ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

携帯電話事業者およびメーカ6社が
Linux OSによる携帯電話向けプラットフォームの構築を推進
―携帯電話関連技術の革新を加速し、携帯電話用Linux OSの普及を促進―

2006年 6月15日
Motorola Inc.
日本電気株式会社
株式会社NTTドコモ
パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社
Samsung Electronics Co. Ltd
Vodafone Group

Motorola, Inc.(モトローラ、本社:米国)、日本電気株式会社(本社:東京都港区)、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区)、パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社(本社:神奈川県横浜市)、Samsung Electronics Co. Ltd(サムスン、本社:韓国)、Vodafone Group(ボーダフォン・グループ、本社:英国)の6社は、本日、Linux(リナックス) OSによる携帯電話向けソフトウェアプラットフォーム(※1)の構築を推進することに合意しました。

本プラットフォームを構築することで、プラットフォームを利用する企業において、ソフトウェア開発コストが削減されること、サービス、機能の柔軟性を増すこと、より広範囲なエコシステムを確立することを期待することができます。その結果、参加企業がより魅力的で、顧客満足度の高い商品・サービスを提供できるようになることを期待しています。

また、今回合意した6社は、当該活動を推進するために独立した団体を共同で設立することを検討しており、当該団体による透明性のあるプロセスを通じたプラットフォーム構築の実現を志向しています。プラットフォームの構築にあたっては、共同開発と独自開発の双方の利点を活かしながら、アプリケーション・インターフェース(API※2)の仕様及びアーキテクチャを規定していくとともに、規定されたAPIの仕様に則ったリファレンス・インプリメンテーション(※3)や、アプリケーションがAPIに適合しているかどうかを調べるためのツールの提供も目指します。

本団体の参加企業は下記の取り組みを行う予定です。

1) 参加企業の公平で透明性のある参画と貢献プロセスの確立
2) プラットフォームの分化(フラグメンテーション)を抑制する仕組みの構築
3) リナックスベースの効率的な携帯電話向けエコシステム(※4)構築に向けた取り組み
4) 既存の業界各種団体との連携
5) 業界各社(携帯電話端末メーカ、携帯電話事業者、半導体メーカ、ソフトウェア会社等)への参画を広く呼びかける

以上

(※1) プラットフォーム:
アプリケーションソフトを動作させる際の基盤となるOSとそのOS上で動作するミドルウエア。
(※2) API:
"Application Program Interface"の略。あるプラットフォーム(OSやミドルウェア)向けのソフトウェアを開発する際に使用できる命令や関数の集合のこと。また、それらを利用するためのプログラム上の手続きを定めた規約の集合。個々のソフトウェアの開発者がソフトウェアの持つすべての機能をプログラミングするのは困難で無駄が多いため、多くのソフトウェアが共通して利用する機能は、プラットフォームという形でまとめて提供されている。個々の開発者は共通のAPIの定義に従ってその機能を「呼び出す」だけで、各社の携帯電話端末の差異を意識することなく動作するソフトウェアを作成することができる。
(※3) リファレンス・インプリメンテーション:
ある仕様に準拠した製品を開発するための参照用ガイドライン、設計図、動作確認用ソフトウェアなどのことを指す。
(※4) エコシステム:
開発に携わるハードウェア/ソフトウェアベンダがお互いに協力しあって携帯電話市場の成長を促進する循環型体系。

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る