ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

中堅企業向けERPソリューション「EXPLANNERシリーズ」の業種向けパッケージを発売
~第一弾として、自動車部品製造業向け、食品製造業向けをパッケージ化~

2006年10月 5日
日本電気株式会社


NECは、中堅企業向けERPソリューション「EXPLANNER(エクスプランナー)シリーズ」において、業界特有の業務手順等を反映させ、個々の企業の業務特性に最適なシステム構築が可能となる業種向けパッケージを開発し、順次提供を開始することと致しました。その第一弾として、市場ニーズの高い自動車部品製造業向けならびに食品製造業向けのパッケージを製品化し、それぞれ「EXPLANNER/Ja(ジェイエー)」、「EXPLANNER/Jf(ジェイエフ)」の名称で、販売活動を開始いたします。

自動車部品製造業向け「EXPLANNER/Ja」は、自動車部品製造業に求められるJIT生産(注1)の実現を支援するものであり、特長は以下のとおりです。

(1) 得意先毎の内示・確定情報を統合管理し、最新の需要情報として速やかに生産計画に反映することで変動対応力を強化。さらに、得意先からの納入指示に対応する時間単位での出荷便管理など、自動車部品業界特有の受注出荷業務に対応。
(2) これまでのERPパッケージでは「日」単位が限界であった生産計画立案において、「時間」単位による生産計画立案を実現。きめ細かな生産指示を行うことにより、得意先への出荷に同期したものづくりを支援。

食品製造業向け「EXPLANNER/Jf」は、需要状況に合わせた柔軟な生産管理の実現や、食品業特有の管理項目を網羅し"食の安心・安全"を強化するものであり、特長は以下のとおりです。

(1) 生産管理機能と販売管理機能の連携型パッケージであり、製品別・日別・デポ別に需給バランスの参照を可能にし、食品業界特有の需要変動を速やかに生産活動に反映する。これにより、製造・販売・物流コストの低減された商品供給を実現。
(2) ロットごとの入出庫履歴に紐付くロットトレースや、きめ細かな賞味期限条件を管理することで、品質管理を強化。さらに商品原材料データベース(注2)と連携する(注3)ことにより原材料規格情報を正確に把握・公開することができ、得意先や消費者に対する安心・安全を提供。

なお、両パッケージともに、開発環境である「SystemDirector Enterprise」(注4)を用いて、各社の強みとなる独自の業務プロセスを迅速にシステムに反映させることが可能であります。

「EXPLANNER/Ja」「EXPLANNER/Jf」の価格および出荷時期は、以下のとおりであります。

  対象業種 価格(税別) 出荷時期
EXPLANNER/Ja 自動車部品製造業 \500万~ 2006年11月1日
EXPLANNER/Jf 食品製造業 \400万~ 2007年4月

NECは、このたびの「EXPLANNERシリーズ」の強化により、中堅企業向けERPパッケージ事業について、2008年度までの3年間で売上高800億円を目指しております。

昨今、中堅企業向けERP市場においては、既に導入しているERPパッケージの更新時期の到来や、日本版SOX法への対応、景気回復に伴うIT投資の活発化などを背景に、ERPパッケージの更新・新規導入の機運が高まっております。NECでは、同市場の成長率を今後5年間で年率約9%(注5)と見ており、2007年度の同市場規模は、大企業向けERP市場の約2倍の800億円以上と推計しています。
このような背景のもと、企業からは、自社が属する業界特有の業務プロセスに加え、自社の強みを反映できるERPパッケージを求める声が高まってきております。
NECは、こうした市場ニーズを踏まえ、顧客の事業環境や業務プロセスに柔軟に対応できる業種向けパッケージを商品化いたしました。

「EXPLANNER/Ja」「EXPLANNER/Jf」の概要は次の通りです。

■JIT生産の実現を支援する自動車部品製造業向け「EXPLANNER/Ja」
(1) 自動車部品製造業に求められる、きめ細かな受注出荷管理機能を実装
得意先ごとに異なる様々なパターンの内示/確定情報を統合管理することで、需要情報を迅速に把握でき、生産計画とシームレスに連携することで変動対応力強化を支援。
得意先からの納入指示に対して、納入時刻に応じた出荷便指定での出荷指示が可能。
さらに、出荷照合による誤品チェックなど支援機能を実装することにより、自動車部品業特有の多回納入業務に対応。
(2) 緻密で精度の高い生産計画立案機能により、在庫削減を支援
生産スケジューラで国内トップシェアのASPROVA(アスプローバ)社製ソフト(注6)を計画 エンジンとして搭載し、「時間」単位での所要量計算、生産工程における現場の作業負荷の 平準化を実現。工場の稼働率も安定。
きめ細かな資材発注、製造指示により、在庫削減を支援。

■受注から生産、出荷までフルサポートする食品製造業向け「EXPLANNER/Jf」
(1) 生産管理と販売管理の連携により、需要状況に合わせた生産管理を実現
在庫・受注・販売計画・出荷予定から有効在庫を自動計算。製品(製品種)別・デポ別に有効在庫の推移から需給のバランスを参照し、商品欠品防止と在庫極小の生産計画を実現。
流通小売からの納入要求に対する出荷便指定に連動した生産指示を行うことで、ニーズの多様性と変化に追随出来る商品供給体制を確立。
(2) 食品製造業特有の管理項目を網羅し、品質管理を強化
ロットごとの入出庫管理を行うことにより、出荷ロット・製品ロット・原料ロットを順展開・逆展開する(注7)「ロットトース機能」を実現。得意先からの問い合わせに迅速に対応することで信頼を獲得。
ロット別在庫情報や出荷履歴情報、マスタ情報にて製品・得意先別の賞味期限条件を管理。賞味期限チェック(日付逆転防止など)を行うことで、得意先からの厳しい鮮度管理要求に対応。

「EXPLANNERシリーズ」は、NECが蓄積してきた業種/業務システムノウハウを基に開発したERPソリューションであり、業務プロセス再設計支援を行うコンサルティングサービスからシステム設計・開発・構築・運用・保守まで一貫したサービスを提供しております。NECは、2006年5月より「EXPLANNERシリーズ」の事業強化を進めており、このたびの業種向けパッケージの発売も、本活動の一環であります。NECは、中堅企業向けERP事業について、市場の成長率を上回る年20%成長を目指して、さらに強力に推進してまいります。

なお、新製品は、本年12月6日から8日まで東京ビックサイトにて開催する「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2006」に出展いたします。

以上

(注1)
Just In Time。必要なものを、必要なときに、必要なだけタイムリーに生産すること。
(注2)
eBASE株式会社が提供する加工食品メーカー用「原材料情報・製品情報管理データベースシステム」。生産情報、原材料情報、商品情報を収集・管理することにより、消費者へ安心・安全な食品の提供を行う。
(注3)
商品材料データベースとの連携はオプションになる。
(注4)
本年1月に発売したNECのシステム構築統合開発環境。開発方法論、開発基盤、サポートサービスが体系化されている。
(注5)
複数の公開調査結果からNECが推定。
(注6)
製造工程だけでなく、受注・購買までをスケジュール可能にすることにより、より高度なトータルリードタイム短縮、在庫削減効果を提供するAPS(Advanced Planning and Scheduling)システム。ASPROVA社は、全世界に1,000を超えるユーザを持ち、生産スケジューラにおける日本トップブランドである。
(注7)
製品ロットに使われた原料ロットのトレースを行うことを「順展開トレース」、原料ロットから製品ロットをトレースすることを「逆展開トレース」という。
*
本文に記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

「EXPLANNERシリーズ」に関する詳細情報


「EXPLANNER」に関するお客様からの問い合わせ先

NEC 第二国内SI推進本部 EXPLANNERチーム
電話: (03)3798-6844


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る