ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

BIGLOBEが迷惑メール対策を強化し「送信ドメイン認証」を開始
~BIGLOBEドメインを詐称した迷惑メールが判別可能~

2005年11月21日
日本電気株式会社

NECのインターネットサービス「BIGLOBE」は、迷惑メール対策を強化し、BIGLOBEが送信したメールについて、受信サーバ側でドメイン詐称の有無が判別可能となる「送信ドメイン認証」を11月30日より開始いたします。

昨今の迷惑メールでは、BIGLOBEのメールサーバを経由せずに自営のサーバからメール送信した場合でも、BIGLOBEからの送信のようにドメイン名(注1)(例:@xxx.biglobe.ne.jp)を詐称する手法が一般的になっています。
「送信ドメイン認証」では、メール送信者のメールアドレスのドメイン名と、メールサーバのIPアドレス(注2)をBIGLOBEのDNS(Domain Name System)サーバに公開し、BIGLOBEドメインのメールが、BIGLOBEメールサーバから発信されたものか受信側の他社サーバで判別可能となります。これにより、ドメインを詐称した迷惑メール送信の抑止につながります。

「送信ドメイン認証」の流れは、以下のとおりであります。

(1) BIGLOBEメールサーバのIPアドレスを、IPアドレスとドメインの対応付けを行うデータベースであるBIGLOBEのDNSサーバに公開
(2) BIGLOBEドメインのメールを受け取った他社のメールサーバは、メール送信元のIPアドレスを、BIGLOBEのDNSサーバに照合
(3) 他社のメール受信サーバは、受信したメールの送信元のIPアドレスとDNSサーバで公開されているIPアドレスを比較して、メールの正当性を検証

このたびの対策はメール送信側の対応であり、BIGLOBEでは「送信ドメイン認証」技術に、メールを送信するサーバのIPアドレスを基に認証する方式の一種であるSPF(Sender Policy Framework)を導入したしました。これによりBIGLOBEから送信されたメールについて、ドメイン詐称の有無が判別できる受信サーバにおいて、迷惑メールの選別が可能となります。

尚、BIGLOBEは受信対策としては、2006年4月までに送信ドメインが保証されていないメールを判別する機能を提供する予定であります。これにより、送信ドメイン認証を実施している他社サーバから送信されたメールについて、送信ドメインを詐称した迷惑メールを選別することが可能となります。

現在のメール技術においては、送信元アドレスを詐称することが容易であり、フィルタリングにかかりづらいことから、送信元アドレスを詐称した迷惑メール送信が急増しております。また、存在しないアドレスに対しても大量に迷惑メールが送信されるため、配達不能のエラーが発生し、企業においてはメールサーバがダウンするなど、早急な対策が求められておりました。

BIGLOBEでは、このようなニーズに対応するとともに、JEAG(注3)の参加を通じ新技術の活用による迷惑メール対策をすすめるなど、BIGLOBEの迷惑メール総合対策基盤「SMBA」(注4)の強化を継続推進し迷惑メール撲滅に向けた対策強化を図ってまいります。

以上

(注1)
ドメイン メールアドレスの@マークの右側部分
(注2)
IPアドレス ネットワークに接続されたコンピュータに割り振られた識別番号
(注3)
JEAG(Japan E-mail Anti-Abuse Group) 迷惑メール対策を業界全体で取り組むため、技術的な見地を基に対策を検討・実施するワーキンググループ
(注4)
SMBA(Spam Mail Blocking Architecture)

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC BIGLOBEカスタマーサポート
電話: (0120)86-0962
http://support.biglobe.ne.jp/ask.html


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る