を応用した「AUTHENSOUNDWIDE(R)II(オーセンサウンドワイドツー)」を新採用。液晶ディスプレイのフレーム全体を振動させることで、臨場感と広がりあるサウンドを実現。

  3. 先進の静音化技術を搭載したフラッグシップPC「VALUESTAR X」

    「第三世代水冷システム」と最新テクノロジを採用したフラッグシップ静音パソコン「VALUESTAR X」を新シリーズとして商品化。最新のデュアルコアCPU「インテル(R)Pentium(R)D プロセッサ820(2.80GHz)(注13)」などの先進機能により、高い処理性能が要求される動画編集や3Dゲームなどを快適に利用できる環境を提供。
    性能の向上に伴って、より高熱化するCPUの冷却には、静音性を実現する最新の「第三世代水冷システム」を採用。水冷ユニットの放熱と筐体・電源部の冷却それぞれに専用の空気取り入れ口を設けることで冷却効率を向上。同水冷システムに加えてグラフィックアクセラレータなどの各パーツも静音化を徹底したことで、最新のテクノロジを採用しながらも、CPUフル稼働時約30dB(ささやき声と同程度:注14)の静音性を実現。
    HDDには大容量と安全なデータ保存環境を目指し、RAID 5機能を搭載。標準搭載している3台のHDDの内、1台のHDDが壊れても残りのHDDにデータが記録されているため、データの安全性が向上。デジタル放送に対応(注15)の「VX980/DD」では約200GB×3台(約600GB)、ダブルチューナ搭載の「VX700/DD」では約160GB×3台(約480GB)のHDDを搭載し、大容量化へのニーズに対応(注16)。
    なお、NEC Directでは、HDDを最大4台(容量約2,000GB)、RAIDレベルも0/1/5から選択可能なセレクションメニューを用意。さらに、インテル(R)Pentium(R)D最高速プロセッサの840(3.20GHz)やNVIDIA社の高速グラフィックボード「GeForce(TM)6600GT」なども選択可能。

  4. 持ち運びと使い易さを追求した新・エンターテイメントノート「LaVie A」

    コンパクトな筐体(注17)を採用するとともに、質量約1.6Kg(注18)、最長約10時間(注19)の長時間バッテリ駆動を実現したことで、部屋の中の移動だけでなく外出先へ持ち運んで多彩な機能を楽しむことができる新シリーズ「LaVie A」を商品化。
    コンパクトでありながらも見易さと使い易さの両立を目指し、DVDの映像をきれいな画面で楽しめる12.1型ワイド「スーパーシャインビュー液晶」の搭載や、19mmピッチ配列のフルサイズキーボードを採用。加えて、本体電源がオフの状態からメディアを挿入するだけで自動的に電源がオンになり、再生が始まる「スロットインオートプレイ機能」や、周囲の明るさを感知して、液晶画面の輝度を自動調整する「自動輝度センサ」を搭載するなど、快適な利用環境を提供。
    また、標準添付の「ミュージックスタンド」には当社液晶一体型PC(注20)のスピーカと同じ大口径φ40mmのステレオスピーカを内蔵。本体を同スタンドに載せれば音楽やDVDを迫力あるサウンドで楽しめるほか、バッテリを充電することや収納スタンドとしても使えるなど、多彩な機能を搭載。
    上位モデルの「LA790/DD」では、本体にTVアンテナケーブルを接続しなくてもワイヤレスでTVを楽しむことができる「AirTV(エアティービー)」を標準添付。さらに、高画質エンジン「VISITAL」により、色鮮やかで美しい映像表示を実現するなど、部屋の好きな場所へ自由に移動して高画質なTV映像を楽しむことができる視聴環境を提供。
    なお、NEC Directでは限定カラーとして深みのある赤をポイントにした「カシスレッド」のモデルを用意し、店頭モデルカラーの「ブルームーン」と併せ2色から選択可能。また、専用拡張ベイを活かす「セカンドバッテリ」「セカンドHDD」も選択できるなど、利用シーンに合わせてカスタマイズできるセレクションメニューを用意。

これら商品強化とともに充実のサポート環境も提供。商品の購入前や購入後の使い方相談、技術的な質問に年中無休(注21)で電話対応するなど、様々なサポートメニューを用意し、安心して利用できるよう配慮。

新商品の概要および、その他のラインアップにおける主な仕様については別紙をご参照下さい。

以上

<文中の注釈>
(注1)
リモコン標準添付モデルは、TV機能搭載モデルおよび、LaVie Aシリーズ。
リモコンを添付していないモデルでは、キーボードとマウスでネット映像を操作することが可能。
(注2)
コンテンツの配信期間や配信時間は限定される場合有り。
ネット映像にアクセスするには、インターネット接続環境が必要。光ファイバー・ADSLなどのブロードバンド環境を推奨。回線状態によっては利用できない場合有り。
かんたんAV視聴ソフト「MediaGarage」で実現。本ソフト経由で「」BIGLOBEストリーム」のコンテンツと、特別コンテンツ「NEC PCスペシャル」のみが視聴可能。ご使用の回線速度や回線状況、またはPCの負荷状況によって、ネット映像にコマ落ちやバッファによる一時停止などがおきる場合有り。
(注3)
MediaGarage版。
(注4)
地上アナログ放送のダブル録画に対応。
(注5)
2005年4月発表の当社個人向けPC。
(注6)
対象モデルは、VR770/DD、VR700/DD、VR500/DD、VL980/DD、VL770/DD、VL590/DD、VL570/DD、VL500/DD、LL970/DD、LL770/DD、LW900/DD。
「AirTV」モデルのLA790/DDでは、インスタント機能を利用したTV機能(「さかのぼり録画」、録画済み番組の再生など)は利用不可。Windows(R)を起動することで本TV機能は利用可能。
(注7)
2005年4月発表「VALUESTAR TX」シリーズ。
(注8)
データの完全な保護を保証するものではない。HDDが故障した場合には速やかにバックアップ/修理の必要有り。
(注9)
かんたんAV視聴ソフト「MediaGarage」の「ネット映像」メニューのみで視聴できる特別コンテンツ。
「宇宙戦艦ヤマト」の視聴期間は、平成17年9月6日~12月31日。
(注10)
対象モデルは、VR770/DD、VR700/DD、VR500/DD、VL770/DD、VL570/DD、VX700/DD。
(注11)
対象モデルは、VL980/DD、VL770/DD、VX980/DD。
(注12)
SoundVu(サウンドビュー)は、New Transducers Ltd.の商標。SoundVuは、New Transducers Ltd.の登録商標。AUTHENSOUNDWIDEIIは、株式会社オーセンティックの商標または登録商標。
(注13)
インテル、Intel、Pentium、Celeronは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporationまたはその子会社の商標または登録商標。
(注14)
システム全体として「ささやき声」程度(約30dB)の駆動音を実現。
「音のめやす」としては、約30dB:「ささやき声」。
参考資料:東京都環境局『東京の環境』(平成13年3月発行 環境資料第12061号 登録番号120号)
(注15)
地上デジタル放送、BSデジタル・110度CSデジタルのハイビジョン放送は、SD画質に変換して表示。
(注16)
出荷時RAID 5構成のため利用可能なHDD領域は、VX980/DD 約400GB、VX700/DD 約320GB。
(注17)
外形寸法(本体:突起部除く) 304(W)×211(D)×39.4~40.9(H)mm
(注18)
専用拡張ベイカバー装着時の質量。
(注19)
別売りのセカンドバッテリパックと標準バッテリパック装着時。セカンドバッテリパックはベイ標準搭載のDVD/CDドライブと排他使用。JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.1.0)に基づいて測定したバッテリ駆動時間。
(注20)
VALUESTAR SRシリーズ。
(注21)
「121コンタクトセンター」にて対応。
<電話> フリーコール0120-977-121、
携帯電話/PHSからは、03-6670-6000(通話料はお客様負担)
<受付時間> 使い方相談/購入相談/買い取り相談/回収リサイクル受付、9:00-17:00(年中無休)
(電話サポート予約サービス利用時、使い方相談/購入相談が24時間365日可能)
故障診断/修理受付/NECパソコンFAXサービス、24時間365日
HDD容量は、1GBを10億バイトで計算した場合の数値。
その他記載されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標。

新製品に関する情報

個人向けPC: http://121ware.com/catalog/

NEC Directモデル: http://www.necdirect.jp/

NECパソコンスペシャル joy-pc(ジョイPC): http://121ware.com/joy/


本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC121コンタクトセンター
電話番号 : フリーコール 0120-977-121
受付時間 : 9:00~17:00(年中無休)
※携帯電話、PHSなどフリーコールをご利用いただけない場合は、03-6670-6000
※故障診断、修理受付については、24時間365日(年中無休)受付


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る