ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

国内初 最大3.6Mbpsの高速データ通信「HSDPA」対応の携帯電話
「FOMA(R)N902iX HIGH-SPEED」を発売
~従来FOMA端末の約10倍のデータ通信速度を実現~

2006年 8月24日
日本電気株式会社

「FOMA N902iX HIGH-SPEED」
「FOMA N902iX HIGH-SPEED」

NECはこのたび、国内で初めて(注1)通信規格「HSDPA(注2)」に対応し、受信最大3.6Mbps(注3)の高速データ通信が可能な携帯電話を製品化しました。新製品は、本年8月31日(木)に、NTTドコモから「FOMA N902iX HIGH-SPEED」の名称で発売されます。

昨今、携帯電話を使い、音楽や画像などのコンテンツダウンロードやパソコン向けのインターネットサイトを閲覧するといった利用形態が拡大しており、携帯電話のデータ通信の高速化が求められています。
新製品は、NECの最先端の通信技術により、従来のFOMA端末の約10倍となる受信最大3.6MbpsのHSDPA高速データ通信に国内の携帯電話として初めて対応しました。これにより、音楽や動画などの大容量コンテンツのダウンロードや、インターネットサイトなどのリッチコンテンツの閲覧を、これまで以上に手軽に行うことが可能になります。

また、新商品の特長である高速データ通信をいかし、NTTドコモが新たに提供する、高音質・大容量の音楽番組が夜間に自動配信されるサービス「ミュージックチャネル(TM)」にいち早く対応するほか、楽曲を1曲丸ごとダウンロードして楽しむことができる「着うたフル(R)」にも対応するなど、音楽機能を大幅に強化しています。

新製品の主な特長は、以下の通りです。

(1) 国内初 最大3.6Mbpsの高速データ通信 「HSDPA」に対応
(2) お気に入りの音楽番組を自動配信する「ミュージックチャネル」に対応。最長1時間程度の番組が深夜に自動配信される。
(3) 「着うたフル(R)」とSDオーディオに対応したミュージックプレーヤ ーを搭載。大容量の内蔵メモリに「着うたフル(R)」を最大200曲収録可能。
(4) iモーション(R)の対応サイズが拡大。最大5MBの動画に対応。

HSDPAによる高速データ通信が可能なFOMAハイスピードエリアは、東京23区より順次展開され、2006年度末には全国人口カバー率が約70%となる見込みです。なお、上記の(2)(3)(4)の各特長は、従来のFOMAエリア、FOMAプラスエリアでも対応しています。

特長及び仕様については、別紙をご参照ください。

以上

(注1)
2006年8月時点。NEC調べ。
(注2)
High-Speed Downlink Packet Accessの略称。FOMAが採用している3G規格「W-CDMA」のデータ通信速度を高速化したもの。
(注3)
FOMAハイスピードエリア内の場合。FOMAエリア、FOMAプラスエリアでは、受信・送信ともに最大384kbpsのデータ通信が可能。
 
・「FOMA/フォーマ」「ミュージックチャネル」「iモーション」は、NTTドコモの商標または登録商標です。
 
・「着うたフル」はソニー・ミュージックエンタテインメントの登録商標です。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC NTTドコモターミナル営業本部
TEL (0120)102001
受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後1:00~5:00
(土・日・祝日・NEC所定の休日を除く)
ホームページURL:http://www.n-keitai.com/


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る