ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

1台でネットワーク家電製品などを4台までまとめて接続可能な
新旧11a/11b/11g対応無線LAN子機「AtermWL54SE」の発売について
~ Ethernetポートを4つ搭載しながら、高さ100mmのコンパクト設計を実現 ~

2005年11月24日
日本電気株式会社
NECアクセステクニカ株式会社

「AtermWR7850Sワイヤレスセット(SE)」 「AtermWR6650Sワイヤレスセット(SE)」
「AtermWR7850Sワイヤレスセット(SE)」 「AtermWR6650Sワイヤレスセット(SE)」


NECならびにNECアクセステクニカはこのたび、Aterm WARPSTAR (エーターム・ワープスター)シリーズにおいて、Ethernetポートを搭載したネットワーク家電製品などを、計4台までまとめて接続できる無線LAN子機を商品化し、「AtermWL54SE」の名称で本日より販売活動を開始しました。

新商品は、無線LAN規格IEEE802の新旧11a/11b/11gをサポートした無線LAN子機であり、ネットワーク機器接続用ポート(Ethernetポート)を4ポート搭載しながら、縦置きでも高さを100mmに抑え、リビングのネットワーク家電製品の設置状況を考慮したコンパクト設計を実現しています。

また、単体モデルに加え、新11a/11b/11g同時利用タイプのワイヤレスブロードバンドルータ「AtermWR7850S」とのセットモデル、および新11aと11b/11g切替利用タイプの「AtermWR6650S」とのセットモデルを用意し、ユーザの利用環境に合わせて、自由に選択することが可能です。

近年、HDDビデオレコーダやデジタル放送対応機器、通信対応ゲーム機などのネットワーク家電製品が普及する中で、家庭内で複数の機器をLAN接続して利用するニーズが高まっております。このたび発売した「AtermWL54SE」は、従来機(注1)では2つのみの搭載であったネットワーク機器接続用ポートを4つに増強することで、複数の機器をワイヤレスで接続する、というニーズに応えたものです。

新商品の名称、型番、出荷開始日は以下の表の通りであり、販売目標数量としては、以下3モデル合計で20,000台/月を見込んでいます。なお、販売価格はすべてオープン価格です。

商品名 型番 出荷開始日
AtermWL54SE
[11a/11b/11g対応Ethernetタイプ子機]
PA-WL/54SE 11月末
AtermWR7850Sワイヤレスセット(SE)
[WR7850S+WL54SEセットモデル]
PA-WR7850S/SE 11月末
AtermWR6650Sワイヤレスセット(SE)
[WR6650S+WL54SEセットモデル]
PA-WR6650S/SE 11月末

なお、このたびの新商品の発売に合わせ、NECならびにNECアクセステクニカは、セットモデル2種「AtermWR7850Sワイヤレスセット(SE)」「AtermWR6650Sワイヤレスセット(SE)」の初回生産分6000台を対象とした、「着せかえパネル」プレゼントキャンペーンを実施します。対象製品の梱包箱には「初回限定!着せかえパネルつき」シールが貼り付けられており、標準色(ミントグリーン)のサイドパネルの他に1枚の着せ替えパネル(「サンセットオレンジ」「アクアブルー」「クリアーグレイ」のうちどれか1色。)が添付されます。加えて、商品WEBサイトにおいて、「WL54SE」本体と着せ替えパネルの間に挟んで利用するデザインシート「おめかシート」をデータ提供します。「WL54SE」のサイドカラーパネルを取り替えられる「着せ替えパネル」と「おめかシート」の組み合わせにより、ユーザは自分だけのデザインカスタマイズを楽しむことが可能です。

「着せ替えパネル」 「おめかシート」挿入例
「着せ替えパネル」 「おめかシート」挿入例

なお、NECおよびNECアクセステクニカは、新商品を2005年12月7日から9日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「C&Cユーザフォーラム&iEXPO2005」(パーソナルソリューションゾーン)に出展します。

新商品の主な特長は次の通りです。

1. Ethernetポートを4つ搭載しながら、縦置き時の製品高100mmを実現[WL54SE]
Ethernetポートを4ポート搭載し、普及の進むネットワーク家電製品を4台までまとめて接続可能。また、AVラックやローボード等、これらの機器の設置場所に適合するため、縦置き時の高さは100mm(スタンド含む/アンテナ含まず)に抑えるとともに、横置きも可能とし、お客様の設置環境への柔軟な対応を実現。
 
2. 無線LAN規格として11aの新旧チャネルおよび11b/11gに対応[WL54SE]
IEEE802.11a/11b/11gの無線LAN3規格(トリプルワイヤレス)に対応し、11aにおいては新チャネル(W52/W53)だけでなく従来チャネル(J52)にも対応しているため、11b/11gを含めたいずれの規格/チャネルで運用されているアクセスポイントにも接続可能。
 
3. 親機・子機間の煩雑な無線LAN設定なしで、機器を接続するだけで利用可能[セットモデル]
「WR7850S」や「WR6650S」とのセットモデルでは、全セットごとに異なる無線LAN設定(注2)を設定済みで出荷し、ネットワーク機器を「WL54SE」のEthernetポートに接続するだけで、無線LANの利用が可能。また、「WL54SE」は「らくらく無線スタート」(注3)に対応しており、「らくらく無線スタート」対応のアクセスポイントとの組み合わせにより、「WL54SE」側で1回、アクセスポイント側で2回のボタン操作だけで、無線LANの接続設定が可能であり、無線LANの手動設定による煩わしさを解消。
 
4. URLフィルタソフトウェアをCD-ROMにバンドル[セットモデル]
ネットスター株式会社のURLフィルタリングソフト「みんなでネット グーイ」(最大90日間無償利用版)を製品CD-ROMに収録。利用者の生年月を登録しておくだけで、利用者の年齢に応じて、有害サイトや不適切なサイトの閲覧を制限可能。無償利用期間終了後は、優待価格でさらに高機能な「みんなでネット グーイ ファミリースタイル」への移行が可能。
(ネットスター株式会社:http://netstar.jp/ )
 
5. アセロス・コミュニケーションズ社の無線LAN高速化技術「SuperAG(TM)」対応
米アセロス・コミュニケーションズ社の無線LAN高速化技術「SuperAG(TM)」を採用。「WL54SE」から「WR7850S」「WR6650S」等の「SuperAG」対応アクセスポイントへの接続時に、より高速な実効スループット(注4)を実現できる。

NECおよびNECアクセステクニカは、今後も多様なニーズに対応したインターネット関連商品を継続的に提供することにより、ユーザのインターネット参加を支援、推進していきます。

新商品の仕様については、別紙を参照ください。

以上

(注1)
「AtermWL54TE」
(注2)
暗号化キーの出荷時設定は「128bitWEP」モードであり、製品ごとに異なるSSID とWEPキーが設定済で出荷される。
(注3)
親機側でボタン操作することにより、親機に設定されている無線LAN設定情報を、子機側に ダウンロードし、子機側で必要な設定(接続プロファイル)を生成する機能
(注4)
Super AG (TM)モードでは、データ圧縮技術を使用するため、転送するデータの内容により、データ転送速度は大きく変動する。実効スループットや測定環境の詳細はホームページにて公開予定。
 
・「Aterm」および「WARPSTAR」は、日本電気株式会社の登録商標。
・「らくらく無線スタート」は、NECアクセステクニカ株式会社の登録商標。
・「トリプルワイヤレス」は、NECパーソナルプロダクツ株式会社の登録商標。
・「Windows」は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標。
・「Super AG」は、Atheros Communications, Inc. の商標。
・「グーイ」および「goo-yee」はネットスター株式会社の登録商標。

新製品に関する情報

「AtermStation」http://121ware.com/aterm/
「121ware.com」 http://121ware.com/


関連リンク

「総務省」5GHz帯無線LANのチャネル変更に関するFAQ
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/faq/5ghz_wlan.html
「JEITA(社団法人電子情報技術産業協会)」
5GHz帯無線LANの周波数変更に関するガイドライン制定について
http://it.jeita.or.jp/perinfo/committee/pc/050516_5ghz/index.html


本件に関するお客様からのお問い合わせ先

Aterm(エーターム)インフォメーションセンター
ナビダイヤル 0570-050-611
* ナビダイヤルをご利用いただけないお客様は、04-7185-4761をご利用ください。
受付時間 9:00~18:00(平日)、9:00~17:00(土曜)、10:00~17:00(日曜)
(祝日、年末年始、NECの休日は休み)


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る