ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

高並列処理技術を導入した車載向け画像認識用並列プロセッサの発売について
~トヨタ自動車株式会社が採用~

2006年 8月25日
NECエレクトロニクス株式会社
日本電気株式会社

NECエレクトロニクスの車載用動画認識プロセッサ「IMAPCAR」
NECエレクトロニクスの車載用動画認識プロセッサ「IMAPCAR」

NECエレクトロニクス株式会社(以下NECエレクトロニクス)および日本電気株式会社(以下NEC)は、トヨタ自動車株式会社(以下トヨタ)および株式会社デンソー(以下デンソー)の協力を得て、車載向け画像認識用並列プロセッサを製品化し、「IMAPCAR(R)」(アイマップカー;注1)の名称で本日よりサンプル出荷を開始いたしました。

「IMAPCAR(R)」の主な特長は、(1)128個の演算ユニットで並列処理を行うことにより、現在市場で販売されている画像認識LSIに比べて約5倍高性能な100GOPS(1GOPSは毎秒10億回の演算を実行)を実現でき、白線、先行車、歩行者などの画像をリアルタイムに認識できること、(2)画像認識機能の全てをソフトウェアで構成したことにより、機能の追加や変更を容易に行えること、(3)車載向けでは先端となる0.13ミクロン(μm)の製造プロセスを採用したことにより、車載用途に適した2ワット(W)以下の低消費電力を実現したこと、などであります。

この「IMAPCAR(R)」を用いると、白線、先行車、歩行者などをリアルタイムで認識することが可能となり、自動車メーカーは、衝突回避を支援するシステムなど予防安全システムを容易に実現できるようになります。

「IMAPCAR(R)」のサンプル価格は2万円であります。NECエレクトロニクスではサンプル出荷の開始と同時に量産ができる体制を整えており、2007年度中には月産1万個規模での生産を実現する計画であります。

また、本新製品は、トヨタから今秋発売予定のレクサスブランドの新型車「LS460」に設定される「プリクラッシュセーフティ機能」(注2)を実現する画像認識LSIとして採用されました。

NECエレクトロニクスとNECは、画像認識技術をIT業界、電機業界及び自動車業界など幅広い分野で応用が見込まれる基幹技術と位置づけ、1990年よりNEC中央研究所の主要テーマの一つとして研究を重ねてまいりました。両社は、画像認識技術の中でも特に有用な動画像認識システムを構築するためには、高性能と柔軟性を併せ持つことが必要と判断し、プロセッサ並列処理技術を採用して、研究開発を進めてまいりました。その結果両社は、2003年02月に1チップLSIを開発し、以後現在までCEATEC(2003年)、ITS世界会議(2004年)、コンバージェンス(2004年)などの展示会にてその技術を世界に向けて紹介してまいりました。
NECエレクトロニクスとNECは、上記の技術をベースに、トヨタとデンソーの協力を得て、今回の新製品を開発いたしました。

NECエレクトロニクスとNECは、「IMAPCAR(R)」が自動車メーカーや自動車電装メーカーの開発負荷を軽減し、予防安全システムの構築に大きく貢献できるものと考えているため、この画像認識用並列プロセッサを自動車分野に広く販売していく計画であります。また、今後も高性能化や低価格化など幅広いニーズに対応できる製品の開発を継続的に行い、予防安全システムの高度化や汎用化に対応すると同時に、セキュリティ、ゲーム、ロボット、FA等産業向けなどへの応用も実現させていく計画であります。

「IMAPCAR(R)」の詳細と主な仕様については別紙をご参照下さい。

以上

(注1) IMAPCAR:
Integrated Memory Array Processor for Carの略。 全ての演算ユニットの一つ一つにメモリを配列した並列プロセッサであり、構造上からIMAPと称している。 IMAPCARはNECエレクトロニクスの日本における登録商標。
(注2) プリクラッシュセーフティ機能
ミリ波レーダーとステレオカメラのセンサフュージョン方式(複数のセンサの情報を組み合わせて処理する方式)により、先行車や歩行者を含む立体物の距離や速度を検知し、ドライバーへの警報や衝突被害軽減のための制御を行うことで安全性を高める機能のこと。
<備考>
文中で言及した製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NECエレクトロニクス
半導体ホットライン
電話 : (044)435-9494(直)
info@necel.com

NEC
中央研究所 研究企画部 企画戦略グループ
WEBからのお問い合わせ:
https://www.nec.co.jp/r_and_d/ja/cl/contact.html


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る