ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

BIGLOBEがパーソナライズサポート「My BIGLOBE」の提供を開始
~ 利用者一人ひとりに最適なサポートサービスを提供 ~

2005年12月20日
日本電気株式会社


NECのインターネットサービスBIGLOBEでは、利用者一人ひとりの利用状況にあわせて適切なパーソナライズサポートを行う「My BIGLOBE」を、本日より提供いたします。

近年、インターネットの普及に伴い、ブロードバンドサービスの利用が身近になるとともに、サービスの多様化が進展しております。これに伴い、初中級者がより簡単にインターネットを使いこなせるようサポートを提供することがインターネット事業者にも求められつつあります。
新サービスは、BIGLOBEサービス会員(注1)向けに提供するものであり、BIGLOBEの各種サポートサービスを集約するとともに、接続サービスやコミュニケーションサービスなどの契約情報を元に、利用者一人ひとりに対してパーソナライズした適切なサポートを提供するコンシェルジュ型サービスであります。

「My BIGLOBE」の特長は次の通りであります。

1. 利用者毎にパーソナライズした情報を提供
利用者毎に接続サービスやブログなどのサービス契約情報を一元化したパーソナライズサポートページを提供。利用者の契約状況に応じて、利用可能な無料・有料サービスを紹介。また、セキュリティについては専用ページ「BIGLOBEセキュリティセンター」(注2)上で、利用者の契約状況に応じて、不足しているセキュリティ対策の案内を行うなど、利用者毎にパーソナライズした情報提供を実現。
 
2. メールやIP電話の設定や変更手続きを簡易化
メールやIP電話の設定をサポートする専用ページ「セットアップセンター」を用意し、これまで各サービスページ上で行っていた設定や変更手続きを集約。これにより、利用者は迷うことなく各種設定・変更が可能。また、利用者のサービス契約状況の一元管理により、設定に必要な情報の自動反映が可能となり、利用者による入力項目を削減。さらに、モバイル接続においても設定情報を一覧表示することで、設定をサポート。
 
3. シームレスなコミュニケーションサービス利用が可能
2006年1月には、ウェブリメールをはじめとするウェブリシリーズのサービス((1)ウェブリメール、(2)ウェブリアルバム、(3)ウェブリリーダー(RSSリーダー))への個別ログインが不要となり、「My BIGLOBE」上からのシームレスな利用を実現。これにより、複数のブラウザを立ち上げることなく、ページを切り替えるだけでそれぞれのサービスが利用可能となり、より快適な利用環境を実現。
 
4. FeliCaによる「置くだけ認証」サービスを開始
BIGLOBEがソニーファイナンスインターナショナルと提携して提供する非接触型ICFeliCa搭載「BIGLOBE eLIOカード(注3)および「おサイフケータイ」を専用カードリーダー「PaSoRi」にかざすだけでログインやコンテンツの購入が可能となる、「置くだけ認証」サービスを2006年2月から開始。

BIGLOBEは今後も、幅広いサービスを提供するとともに、利用者に利便性の高いサポートサービスを展開し、満足度向上を目指してまいります。

以上

(注1)
BIGLOBEサービス会員とは、インターネット接続コースの会員、コンテン ツコースの会員。
(注2)
セキュリティサービスの契約内容の確認と利用設定ができるページ。
(注3)
ネットショッピング用の安心・簡単なクレジット決済「eLIO(エリオ)」、汎用ク レジット決済「VISA」、電子マネー「Edy(エディ)」のマルチペイメント機能を備えたカード。本日より専用Webページで受付開始。入会金や年会費は無料、さらに希望者にカードリーダー・ライター「パソリ」を 先着3万名様まで無料にてプレゼント。
 
「PaSoRi(パソリ)」は、ソニー株式会社の登録商標です

本件に関する画像はこちら


参考URL

「My BIGLOBE」
http://my.biglobe.ne.jp

「BIGLOBE eLIOカード」
http://my.biglobe.ne.jp/links/elio_prs.html


本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC BIGLOBEカスタマーサポート
インフォメーションデスク
TEL (0120)86-0962
http://support.biglobe.ne.jp/ask.html


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る