ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

パソコンにおける有害化学物質対応の取り組み強化について
~次期パソコン新商品全機種において「RoHS指令」に対応~

2006年 3月23日
日本電気株式会社
NECパーソナルプロダクツ株式会社

NECおよびNECパーソナルプロダクツは、次期個人向け/企業向けパソコン新商品全機種において、電気・電子機器に含まれる特定化学物質の使用を制限する欧州の規定である「RoHS指令」(注1)に対応します。(一部継続商品は除く)。

RoHS指令は、電気・電子機器に含まれる特定化学物質(鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDEの6物質)の使用を制限する欧州議会および理事会指令であり、2006年7月に施行されます。
当社では、1998年からはんだの鉛フリー化の取り組みを開始し、1999年10月に世界で初めてパソコン用マザーボードの鉛フリー実装を実現するとともに、金属部品の六価クロムレス鋼板化や取引先に対するグリーン調達を推進するなど、本指令への対応を準備してきましたが、次期パソコン新商品全機種において、RoHS指令に全面的に対応します。

また、次期パソコン新商品では、RoHS指令に加え、電気・電子機器の特定化学物質の含有表示を規定する国内規格であるJ-Moss(注2)についても対応します。これにより、新商品には、特定化学物質を基準値以上に含んでいないことを証明するJ-Moss「非含有マーク」(グリーンマーク)を付与して出荷します。

さらに、次期ノートパソコン全機種において、シックハウス症候群の原因となる可能性がある揮発性有機化合物(VOC)やアルデヒド類への対応を強化し、JEITAが策定する「パソコンに関するVOCガイドライン」(注3)に対応します。なお、デスクトップパソコンについては、本年秋までに順次対応を完了する予定です。

NECおよびNECパーソナルプロダクツは、今後も地球環境に配慮した商品開発に取り組むと共に、化学物質への対応状況を商品カタログやホームページなどを通して公開し、情報公開を積極的に行ってまいります。

以上

注1) RoHS指令
2006年7月から施行される、電気・電子機器に含まれる特定有害物質(鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDEの6物質)の使用制限に関する欧州議会および理事会指令。
注2) J-Moss
電気・電子機器の特定化学物質の含有表示方法を規定した日本工業規格。資源有効利用促進法に基づく制度の改正により、本年7月1日から特定の化学物質の含有に関する情報の提供が義務化される予定。鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDEの6物質を基準値以上に含有している場合は、「含有マーク」の表示とWebサイトにおける含有状況の情報開示が必要となる。化学物質非含有の製品には、任意でグリーンマークを付与することが可能。
http://210.254.215.73/jeita_eps/jmoss200512.html
注3) パソコンに関するVOCガイドライン
学校環境衛生の基準に定められた6物質(トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼン、エチルベンゼン、スチレン、ホルムアルデヒド)にアセトアルデヒドを加えた計7物質を対象とした、業界統一の測定方法および放散量の指針値を設定したガイドライン。
http://it.jeita.or.jp/infosys/committee/environ/0509VOCguideline/index.html

パーソナル商品の環境活動に関する情報


本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NECパーソナルプロダクツ株式会社 環境CS推進部
電話: (03)6479-5768(直通)


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る