ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

NTTドコモのFOMA(R)向けモバイルインターネット接続サービス
「mopera U(R)」を支える「MAPS」をNTTデータとNECが構築
~「いつでも」、「どこでも」快適なインターネットサービスを実現~

2006年 3月27日
株式会社NTTデータ
日本電気株式会社

株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:浜口 友一、以下NTTデータ)および日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:金杉 明信、以下 NEC)は、NTTドコモのFOMA(R)向けモバイルインターネット接続サービス「mopera U(R)」を支える大規模オープンシステム(システム名称「MAPS(マップス)」)を構築しました。

今後、情報通信市場は、自宅ではブロードバンド経由で、外出先からはワイヤレスブロードバンド経由でシームレスなインターネットサービス環境をエンドユーザに提供する方向にあります。
NTTドコモの提供するmopera U(R)サービスは、外出先ではFOMAや公衆無線LANから、メールやインターネットを利用できるサービスであり、それを支えるシステムが今回構築したMAPSです。
MAPSは、サービスの拡張に柔軟に対応できるオープンシステムを採用し、サーバ70台、ネットワーク機器130台という大規模なオープンシステムです。

今回のシステム構築においては、エンドユーザからいろいろな回線網経由で接続されることを想定し、自動的に回線網種別を識別した上で認証を行う認証処理技術や、メールに添付されているファイルをビジネスFOMA(R)「FOMA M1000」やカード型FOMAで閲覧できるようにするために接続回線の種別を判断してデータ変換・圧縮を行う圧縮技術を採用することで、「いつでも」、「どこでも」快適なインターネットサービスを実現しております。
MAPS開発にあたっては、NTTデータの大規模情報システム構築の実績に基づくマネジメント力・技術力と、NECのIT・ネットワーク統合ソリューションとの融合によって実現しました。
具体的には、1)NTTデータがプロジェクトの全体を統括するプロジェクトマネジメント、ポータル・顧客管理等のアプリケーション開発、2)NECが製品ベンダとの戦略的パートナーシップに基づくシステム基盤の構築、メール・運用監視等のアプリケーション開発、をそれぞれ担当しました。
さらに、両社が互いに持つオープンシステム構築の経験、ノウハウを活用し、両社合同によるプロジェクト体制構築による緊密な連携を行うことにより、大規模なオープンシステムの構築を実現しました。

MAPSの主な特長は次の通りです。


1. エンドユーザへのサービス向上と新規サービスに柔軟に対応
1) (1)ビジネスFOMA(R)「FOMA M1000」やカード型FOMAと、無線LANカード搭載ノートPCなどを利用しながらFOMAエリアから公衆無線LANエリアに移動した場合など、ユーザIDを入力しなおすことなく最適な通信経路を選択できるシングルサインオン機能、(2)メールに添付されているMicrosoft(R)Officeファイルの携帯電話からの閲覧や、大量データについて時間・コストを削減して快適な閲覧を可能にするデータ変換・圧縮機能等、エンドユーザのサービス向上を実現。
2) オープン技術を採用したことにより、新たなサービスの追加やお客様が増えることに伴う通信量増大に対し、柔軟・迅速なシステム変更対応が可能。
2. ITとネットワークの統合技術の適用とシステム信頼性の確保
1) (1)複数ネットワークの統合・制御技術、(2)多数の利用者を対象とした認証処理技術、(3)各利用者の端末に適合したデータ変換・圧縮技術、(4)各利用者の様々な利用状況に合わせたアクセス手段を提供するデータ送出技術、(5)メールウイルスチェック、特定サイトブロックなどのセキュリティ技術等、IT・ネットワーク統合ソリューションの技術を適用。
2) 社会インフラとしてのインターネットサービスに求められる24時間365日稼動を実現することで、いつでも、自宅や外出先からインターネットサービスを快適にご利用いただくことを可能としました。

NTTデータは、ITによる価値創造によって社会やお客様を活性化していく企業を目指しています。このたびのMAPSの構築は、社会インフラとしての高度なインターネット接続サービスシステムにおけるシステム構築力を実証するものであり、NTTデータが社会インフラやお客様の重要なシステム構築で培った徹底したプロジェクトマネジメントとシステム化企画力・技術力の成果です。NTTデータは、今後も、お客様とともに新たな価値を創造し、お客様の価値が向上するシステムを構築することで、お客様の発展、更には社会の発展に寄与してまいります。

NECは、コンピュータと通信の融合を図る「IT・ネットワーク統合ソリューション」の提供を通して、企業活動や人々の生活を支える社会インフラ化した大規模なサービスプラットフォームの構築に注力しています。このたびのMAPSの構築は、NECが有するIT・ネットワーク統合ソリューションの技術力ならびに構築力を実証するものであります。今後、光化や固定網と移動網の融合などネットワーク基盤が高度化するなかで様々な新規サービスの創出が望まれますが、NECでは迅速なサービス提供を可能とし、かつ信頼性が高く安全なサービスプラットフォームを構築してまいります。

以上

*
文中に記載している社名・商品名などは各社の商標または登録商標です。
*
「MAPS」は、NTTドコモmopera Uサービスのシステム名称です。
*
「FOMA/フォーマ」、「mopera U/モペラ ユー」、「ビジネスFOMA/ビジネスフォーマ」は、NTTドコモの登録商標です。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NTTデータ 広報室 長澤
電話: (03)5546-8051

NEC コミュニケーションズソリューション事業部 OMCS営業部
電話: (03)5476-1017


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る