ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事 > 別紙

国内初 最大3.6Mbpsの高速データ通信「HSDPA」対応の携帯電話
「FOMA(R)N902iX HIGH-SPEED」を発売
~従来FOMA端末の約10倍のデータ通信速度を実現~

2006年 8月24日
日本電気株式会社

「FOMA N902iX HIGH-SPEED」の特長

(1) 国内初 最大3.6Mbpsの高速データ通信「HSDPA」に対応
FOMA ハイスピードエリア内では、データ受信時 最大3.6Mbps(従来比約10倍)、データ送信時 最大384kbps(従来比約6倍)の高速データ通信が可能。FOMAエリア、FOMAプラスエリアでは、データ受信・送信ともに384kbpsの通信に対応。高速データ通信により、音楽や動画などの大容量コンテンツのダウンロードや、インターネットサイトなどのリッチコンテンツの閲覧などを、これまで以上に手軽に行うことができる。
 
(2) お気に入りの音楽番組を自動配信する「ミュージックチャネル」に対応。
最長1時間程度の番組が深夜に自動配信される。

高音質・大容量の音楽番組を配信するNTTドコモの新サービス「ミュージックチャネル(TM)」に初めて対応。最新のヒット曲ランキングやおすすめ楽曲紹介など、様々な音楽番組の中から、事前に興味のある番組を一つ選び、登録をしておくことで、深夜に番組が自動でダウンロードされ、好きな時間に楽しめる。
 
(3) 「着うたフル(R)」とSDオーディオに対応したミュージックプレーヤ ーを搭載。大容量の内蔵メモリに「着うたフル(R)」を最大200曲収録可能。
楽曲を1曲丸ごとダウンロードして楽しむことができる「着うたフル(R)」に対応。ダウンロードした「着うたフル(R)」と、CDから取り込んだ楽曲を一つのプレイリストで楽しめる、SDオーディオ準拠のミュージックプレーヤーを搭載。端末上でもプレイリストの作成が可能。
さらに、端末を閉じた状態でも、音楽の再生や音量の調節、曲の送り戻しの操作などを行うことが可能なほか、音楽を聞きながらメールの作成や送信ができるなど、高度な操作性を実現。また、購入後すぐに音楽を楽しむことができるように、パソコンからの音楽転送ソフト「SD-Jukebox」を同梱し、ステレオイヤホンも試供品として添付。
本体に大容量メモリを搭載しており、最大200曲(400MBまで)の着うたフル(R)を保存できる。別売りのminiSD(R)カード(最大2GB)を利用すれば、さらに保存曲数を増やすことも可能。
 
(4) iモーション(R)の対応サイズが拡大。最大5MBの動画に対応。
最大500KBであったiモーションのダウンロードサイズを、最大5MBに拡張。動画のストリーミングも従来の2MBから5MBに拡大。アーティストのビデオクリップや注目映画の予告編など、長時間の動画を楽しむことが可能。
 
(5) その他の機能
記録画素数約400万画素(有効画素数200万画素)のカメラを搭載。
 
カメラには、縦・横2軸の手ブレを防止するデジタル手ブレ補正機能(静止画/動画)を装備。これまで手ブレを起こしやすかった夜間や室内など暗所での撮影などを、手ブレを気にせず手軽に楽しむことが可能。
   
NEC独自の日本語変換技術「MogicEngine」を搭載。入力した文字から単語などを先読みして表示する「先読み予測」機能や、選択した単語に続く単語や文節を予測して表示する「つながり予測機能」により、スムーズな文章作成が可能。
   
メールやスケジュール、電話帳などの個人情報をガードする「PIMロッ ク」や、待受画面表示中に「3」キーを長押しすることで簡単にICカー ドのロック/解除が可能な「シンプルロック」などを搭載し、セキュリテ ィにも配慮。
   
メールの題名に含まれている絵文字や感情お知らせアイコンを表情豊かな3Dアニメーションで表示する「3Dお知らせ」機能に対応。また、電話をかける際に、通話相手の画面にメッセージを表示するサービス「着もじ(R)」に対応すると共に、「着もじ(R)」メッセージの着信時に、メッセージを3Dアニメで表示する「3D着もじ(R)」も搭載。
   
「ドラゴンクエスト不思議のダンジョンMOBILE」をプリインストール。
   
NTTドコモのケータイクレジットサービス「DCMX(R)」に対応

「FOMA/フォーマ」「ミュージックチャネル」「iモーション」「着もじ」「DCMX」は、NTTドコモの商標または登録商標です。
「着うたフル」はソニー・ミュージックエンタテインメントの登録商標です。
「miniSD」はSDアソシエーションの商標です。

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

前のページへ戻る

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る