ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

高速移動中の乗り物からのブロードバンドインターネット接続の実証実験を開始
~既存の無線通信インフラを活用するMVNO基盤技術の確立を目指して~

2006年 1月30日
日本電気株式会社
NECコンピュータテクノ株式会社
京王自動車株式会社
山梨交通観光バス株式会社

NECはこのたび、既存の無線インフラを活用することで、高速に移動するバスや列車などの乗り物からのブロードバンドインターネット接続のシステムを経済的に実現できる「BBRideシステム」の高速バスでの実証実験を、NECコンピュータテクノ株式会社、京王自動車株式会社、山梨交通観光バス株式会社の協力を得て開始しました。

今回の実証実験では、2006年1月から3月までの3ヶ月間、東京都府中市と山梨県甲府市を結ぶ法人向け路線バスにおいて、乗客に走行中のバス内からのインターネット接続を体験してもらいます。この実証実験を通じて、乗客の利便性と事業性を両立させるシステム運用課題の抽出、実サービスに向けた運用手順の確立を行い、さらに渋滞や活用可能な無線インフラの状況など、実環境で生じうる様々な環境変化に対処できるよう、技術、運用の両面から、高速に移動する乗り物からのブロードバンドインターネット接続サービスの基盤となる「BBRideシステム」の完成度を高めていくことを狙いとしています。

今回の実証実験で用いる「BBRideシステム」は、(1) 既存の携帯電話網や無線LAN等の複数の異なる無線回線を高効率に束ねる多重化技術(モバイル・インバース・マックス)や(2) 最大16個の通信インタフェースが搭載可能な車載型モバイルルータの開発などにより実現したものです。
このシステムは、既存の無線回線を束ねることで、乗り物と地上のインターネット接続局間に広帯域性と広域性を持つアクセス回線を提供するもので、乗り物内に設置されたモバイルルータと地上のインターネット接続局に設置されたホームエージェントにより実現されます。このシステムはADSLと同程度の帯域を持つ安定した回線を実現できるため、ノートPCなどに搭載されている無線LANさえあれば、高速に移動する乗り物内であっても、無線インタフェースの切り替えを気にすることなく、家庭やオフィスと同様にインターネット接続できます。

さらに「BBRideシステム」は、既存の無線網資源を活用するため、固定的な軌道を走行する列車に加え、移動の自由度が高い自動車であっても新たな通信インフラを構築する必要が無く、経済的にブロードバンド接続サービスを提供することができます。また、「BBRideシステム」を支えるモバイル・インバース・マックス技術は、無線事業者一社では実現困難な広帯域性と広域性のある無線アクセス回線を提供できるという特長を持つMVNO(注1)の基盤技術となります。

近年、ユビキタスなネットワーク環境への要求が高まるにつれて、航空機や列車のような公共交通機関でのブロードバンド接続の実現に向けた動きがあります。これに対し、現在、衛星通信や無線LANを活用した地上-移動体間の通信技術が検討されています。しかしながら、衛星通信の場合はトンネルなどによる不感地帯の発生、無線LANの場合は新規インフラ構築コストの増大などの問題点があります。そのため、新たなインフラの導入コストを最小化し、乗客に対して、常時、高速に移動する乗り物からでも広帯域な通信が可能なアクセス回線を実現できる技術の開発が求められていました。

NECではかねてから、これらの問題を解決するために研究開発をすすめてきました。今回のBBRideシステムの開発とバスを活用した実証実験により、既存の無線インフラを活用した低コストな高速移動体ブロードバンド接続の実用化に向けた道筋を明確化できると考えています。今後は、さらに通信事業者や交通機関各社の協力も得て、様々な乗り物からのブロードバンド接続サービスの実用化を目指していきます。

以上

(注1)
Mobile Virtual Network Operatorの略で、「仮想移動体サービス事業者」 と訳される。携帯電話などの無線通信インフラを他社から借り受けて自社ブランドで無線通信サービスを提供する事業者を指す。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC中央研究所 研究企画部 企画戦略グループ
WEBからのお問い合わせ:
https://www.nec.co.jp/r_and_d/ja/cl/contact.html


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る