ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

NECと日本HPが通信事業者・ISP向け映像ソリューション分野で協業

2006年 6月 7日
日本電気株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社

NEC(本社:東京都港区、代表取締役社長:矢野薫)ならびに日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:小田晋吾、以下日本HP)はこのたび、通信事業者やインターネットサービスプロバイダー(ISP)向けの映像ソリューション分野で協業することで合意し、国内外でのマーケティング活動や販売活動を協力して展開することにいたしました。

このたびの協業内容は、NECの映像コミュニケーションソリューション「3GVirdnet」(注1)と、日本HPの通信事業者向けに提供している映像サービス開発用のミドルウェア「HP OCMP Video(OpenCall Media Platform Video)」(注2)を融合した映像ソリューションを両社で提供、拡販するものであります。同ソリューションを利用することにより、通信事業者やISPは新たにインタラクティブ(双方向)な映像サービスを開始する際の開発期間の短縮化や低コスト化を実現いたします。

具体的には以下の活動を展開してまいります。

1. 通信事業者・ISP向け各種映像ソリューションの提供
以下のような各種映像ソリューションを提供します。
<1> インタラクティブ映像配信サービスや映像付き自動音声案内サービスなどを実現するインタラクティブ映像音声応答システム(ビジュアルIPフォンや3G携帯端末のボタン操作による映像の切替が可能。)
<2> 相手が留守のとき発信者の映像や音声を記録するサービスを実現する留守番テレビ電話システム
<3> 送信者の映像付きメールサービスを実現するビデオメールシステム
<4> 特定顧客への映像付き広告サービスを実現するビデオ広告配信システム
<5> 発信者の映像付きブログ提供サービスを実現するビデオブログシステム
 
2. 販売・マーケティング活動における協力を推進
映像ソリューションの提案活動を推進するため、国内の通信事業者・ISPを対象として販売面での協力を行うほか、事例紹介、展示会の共催などを通して同ソリューションの市場への浸透をはかる。
 
3. アジア地域の販売でNEC、HPの協調
HPがアジア・パシフィック地区に展開する「HP OpenCall Experience Center(中国・上海)」に同ソリューションを展示、共同デモなどを行う体制を整えます。これによりNECが同ソリューションを海外の通信事業者などに販売する際のサポートを行います。

NECでは、このたびの協業に基づく通信事業者・ISP向け映像ソリューションの販売目標を、今後3年間で100システムと見込んでおります。

近年、NGN(次世代ネットワーク)やFMC(固定と移動の融合)における付加価値サービスとして映像サービスが通信事業者やISPにとっての新たなビジネスチャンスとして注目されてきております。一方でこうしたサービスの開始までの期間短縮とサービスコストの削減も求められております。
NECが2002年に開発した映像コミュニケーションソリューション「3GVirdnet」は、高性能なコーデック(データ圧縮・伸張)技術により映像の品質を損なうことなく高圧縮し、高品質な映像/音声配信を実現しております。またNEC独自のゲートウェイ技術により、3G携帯端末とSIP端末(パソコン)などの異機種端末との間での双方向通信を可能としています。さらに「3GVirdnet」をベースに映像ソリューションのコンサルティングからインテグレーション、保守、運用までトータルサポートできる体制を整えており、豊富な経験と販売実績を有しています。

一方、日本HPでは、通信事業者向けネットワークサービス構築用ソフトウェア、サービス製品群である「HP OpenCall」を有しています。このなかのメディアサービスの統合プラットフォーム「HP OCMP」は、コール制御とメディア制御を統合した製品であり、これにより高付加価値なメディアサービスを電話のダイヤル操作のような手軽さで、携帯端末やIPフォン、パソコンなどから利用できる環境を実現しております。今回NECが採用した「OCMP Video」は本年4月からリリース開始した映像版のOCMPです。
このたびの協業は、両社が有する優れたソリューション/製品や販売/保守体制を効率的に活用することにより、サービス開始までの期間を約1/2~1/5程度に短縮可能となり、通信事業者やISPのサービスコスト削減に寄与します。 なお、NECでは今回の協業を機に、「OCMP Video」を「3GVirdnet」の中核製品として位置づけ、自社のソリューションの強化も図っていきます。

別紙にインタラクティブな映像音声応答システム例と留守番テレビ電話システム例を記載します。

以上

(注1)NEC 3GVirdnet(3GVisual real time delivery network solution)
3GVirdnet は、3G携帯端末とIPネットワーク間の双方向映像コミュニケーションを実現するソリューション製品群です。NEC独自のプロトコル変換技術により、3G携帯端末とIPネットワーク間との双方向映像通信を可能とした3Gゲートウェイ製品をコア製品とし、ソリューション例としてリアルタイム映像配信サービス、3G携帯カメラからの映像蓄積/配信サービス、3G携帯端末とパソコン間でのテレビ電話サービス、ならびに防犯システムのための映像監視サービス等を、高画質・低遅延で実現することが可能です。
(注2)HP OCMP Video(OpenCall Media Platform Video)
Hewlett-Packard(HP)が世界の通信事業者向けに多くの実績をもつ音声サービスプラットフォームを、映像メディア対応に拡張した高性能マルチメディアサーバ製品で、本年4月より日本国内でも販売を開始しました。HPの長年にわたる通信サービス分野でのソフトウェア開発の経験とノウハウを生かし、豊富な機能提供はもちろん、企業から通信キャリアまでカバーできるスケーラビリティとクオリティを実現しております。
(注)
文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 第二ネットワークソフトウェア事業部
電話: (03)3456-7758
Email:3gvirdnet@info.jp.nec.com
日本HP カスタマ・インフォメーションセンター
電話: (03)6416-6660


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る