ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

FOMA/無線LANデュアル端末「N902iL」に対応した
「UNIVERGE "FOMA(R)"連携ソリューション」の強化について

2006年10月19日
日本電気株式会社

NECは、モバイルオフィスを実現する「UNIVERGE "FOMA(R)"連携ソリューション」において、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下 NTTドコモ)がこのほど発表したFOMA/無線LANデュアル端末の新製品「N902iL」に対応した機能強化を行い、2007年春を目処に提供を開始いたします。

「UNIVERGE "FOMA(R)"連携ソリューション」は、いつでも・どこでも社内外を問わず、かかってきた電話の対応や、オフィスと変わらない環境でのデータ活用などを可能とすることで、ビジネスの機動力強化や意思決定の迅速化、業務の効率化などを実現するものであり、2004年11月の発売開始以来、デュアル端末を活用したソリューションにおいて国内トップシェア(注1)商品となっております。

NECは今後、新機能が搭載された「N902iL」とNEC製SIP(注2)対応IPテレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」を中核に、無線LANシステム「UNIVERGE WLシリーズ」・プレゼンスシステム(注3)・セキュリティシステムなどと組み合わせることで、ソリューション強化を進めてまいります。
あわせて、オフィス兼ショールーム「NECブロードバンドソリューションセンター」(品川イーストワンタワー内)においても、「N902iL」を活用したワークスタイルを実践することで、高信頼かつ利便性の高いソリューションを開発してまいります。

NECは、「UNIVERGE "FOMA(R)"連携ソリューション」を中心とする企業向けモバイルソリューション全体について、2008年度に1000億円の売上を目指しております。

尚、本発表あたり、株式会社NTTドコモ ソリューションビジネス部長 澤田 寛氏より以下のとおり賛同コメントを頂いております。

  NTTドコモ法人営業部門は、N900iL対応SIPサーバにおいて最も市場シェアの高いNEC UNIVERGE SV7000シリーズのN902iL対応を歓迎いたします。NECと弊社は、今夏から試験端末による相互接続試験を行っており、端末販売に向けて万全の体制で進め ております。NTTドコモは、NECをはじめ各社の協力をもって、今後もIPテレフォニー『PASSAGE DUPLE®(パッセージ・デュプレ)』を展開してまいります。

NECは、NGN(次世代ネットワーク)時代に向け、顧客企業のNGN対応や競争力強化を実現する製品・ソリューションを提供しております。その活動の一環として、今後も、ブロードバンド&モバイルオフィスを実現するソリューションの強化を推進してまいります。

以上

(注1) 出典:
富士キメラ総研
(注2) SIP:
Session Initiation Protocol VoIPを応用したインターネット電話などで利用される、国際標準規格の通話制御プロトコル。
(注3)
現在位置(フロア、会議室、等)や状況(通話中、会議中、等)などを示すシステム
*
「FOMA/フォーマ」、「PASSAGE DUPLE」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
*
その他、本文に記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC UNIVERGEインフォメーションセンター
電話:(0120)75-7400
E-mail:univergeinfo@usc.jp.nec.com


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る