ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

高輝度と業界最高水準の低消費電力を実現した
業務用42型プラズマディスプレイを発売

2006年 6月 5日
日本電気株式会社
NECパーソナルプロダクツ株式会社

業務用42型プラズマディスプレイ「PX-42XM4J」
業務用42型プラズマディスプレイ「PX-42XM4J」


NECならびにNECパーソナルプロダクツはこのたび、発光効率を高める新構造のパネル「クリスタルクリア・パネル」を搭載し、高輝度と業界最高水準の低消費電力(注1)を実現した42型プラズマディスプレイNEC PlasmaSync(R)「PX-42XM4J」を6月5日から販売します。
電子広告や、TV会議・プレゼンテーション用など、高性能が求められる業務用のディスプレイとして販売し、今年度の販売目標としては3,000台を計画しています。なお、希望小売価格はオープン価格です。

新商品の主な特長は以下の通りです。

1. 高輝度と業界最高水準の低消費電力の実現
放電領域と蛍光体面積を拡大して発光効率を高めた新構造パネル「クリスタルクリア・パネル」を搭載し、1400[カンデラ/m2]の高輝度と、従来比約20[W]減の低消費電力285[W]を実現。
 
2. 高画質を実現する多様な機能を搭載
(1) パネルの放電速度を速める「クリスタルクリア・レイヤー(注2)」を搭載。
パネルの予備放電量を低減することが可能なため、より深い「黒」色を表現でき、暗所コントラスト3000:1を実現。
(2) 画面生成時の映像の動きを判断し、なめらかな映像になるよう自動処理するための回路を強化。動きの早い映像であってもきれいに表示可能。
(3) 画像を表示するための信号処理回路構造をシンプルにすることで、画質の劣化を防ぎ、高画質な画像を表現できる。
(4) スケーリング技術を採用した高度エッジ補正機能により、画像のふち(エッジライン)の部分をなめらか且つ明瞭に表示。これにより、カメラのズームおよびクローズアップが画面上でスムーズに再現されると共に、小さな物も違和感なく表現可能。
(5) 暗部の階調表現を改善する「γ-12(ガンマ・トゥエルブ)」(注3)を搭載 し、業界最高水準の4096階調687億色相当の色表現力を実現。
 
3. 業務用ディスプレイとしての使い勝手を向上
(1) これまで61型、50型にのみ搭載していた2画面表示機能「新ダブルピクチャーPLUS」を搭載。2画面表示は、以下の3種類に対応。
(1) ピクチャーinピクチャー
親画面に子画面を挿入表示。
(2) サイドバイサイド
左右に2画面同時表示。
(3) テキストインサート
画面の中に、テキストを表示するエリアを挿入することができ、パソコンなどで作成された文字情報を容易にテロップ表示することが可能。
(2) パソコン信号への対応を従来の55信号から65信号に増加し、より幅広い機種との接続が可能。

新商品の概要

品名 42型プラズマディスプレイ
型名 PX-42XM4J
表示サイズ 922(H)×515(V)
アスペクト比 16:9
画素数 1024(H)×768(V)
最大表現色 4096階調 687億色相当
外形サイズ 1022(W)×610(H)×98(D)mm
質量 30.0Kg

NECでは、新商品「PX-42XM4J」をハイビジョン要求が強まる市場において、NECの業務用プラズマディスプレイ「NEC PlasmaSync(R)」ラインアップ(PX-61XM4J、PX-50XM5J、PX-42VM5HJ)の主力商品として位置づけ、積極的な販売活動を展開していく所存です。

新商品の主な仕様については別紙をご参照ください。

以上

(注1)
2006年5月NECパーソナルプロダクツ調べ
(注2)
パネル前面板内側に位置する層であり、放電速度を速める効果を持つ
(注3)
暗部の階調表現を改善するγ(ガンマ)補正の12ビット化処理技術

新製品に関する情報


本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NECプラズマディスプレイ・インフォメーションセンター
電話:03-3798-7273
(対応時間 9:00~12:00、13:00~17:00 土日・祝日、当社指定休業日は除く)
e-mail: plasma-x@pdp.jp.nec.com
プラズマホームページ: http://www.nec.co.jp/plasma/products/x/index.html


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る