ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

複数の携帯電話事業者間のiモード(R)サービスの共有を可能にする
モバイルインターネットプラットフォームの機能拡張について
~ギリシャCOSMOTEに提供しブルガリアGLOBULにてサービス開始~

2006年10月20日
日本電気株式会社

NECはこのたび、ギリシャでiモード(R)サービスを提供するコスモテモバイルテレコミュニケーションズ(正式名称:COSMOTE Mobile Telecommunications S.A. CEO:Evangelos Martigopoulos、本社:ギリシャ アテネ市、以下COSMOTE)のモバイルインターネットプラットフォーム(正式名称:NEC Mobile Internet Platform、以下NEMIP)の機能拡張を行いました。これにより、独自のモバイルインターネットプラットフォームを持たない携帯電話事業者が、COSMOTEの同プラットフォームを活用して、iモードサービスを提供できる環境を実現いたしました。

NECは2004年にCOSMOTE向けにNEMIPを納入しておりますが、このたびの機能拡張の第一号ユーザとして、COSMOTE傘下の移動通信事業者であり、ブルガリアで約40%のシェアを有する同国第2位のGLOBUL(正式名称:Cosmo Bulgaria Mobile EAD、CEO:Thanasis Katsiroubas、本社:ブルガリア ソフィア市)がiモードサービスを開始いたしました。

NEMIPは、ゲートウェイシステムおよびメールサーバシステムを核として構成され、ゲートウェイシステムは、携帯電話パケット通信ネットワーク上にてインターネット・アプリケーションサービスの提供を可能とします。また、メールサーバシステムは、携帯版E-メール、ならびにマルチメディアメッセージングサービスを提供します。さらに、統合された加入者管理、コンテンツプロバイダー管理、サービス管理、代行課金、プリペイドユーザ向けリアルタイム課金、その他多彩な機能を有し、将来の新機能追加が容易になる柔軟性も兼ね備えています。

今回の機能拡張により、携帯電話事業者だけでなくMVNO(Mobile Virtual Network Operator)がNEMIPを利用することで、同様にサービスを提供することも可能となります。NECとしては、本プラットフォームを、通信事業者およびビジネスパートナーのサービスアプリケーションビジネスをサポートするプラットフォームとして、世界のモバイルインターネット市場に積極的に販売展開していく所存です。

以上

「iモード」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る