ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

NTTドコモのFOMA向け映像配信の新サービス「Vライブ オープンタイプ」に
対応したストリーミング配信基盤「StreamPro」新製品を発売
~携帯電話に対してライブ映像とアーカイブ映像の配信が可能~

2006年 6月 8日
日本電気株式会社

NECは、本年7月3日にスタートするNTTドコモのFOMA向け新サービス「Vライブオープンタイプ」(注1)を利用して、動画・音楽などのストリーミング配信を容易に行うことのできるストリーミングサーバ新製品「StreamPro/pvServer 1.0」を製品化し、コンテンツプロバイダや通信事業者、放送局などを主なターゲットとして本日から販売活動を開始いたしました。

ストリーミング配信基盤「StreamPro」は、NECがシステム構築を担当したNTTドコモのストリーミングサービス「Vライブ」において、2002年10月のサービス開始当初より現在までコアコンポーネントとして稼働し、本サービスを支えた実績を有しております。このたびの新製品は、NTTドコモで実際に稼動している製品をベースとして一般企業向けに運用管理機能を充実させたものであり、「Vライブオープンタイプ」との高い親和性とともに高度な信頼性を有していることを最大の特長としております。

新製品は、ストリーミングサーバ「pvServer」と運用管理モジュールにより構成されており、主な特長は以下の通りであります。

(1) 豊富な機能の実現
ストリーミング配信において必要とされる以下4種の機能を全て搭載しているため、利用者はエンコーダソフト(注2)を用いて作成したファイルをそのまま携帯電話向けにストリーミング配信することができる。
<1> ライブ配信機能
カメラなどで撮影した映像をリアルタイムで配信する機能。
<2> オンデマンド配信機能
既存の映像ファイルを用いて、視聴者に対してオンデマンド配信する機能。
映像ファイルのサイズは限定されないため、長時間の映像ファイルの配信も可能。
<3> ストリーミング履歴の出力機能
リアルタイムにストリーミングの履歴情報を出力する機能。この履歴情報によりアクセスの多い時間帯や人気のあるコンテンツを把握できるため、マーケティング活動などに活用することができる。
<4> コンテンツ管理機能
配信するコンテンツの登録や削除を動的かつ即時に実施することができる機能。

(2)

ライセンスフリー形式による提供
NECは2007年3月までの期間限定で、ストリーム数を無制限に配信することができるライセンスフリー形式で新製品を提供いたします。(注3)
また、2007年4月以降は、同時配信が可能なストリーム数ごとにきめ細かなライセンス体系を整備し、小規模用途から大規模用途まで利用者のニーズに合わせた柔軟なシステム構成を実現いたします。

新製品の販売価格は150万円から(消費税を除く)であり、本年7月3日から出荷を開始いたします。NECでは新製品について、映像資産を豊富に所有しているコンテンツプロバイダをはじめ、携帯電話向けに映像配信サービスを検討している通信事業者や放送局を主なターゲットとして、今後3年間で300ユーザへの販売を見込んでおります。

近年、第三世代携帯電話の普及にともない、モバイル環境におけるタイムリーな情報提供手段として、臨場感溢れるライブ映像配信や、既存の映像資産を活用したアーカイブ映像配信を実現したいというニーズが高まっております。
このたびの新製品は、こうした市場ニーズに応えるものであります。

新製品の概要については別紙をご参照ください。

以上

(注)
「FOMA/フォーマ」および「Vライブ/ブイライブ」はNTTドコモの登録商標です。
「pvServer」は PacketVideo Network Solutions 社の商標です。
(注1)
Vライブオープンタイプとは、「Vライブ」における新しい映像配信プラットフォームであり、情報提供者がドコモのサーバを利用せずに、自社のサーバを利用することで、ドコモへの申し込みや月額使用料等の負担をすることなく自由に映像コンテンツの配信が可能になるサービスです。
(注2)
専用のエンコーダソフト「PacketVideo pvAuthor 3 for Vライブ」が必要。
(注2)
ネットワーク帯域やサーバの処理性能などが原因で配信可能なストリーム数が制限されることがあります。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 第一コンピュータソフトウェア事業部 CDNグループ
電話: (042)333-5445
eメール: packetvideo@cdn.jp.nec.com
http://www.ace.comp.nec.co.jp/packetvideo/


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る