ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

最新デュアルコアインテルItanium2プロセッサを搭載した
科学技術計算向け高性能スカラサーバ「TX7シリーズ」の発表

2006年 7月19日
日本電気株式会社

スカラサーバ「TX7/i9610」
スカラサーバ「TX7/i9610」

NECは、分子科学・材料設計、構造解析、機械設計、流体解析などの科学技術計算分野向けに最新の64ビットCPU「デュアルコアインテル(R)Itanium(R)2プロセッサ」(開発コード:Montecito)(注1)を最大32個(64プロセッサ・コア)搭載可能で、従来比2倍の409GFLOPS(理論ピーク性能)を実現する高性能スカラサーバ「TX7/i9610」を製品化し、本日より販売活動を開始いたしました。

科学技術計算分野では、解決すべき問題・データが日々大規模化/複雑化しており、これらのデータを高速に処理することができる大容量メモリを搭載した高性能サーバに対する要望が増えています。
新製品は、この様な市場ニーズに応えるために、メモリを最大512ギガバイト搭載可能な大容量共有メモリ型スカラサーバ「TX7シリーズ」の最上位モデルとして提供いたします。

このたび、先行ユーザとして東北大学情報シナジーセンターに本サーバを3台納入いたしました。東北大学情報シナジーセンターでは、HPC(高性能計算)分野の標準ベンチマークテストであるHPCチャレンジベンチマークを行い、世界で初めてMontecitoプロセッサを搭載したシステムとして性能評価結果を登録しております。

新製品の標準価格は3,591万円(税抜 3,420万円)からであります。

このたびの新製品の特長は次の通りであります。

1. 高性能、高スケーラビリティを実現
最新のデュアルコアインテルItanium2プロセッサとNECが新規に開発した 「A3(エーキューブ)チップセット」によって、最大32プロセッサ(64コア)/最大512Gバイトメモリの高いスケーラビリティを可能とし、従来比2倍の409GFLOPS(理論ピーク性能)を実現している。
インテル社の最新CPUで実装されたデュアルコア化、キャッシュメモリの大容量化という強化に合わせ、NEC製チップセットによりメモリバンド幅を従来に比べ4倍に拡大し、データ転送能力を高めたことを始め、NECのスーパーコンピュータとメインフレームの開発で培った高速メモリアクセス・高メモリスループット技術を搭載し高速化を実現した。また、サーバ間の高速通信インターフェースであるInfiniBandを採用し、複数システムにおけるノード間通信の高速化を図っている。
これらにより、大規模ジョブ実行や小規模ジョブの多重実行においても高速処理が可能である。
 
2. SUSE Linux Enterprise Server 9を搭載
「TX7/i9610」は、オペレーティングシステムとして大規模科学技術計算の領域で実績のあるNovell社のSUSE Linux Enterprise Server(SLES)(注2)(注3)を採用している。SLESは、大規模システムに最適なスケジューラやリソース管理機能などを備えているほか、SUSE Linuxの多様な流通アプリケーションソフトウェアの利用やユーザプログラムの移植も容易である。

<お客様からのコメント>
東北大学情報シナジーセンターでは、新並列コンピュータとして、デュアルコアのインテルItanium2プロセッサを32個搭載したNEC TX7/i9610を3ノード(計192コア,理論性能1.23TF、メモリ1.5TB)導入し、運用を開始しました。
TX7/i9610は従来機種である初代インテルItaniumプロセッサを搭載したNEC TX7/AzusAと比較し、Gaussianをはじめとするアプリケーションにおいてコアあたり2.1から4.4倍の性能向上を実現しています。
また、TX7/i9610は、ベクトルスーパーコンピュータNEC SXシリーズのフロントエンドサーバとして運用を可能にするため、ジョブ管理システムNQSII(Network Queuing SystemII)を備えており、これによりTX7/i9610とSXシリーズが一体となった、ユーザにとって快適な利用環境を実現しています。本センターでは今回の新並列コンピュータ導入により、今後より良い計算環境を日本の学術研究者に提供できると期待しています。

東北大学情報シナジーセンター 副センター長 小林広明

東北大学情報シナジーセンターのホームページ http://www.isc.tohoku.ac.jp/
HPCチャレンジベンチマークのホームページ http://icl.cs.utk.edu/hpcc/

以上

本資料に記載の社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
(注1)
インテル、Intel、Itaniumは、米国およびその他の国におけるインテルコーレーションおよび子会社の登録商標または商標です。
(注2)
SUSEは、米国Novell, Inc.の事業部であるSUSE LINUX AG.の登録商標です。
(注3)
LINUXは、Linus Torvaldsの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

HPC販売推進本部
電話:(042)333-6391
E-Mail:info@hpc.jp.nec.com


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る