ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

デスクサイドに設置可能な小型スーパーコンピュータ
「HPCサーバ SX-8i」の発売について

2005年 9月13日
日本電気株式会社

「HPCサーバ SX-8i」
「HPCサーバ SX-8i」

NECはこのたび、最大ベクトル性能16ギガフロップス(GFLOPS: 1秒間に10億回の計算性能)を有し、企業や研究所の研究者や開発技術者の個人利用に適した省スペース化と低価格化を実現した小型ベクトル演算スーパーコンピュータ「HPCサーバ SX-8i」を製品化し、本日から販売活動を開始いたしました。

このたびの新製品の主な特長は次の通りであります。

  1. デスクサイドに設置可能な小型スーパーコンピュータ

    コンパクト筐体により省スペース化を実現し、事務所や研究室などのデスクサイドに設置可能なベクトルスーパーコンピュータ。幅45cm、奥行き70cm、高さ70cmのコンパクトな筐体に最先端のベクトルスーパーコンピュータ技術を凝縮し、既存のSXシリーズとの完全互換性を有している。

  2. 従来機に比べ2倍の性能向上を実現

    SX-8と同じ世界最小の1チップベクトルプロセッサを搭載し、従来機SX-6iに対して2倍、単一プロセッサで世界最高レベルの性能となる16ギガフロップスを実現。

  3. 高実効性能のアーキテクチャによる高速処理の実現

    高速ベクトルプロセッサと最大32ギガバイト搭載可能な高速DRAMを採用。さらに64ギガバイト/秒の高いCPU‐メモリ間スループット(転送性能)により、高速処理を実現。最先端の科学計算分野で要求される大規模処理において高い実効性能を有している。

  4. 充実したソフトウェア環境と豊富なアプリケーション

    基本ソフト(オペレーティングシステム)SUPER-UXをSX-8と同様にサポート。高度な自動ベクトル化機能を備えたコンパイラや充実した各種ツール()を利用することにより、導入後すぐに高性能を発揮可能。さらに、SXシリーズでサポートしている衝突解析、流体解析、構造・振動解析、計算化学、電磁場解析、数値解析など様々なアプリケーションソフトウェアがそのまま利用可能。

新製品の販売価格は最小構成で1200万円からであり、来年2月からの出荷を予定しております。
NECではこのたびの新製品において今後3年間で300システムの販売を見込んでおります。

近年、科学技術計算用コンピュータの領域においては、高性能化とともに低価格化を求める声が高まっており、また、利用者である民間企業をはじめ大学や研究所などにおいても、各部門、学部、研究室単位など小規模な部門単位で導入・設置でき、占有利用を可能とする小型で経済的なスーパーコンピュータ/HPCサーバを導入したいというニーズが著しく高まっております。
このたびの新製品SX-8iは、好評であったSX-6iの後継機にあたるものであり、ますます高まっている高性能、低価格化および設置性向上などへの市場ニーズに応えるものであります。

新製品の主な仕様については別紙をご参照ください。

以上

(注)
各種ツールとは統合プログラム開発環境PSUITE、プログラムに対してチューニングや移植作業をサポートするFSA/SXなどを指します。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

HPC販売推進本部
電話: (03)3798-9131
E-Mail: info@hpc.jp.nec.com


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る