ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

上下水道団体向け営業事務パッケージソフトウェアを発売
- .NET技術を採用した操作性・運用性の高いオープンシステム -

2006年 3月15日
日本電気株式会社

NECはこのたび、上下水道の開閉栓受付から料金調定、および関連する各種統計業務に至る上下水道団体の営業事務を一元的に処理することのできるパッケージソフトウェアを製品化し、「Hyper-Aqua(ハイパーアクア)」の名称で本日から販売活動を開始いたしました。本製品は、サーバなどのオープンシステムにおいて稼動するものであり、汎用機によるシステムに比べて総運用コストを約40%削減することが可能であります。

本製品のファーストユーザとして、兵庫県西宮市水道局から当該業務のシステム開発をこのほど受注し、平成19年3月の稼動開始を目指して本格的な開発に着手いたしました。

大規模都市における水道事業に関しては、水資源の効率的な利用が進み給水収益が減少傾向にあることに加え、世帯数の増加に伴う事務手続きの煩雑化が進んでおります。こうした中、多くの上下水道団体からは汎用機によるシステムの運用コストを抑制したいというニーズが高まっておりました。

NECではこうしたニーズに応え、今般新たにマイクロソフト社の.NETを用いてオープンシステムを対象としたパッケージソフトウェアを開発したものであります。本製品は、汎用機を使ったシステムに比べ、総運用コストを約40%削減できることを最大の特長とし、加えて.NET技術を活用して開発されたユーザインタフェースにより、特に大規模団体において必要とされる操作性・運用性を合わせて実現いたしました。

「Hyper-Aqua」の販売価格は、最小構成で600万円から(消費税を除く)であります。NECでは本システムについて、給水人口20万人以上の大規模団体を中心に積極的な販売活動を展開し、今後3年間で15団体への提供を見込んでおります。

NECではこれまでにも、北九州市水道局において政令指定都市では初となる当該業務のオープン化を実現するなど、この分野に関して数多くの実績と豊富なノウハウを有しております。「Hyper-Aqua」は、これらの実績をベースに.NET技術を採用して新たに開発した、水道の営業事務に関わる幅広い業務を対象とするトータルパッケージソフトウェアであります。

本システムの構成イメージについては別紙をご参照下さい。

以上

(*)
.NETとは、マイクロソフト社による次世代のアプリケーションを実行 /開発するための基盤技術

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 公共ソリューション事業部 第五営業部
TEL (03)3798-6228


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る