ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

オープン系OS対応を強化した基幹サーバ「i-PX9000/SXモデル」の発売
~高速で省スペース化した仮想テープ装置を併せて発売~

2005年12月 6日
日本電気株式会社

「i-PX9000/SXモデル」 仮想テープ装置「N3630仮想テープ装置」
「i-PX9000/SXモデル」 仮想テープ装置「N3630仮想テープ装置」


NECは、基幹サーバ「ACOSシリーズ」において、オープン系OS(基本ソフト)搭載機能を強化した「i-PX9000/SXモデル(Standard-eXtended)」全8モデルと周辺装置「N3630仮想テープ装置」を製品化し、本日より販売活動を開始いたしました。

i-PX9000は、CPUにインテル社の「Itanium(R)2プロセッサ」(注1)を搭載し、ACOS-4用ソフトウェア資産の継承に加え、HP-UX(注2)、Linux(注3)、Windows(注4)といったオープン系OSが搭載可能な基幹サーバであります。
新製品「i-PX9000/SXモデル」は、中小規模向けモデル「同/Sモデル(Standard )」の上位機としてオープン系OSの搭載(パーティショニング)機能を強化し、最大7つのオープン系OSを搭載可能としております(現行 同/Sモデルの搭載可能オープン系OSは1つ)。これにより、クラスタ化よる性能や信頼性向上、サーバ統合などのニーズに柔軟かつ経済的に対応が可能です。
新ストレージ装置「N3630仮想テープ装置」は、装置内に搭載したハードディスクドライブによるディスクアレイでテープライブラリ機能をエミュレート(仮想実行)するものです。テープ用バックアップソフトなど既存のACOS-4用ソフトウェア資産の継続利用が可能であり、現在運用中のカートリッジライブラリ装置からの移行が容易です。また、機械動作がないため高速なデータアクセスと大幅な省スペース/省電力化を実現しております。

新製品の価格および出荷開始時期は以下の通りであります。

製品名 月額レンタル価格(税抜) 出荷開始時期
i-PX9000/SXモデル 430万円~ ※ 平成18年 1月31日
N3630仮想テープ装置 65万円~ 平成17年12月28日

※ハードウェア、基本ソフトウェア、保守費を含む。

近年、過度に分散し管理が難しくなっているオープン系サーバを運用管理の強化やセキュリティ強化、災害対策などのためにメインフレームに統合したいというニーズが高まっております。このたびの「i-PX9000/SXモデル」は、中小規模のシステムのお客様に高まりつつある「分散したオープン系サーバを高信頼のメインフレーム上で統合したい」というニーズに応えるために、新たに開発したものであります。

このたびの新製品の特長は以下の通りであります。

1. オープンOS搭載機能を強化したACOS-4中小規模向け新モデル
「i-PX9000/SXモデル」(全8モデル)
(1) オープン系OS (HP-UX、Linux、Windows)の搭載能力について、大規模向け「同/Aモデル(Advanced)」同様のスケーラビリティを実現。1つの筐体に最大8つのCPUボードが搭載可能であり、1つのCPUボードには1つのOSを搭載することができる。ACOS OS用に1つのCPUボード割り当て、残り最大7つのCPUボードにオープン系OS 用を割り当てることが可能。これにより、オープン系OSのクラスタ対応、スケールアウト(注5)等のニーズに柔軟に対応し、オープン系サーバとの共存をより実現しやすく、より容易にシステムの業務統合を推進することが可能となっている。
 
(2) オープン系OSを搭載するオプションハードウェアは、ハイエンドオープンサーバと同等レベルの価格に設定したほかACOS同様の長期保守(販売停止後7年間)を実現している。
 
(3) 統合管理ソフトウェアWebSAMにより i-PX9000上で稼動するACOS OS、オープン系OSを効率的に管理可能である。
 
2. ACOS-4に対応した仮想テープ装置「N3630仮想テープ装置」
(1) 既存ソフトウェア資産による利用が可能な仮想テープ装置。現行のカートリッジライブラリ装置「N3645」、「N3646」をエミュレートするため、運用中のカートリッジライブラリ装置からの移行も容易である。
 
(2) 機械的なカートリッジのマウント/デマウント動作が無く、磁気テープのロード/アンロード時間やファイルサーチ時間を大幅に短縮でき、高速なデータアクセスが可能である。(カートリッジの掛け替え時間:数十秒を3秒以下に短縮、ファイルサーチ時間:20Kbyte/Blockの場合、約1/10 に短縮)
 
(3) N3645カートリッジライブラリ装置(8ドライブ搭載、5806巻モデル、格納カートリッジを含む)と比較して、設置面積を94%、質量を92%削減した省スペース/軽量化を実現。また、消費電力も60%以下に低減している。

当社は今後も、市場のニーズに応えるための製品の開発、強化を推進してまいります。
なお、NECではこのたびの新製品の展示やセミナーを、本年12月7日から9日まで東京ビッグサイトにて開催する「iEXPO2005」にて実施いたします。

新製品の主な仕様については別紙をご参照下さい。

以上

<備考>
価格に消費税は含まれておりません。
(注1)
インテルおよびItaniumは米国またはその他の国におけるインテルコー ポレーションおよび子会社の登録商標。
(注2)
HP-UXは、米国Hewlett-Packard Companyの登録商標。
(注3)
Linuxは、Linus Torvalds氏の米国およびその他の国における商標また は登録商標。
(注4)
Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標。
(注5)
スケールアウトとは、サーバの数を増やしシステム全体の処理性能を向上させる手法。
 
その他、文中に記載されている社名および製品名は各社の商標または登録商標。

新製品に関する情報


本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC プラットフォーム販売推進本部 ACOS販売促進部
電話: (03)3798-6364


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る