ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

各種ポータブル機器向け
ワイドTFTカラー液晶ディスプレイモジュールを販売開始

2006年 6月 1日
日本電気株式会社
NEC液晶テクノロジー株式会社

アモルファスシリコンカラーTFT液晶ディスプレイモジュール「NL4827HC19-01B」
アモルファスシリコンカラーTFT液晶ディスプレイモジュール
「NL4827HC19-01B」

NEC液晶テクノロジー(代表取締役社長:奥野 和雄、本社:神奈川県川崎市)はこのたび、携帯GPS端末、携帯情報端末(PDA)、ポータブルマルチメディアプレーヤーなどの各種ポータブル機器向け表示デバイスに適したWQVGA(480×272ドット)、対角10.9cm(4.3型)アモルファスシリコンカラーTFT(薄膜トランジスタ)液晶ディスプレイモジュール「NL4827HC19-01B」を開発し、本日から販売活動を開始します。

新製品のサンプル価格は18,000円(税別)で、2006年7月上旬より出荷を開始します。今後1年間で100万台の販売を見込んでいます。

新製品の特長は以下の通りです。

(1) 液晶パネルとバックライトシステムの設計を最適化することにより、携帯情報端末用液晶モジュールとしては業界最高水準となる350cd/m2の高輝度を実現。
(2) ポータブル機器向けとして業界最高水準となる23msの高速応答を実現し、動画再生に充分な応答速度を確保。
(3) 動画再生に適したアスペクト比16:9のワイド画面や、各種ポータブル機器の操作性を向上するタッチパネルの標準装備など、各種ポータブル機器への応用に特化した仕様を実現。

近年、携帯GPS端末の高機能化が進み、表示情報が複雑になるとともに、携帯GPS端末向けの表示装置として、より高輝度・高精細なディスプレイが求められています。また、次世代ポータブル機器は、PDA・動画ビューワ・GPSなど様々な機能の複合化が進むことが予測されており、特に、ポータブル動画再生機器は、今後の市場拡大が見込まれています。こうした機器の表示装置では、高画質・大画面化に加え、動画再生や多量の情報表示に適したアスペクト比16:9のワイド表示対応へのニーズが高まっています。
このたびの新製品は、これらのニーズに応え、様々な機能を求められる次世代の携帯端末向け表示デバイスとして、最適なソリューションを提供するものです。

NEC液晶テクノロジーは今後、ポータブル情報機器用小型液晶モジュールの分野でも、高画質と高機能、使い易さの向上といった付加価値の提案を行い、より快適なユビキタス環境の実現に貢献していきます。

なお、当社はこのたびの新製品を、6月4日~9日の間、米国サンフランシスコで開催される「SID 2006」の「Exhibition」に、6日から出展します。

新製品の仕様は、別紙をご参照ください。

以上

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC液晶テクノロジー株式会社 営業本部商品企画部
電話: (044)435-1851(直通)
http://www.nec-lcd.com/


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る