ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

RFID関連ソリューション事業の強化
- UHF帯・EPCglobal対応の体系的ソリューション提供や
システム実験センターの新設など -

2006年 8月28日
日本電気株式会社

NECはこのたび、RFID関連ソリューション事業を強化することとし、UHF帯および世界標準規格のEPCglobalに対応した「UHF帯RFID統合ソリューション」を新たに体系化し、本日から提供を開始いたしました。また同時に、ユーザシステムの模擬環境を構築してRFID読み取り精度の検証などを行うシステム実験センター「ユビキタスソリューションウェアハウス」を新設し、きめ細かなユーザサポートを提供するほか、NECの海外現地法人と連携したグローバルサポート体制も合わせて実現いたします。

NECは、これらの取り組みを支えるグループの関連要員を300名に増員してRFID関連ソリューション事業を積極的に拡大し、2010年にSCMなど関連基幹システムも含め2000億円の販売を目指してまいります。

近年、製造・物流業界などにおいて、長距離での読み取りが可能なUHF帯のRFIDを用いたソリューションの導入検討が具体化しつつあり、今後はさらに他業種も含めグローバルサプライチェーンにおける活用が進むものと見込まれております。NECはこうしたニーズに応え、今般新たにUHF帯、ならびにグローバル標準仕様のEPCglobalに対応したソリューションを体系的に整備し、本格的な事業展開を進めていくものであります。

今般強化したRFIDソリューションの概要は以下の通りであります。

  1. 「UHF帯RFID統合ソリューション」の提供

    NECがこれまでに培った多くの実践的なノウハウを活用し、RFIDの導入コンサルティングからアプリケーション(ビジネステンプレート)、ミドルウェア、RFIDタグやリーダ/ライタなどのデバイスまでを一貫して提供する「UHF帯RFID統合ソリューション」を新たに体系化。実証実験や試験的なシステム導入から、基幹システムとの連携までを含めたトータルソリューションを提供する。

  2. ユビキタスソリューションウェアハウスの新設

    実際のユーザニーズを反映した模擬環境を構築し、タグ貼付やリーダ/ライタ設置場所の最適化検証、読み取り精度や距離に関する性能検証などを行う「ユビキタスソリューションウェアハウス」を本年10月に新設。本施設において、システム導入前の動作確認や、導入後の性能改善などのきめ細かな検証サービスを提供する。

  3. グローバル対応の強化

    ユビキタスソリューションウェアハウスと、NECの海外現地法人が連携し、サプライチェーンをはじめとした顧客システムのグローバルサポート体制を構築。EPCglobal仕様に準拠したミドルウェアの提供と合わせ、顧客のグローバル事業展開を支援する。

NECは、2004年5月に日系ITベンダとして初めて世界最大の標準化団体EPCglobalに加入し、RFIDの標準化活動も積極的に推進してまいりました。中でも本年7月に実施されたEPCIS(Electronic Product Code Information Services)のプロトタイプテストにおいては、国内ソリューションベンダとして唯一参加して自社製品の検証を行うと同時に、グローバル標準仕様の完成度向上に大きく貢献いたしました。こうした活動も含めて、顧客のグローバル展開をサポートする体制を今後さらに強化してまいります。

なお、NECではUHF帯RFID統合ソリューションについて、本年9月13日から東京ビッグサイトにおいて開催される「第8回自動認識総合展」に出展いたします。

以上

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC RFIDビジネスソリューションセンター
TEL: (03)3456-6274
e-mail: info-rfid@ml.mpd.nec.co.jp


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る