ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

産経デジタルの「デジタルコンテンツ管理システム」が本格稼動を開始
- SOAにより構築された業界初の基幹システム -

2006年 9月20日
日本電気株式会社
NECソフト株式会社

NECとNECソフト株式会社が共同で構築した、株式会社産経デジタル(本社:東京都千代田区、社長:阿部雅美、以下 産経デジタル)の「デジタルコンテンツ管理システム」がこのほど本格的な稼動を開始いたしました。

このシステムは、既存の新聞製作システムから産経新聞社が保有するニュース素材を直接取り込み、デジタル配信に必要な形式へ再編集・加工した上で各種のデジタルメディアに対して送信する、産経デジタルの基幹システムであります。メディア業界の基幹システムとしては初めて(*1)、SOA(サービス指向アーキテクチャ)を全面的に採用するとともに、イベント駆動型(*2)のシステムとして構築したことにより、コンテンツの編集・加工や業務プロセスの変更などに際して高度な柔軟性・拡張性を有していることを最大の特長としております。
NECとNECソフトではこのシステム構築に関して、要件定義から第一期の本稼動(本年6月)までを5ヶ月という短期間で実現し、産経デジタルが運営するニュース・ブログポータルサイト「iza(イザ!):www.iza.ne.jp」の早期立ち上げに大きく貢献いたしました。このほど第二期の本稼動を迎え、他のニュースサイトなどに対しても各種コンテンツの提供を始めました。 SOAを採用した効果により、第二期のシステムが効率よく構築できたことに加え、今後のシステム拡張についても柔軟に対応することが可能となりました。

本システムの構成は、NECのIAサーバ「Express5800」9台をメディア集配信HUBサーバ、メディアCMSサーバ、Webサーバなどにそれぞれ配し、SOAの中核となるESB(Enterprise Service Bus、*3)にはインフォテリア社のASTERIA Serverを採用いたしました。このESBを介し、必要に応じて各コンテンツの更新やWeb/モバイル変換、解禁解除などのサービスコンポーネントを組み合わせて実行する手法を採用しているため、ビジネスプロセスの見直しやサービスの拡充において、システム全体を変更することなく短期間で柔軟に対応することが可能となっております。

NECとNECソフトではこのシステムを他の新聞社に対しても販売する計画であり、今後2年間で10社への提供を見込んでおります。

近年、新聞をはじめとしたメディア業界においては、既存のコンテンツをパソコンや携帯電話などのデジタルメディアに対して効率的に加工・配信することのできる、コンテンツ管理システムに対するニーズが高まっております。
このたびのシステムはこうしたニーズに応えるものであり、最新技術の採用により、マルチソース・マルチユースの実現のみならずコンテンツの整理・編集・配信をはじめとしたビジネスプロセスの変更や拡張を容易に行うことのできる最新のデジタルコンテンツ管理システムであります。

システム構成・利用イメージについては別紙をご参照下さい。

以上

(*1)
NEC調べ
(*2)
イベント駆動型とは、クライアント-サーバ型のシステムのようにユーザの操作によってビジネスプロセスが実行されるだけでなく、時間やメッセージの到達といったイベントの発生に従って、ユーザの操作とは独立してビジネスプロセスが実行される考え方。SOAと組み合わせて採用することにより、システムの柔軟性を一段と高めることができる。
(*3)
ESBとは、企業内外の、異なる技術やデータ形式を持つシステム間を柔軟に接続・連携させるための論理的なバス、およびそれを実現するミドルウェア製品。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC メディアソリューション事業部 第一営業部
TEL: 03-3798-6303

NECソフト カスタマーサポートセンター
TEL (0120)632-364
e-mail: info@necsoft.com


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る