ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事 > 別紙

分子動力学計算サーバの発売について

2005年11月29日
日本電気株式会社

分子動力学計算サーバExpress5800/MD Serverの主な仕様

モデル名 Express5800/MD120La Express5800/MD120La-R
型番 N8100-1153 N8100-1154
製品種 タワー型モデル ラックマウント型モデル
計算エンジン MDエンジン(R)
CPU 64ビットインテル(R) Xeon(R) プロセッサ x 1~2
3.80GHz/FSB800MHz/2Mバイトキャッシュ
64ビットインテル(R) Xeon(R) プロセッサx 1~2
3.80GHz/FSB800MHz/2Mバイトキャッシュ
Memory DDR333,
1GB(512MBx2)~4GB(512MBx8)
DDR2-400,
1GB(512MBx2)~4GB(512MBx8)
HDD 73.2GBx2~73.2GBx6 73.2GBx2~73.2GBx6
拡張スロット PCI-Express(8X)x2, 32bit/33MHz PCIx1 64bit/66MHz PCI-Xx3 [LowProfile]
標準搭載I/F 前面 なし シリアル(DB9)x1, USB2.0x2
背面 ビデオx1, キーボード(PS/2)x1,
マウス(PS/2)x1, シリアルx 2, パラレルx1,
10/100/1000BASE-Tx2, USB2.0x2
ビデオx1, キーボード(PS/2)x1,
マウス(PS/2)x1, シリアル(DB9)x1,
10/100/1000BASE-Tx2,USB2.0x2, SCSIx1
外形寸法(W×D×H mm) 220 x 671 x 453*1 427 x 722 x 88*2(2U)
質量(最大) 23kg (35kg) 22kg (30kg)
最大消費電力 670VA/660W 610VA/600W
エネルギー消費効率 0.014(J区分) 0.012(J区分)
サポートAP AMBER
サポートOS Red Hat Enterprise Linux ES3 Red Hat Enterprise Linux AS3/ES3

*1
スタビライザ/突起物を含んだ場合:293×683×453mm
*2
突起物/フロントベゼルを含んだ場合:483×887×88mm
MDエンジンは日本電気株式会社の登録商標です。
インテル、Xeonは米国およびその他の国におけるインテルコーポレーションおよび子会社の登録商標または商標です。
Linuxは、Linus Tovalds氏の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
Red Hatは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.の商標または登録商標です
Linux(カーネル)を含むオープンソースソフトウェアは、NECがその動作を保障するものではありません。Linuxシステムの導入や運用につきましては、あくまでもお客様の自己責任のもとでお願いいたします。
AMBERは、California大学で開発された分子動力学プログラムパッケージです。

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

前のページへ戻る

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る