ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

携帯電話を活用した「保守作業員支援ソリューション」の発売

2006年 2月20日
日本電気株式会社

NECは修理保守関係のコンタクトセンター向けソリューションとして、保守作業員への情報提供に携帯電話を活用する「保守作業員支援ソリューション」を製品化し、本日から販売活動を開始いたしました。

新ソリューションは、今回新たに開発した、コンタクトセンターのシステムと携帯電話を連携させるソフトウェア「CSVIEW/モバイル連携」を用いて実現するものであります。顧客から問合せを受けたオペレータが、問合せ内容を応対管理システムに登録すると、対応に赴く保守作業員が障害状況、システム構成、応対記録、お客様との通話録音などを携帯電話を利用して参照できるようにするものであります。また作業員は現場で携帯電話から作業報告を行うことができ、その報告内容は応対管理システムに直接反映されるため、オペレータの入力工数を削減できます。これによってシステムの情報を常に最新に保つことが可能であり、CS向上を図ることができます。

「保守作業員支援ソリューション」の出荷時期は、iモード、EZweb、VODAFONE LIVE対応()は本年4月から、iアプリ向けは本年7月を予定しております。販売価格はソリューション一式(CSVIEW/モバイル連携、サーバ、SI費込み)で1,000万円(対象保守要員数100名)からであり、今後3年間で200システムの販売を見込んでおります。

NECでは昨年11月にコンタクトセンターを構築するための各ソフトウェア製品を「CSVIEWシリーズ」として体系化いたしました。「CSVIEWシリーズ」は顧客からの問合せを管理する応対管理、電話と応対管理システムを連携させるCTIミドルウェアに加え、想定質問を管理するFAQ管理、テキストマイニング、音声認識などの関連付加価値製品で構成されております。
このたびの新ソリューションは、新製品の「CSVIEW/モバイル連携」と既出荷の「CSVIEW/応対管理」などとの連携によって、保守作業員の活動を支援するものであり、NECフィールディング株式会社での運用ノウハウを製品化したものであります。
なお、「CSVIEW/モバイル連携」の応用例として、ナレッジシステムや基幹システムと連携し、商品情報や在庫情報、受発注情報などを携帯電話で参照することもできるため、営業支援ソリューションとして活用することが可能であります。

新ソリューションは、NECのCRMソリューション体系「UNIVERGE(ユニバージュ)CRMソリューション」に位置付けられるものであります。

コンタクトセンターは顧客とのコミュニケーション窓口として需要が高まっており、コンタクトセンターの規模に関わらず顧客満足度の向上および効率的な運営が求められております。特に保守作業員が現場での必要情報を入手し、タイムリーに作業報告できるソリューションのニーズが高まっております。このたびの「保守作業員支援ソリューション」は、携帯電話の利便性を活用して現場とコンタクトセンターを連携させ、効率的な作業遂行を支援するものであります。

当社では今後もコンタクトセンター支援ソリューションを積極的に展開していく考えであります。
「CSVIEWシリーズ」「保守作業員支援ソリューション」の概要については、別紙をご参照ください。

以上

(注)
iモード、iアプリは株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの、EZwebは、KDDI株式会社の、VODAFONE LIVEは、VODAFONE GROUP PLCの登録商標です。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NECミドルウェア事業部
電話: 03-3798-6439
E-mail: csview@info.jp.nec.com


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る