ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

HSDPA商用システムの本格出荷準備が完了
~ボーダフォンの3Gネットワーク・フィールドトライアルで順調稼動を確認~

2005年11月 4日
日本電気株式会社

NECは、ボーダフォン株式会社(本社:東京都港区、社長:ビル・モロー)の協力のもと、共同で同社の第三世代携帯電話(3G)試験ネットワークにおいて、当社のHSDPA(*注)のフィールドトライアルを行っておりましたが、このほど本トライアルを成功裡に終了し、商用システムの本格出荷に向けた準備が整いました。

NECは本年夏ごろからボーダフォンのネットワークにて、HSDPA対応の商用3G基地局(Node-B)・無線ネットワーク制御装置(RNC)のフィールドトライアルを進めておりましたが、HSDPA対応の携帯電話端末での高速インターネットアクセスや、移動中も中断することなくHSDPAサービスにてデータ通信を継続できる機能、さらにサービスエリア内での通信速度の変化など、HSDPA商用サービスに必要な性能、機能を有することを確認できました。

NECとしては、本トライアルの成功をもって、商用ネットワークへの本格供給の準備が整い、本年秋からの出荷開始を目指します。また欧州アジア等の海外商用3G商用ネットワークにおいても各国の通信事業者の協力のもと、HSDPAのトライアルを順次実施予定です。

NECのHSDPA対応3G基地局は、共同開発パートナーであるシーメンスとの共同開発品です。NECとシーメンスは従来から、3Gの無線ネットワーク(基地局と無線制御装置)分野において協業しており、納入した3G基地局の稼動ベースでは世界トップの実績を有しております。(*注)

以上

(*注)HSDPA(High Speed Downlink Packet Access):
下り最大通信速度384Kbpsの現行3G(W-CDMA方式)を拡張し、最大で14Mbpsの通信速度を実現する高速データ通信。3.5世代(3.5G)といわれる最先端のワイヤレス技術であり、現状の3Gの5倍以上の高速通信、より多くの加入者を収容してネットワーク利用効率の拡大、ブロードバンド通信による音楽や画像ストリーム配信など付加価値サービスの提供拡大が可能になるもの。
(*注)NECとシーメンスの3Gインフラにおける実績:
・商用稼働中の基地局台数は合計146,000台、グローバルシェア30.1%で世界1位。
(MM総研 2005年4月発表)

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る