ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事 > 別紙

テープ装置内蔵可能で静音性に優れた省スペーススリムNAS製品
「iStorage NS25P」,「iStorage NS15PG」を発売

2006年10月23日
日本電気株式会社

「iStorage NS15PG」の主な仕様

モデル名 NS15PG
型番 NF8100-144Y
CPU Intel(R)CeleronD(R)プロセッサ 346
  クロック周波数 3.06GHz
二次キャッシュ 256KB
搭載可能CPU数(標準搭載数) 1(1)
ハイパー・スレッディング・テクノロジ 非対応
チップセット Intel(R) E7221 (533MHz)
メモリ ECC付きDDR2-533 SDRAM-DIMM(デュアルチャネル対応)
  容量 標準 256MB(256MB×1)
最大 4GB(1GB×4) *1
補助
記憶
装置
内蔵HDD 標準 物理容量*2 SATA 500GB(250GB×2)
論理容量*3
/RAID構成
232.8GB/RAID1
ユーザ容量*4 202.8GB
内蔵最大 物理容量*2 500GB(250GB×2)
ホットプラグ
ディスクコントローラ SATA接続
RAID対応 SATA RAID0,1 出荷時状態はRAID1
  標準:3.5インチフロッピィディスクドライブ(2モード対応)×1、
DVD-ROM装置(DVD:3倍速以上,最大8倍速、CD:10倍速以上,最大24倍速)
拡張
スロット
3.5インチディスクベイ[空き] 2[0]
3.5インチデバイスベイ[空き] 1[0](フロッピィディスクドライブで1スロット占有済)*5
5インチデバイスベイ[空き] 1[0](CD-ROMで1スロット占有済)
PCI EXPRESSスロット(x8)[空き] 1[1]
PCI EXPRESSスロット(x1)[空き] 1[1] (スロット形状はx4)
32ビットPCI拡張スロット(33MHz)[空き] 2[2]
標準インタフェース キーボード(ミニDIN6ピン)×1、マウス(ミニDIN6ピン)×1、
セントロニクス社仕様準拠パラレルポート(D-Sub25ピン)×1、
RS-232C規格準拠シリアルポート(D-Sub9ピン)×1、
アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)×1、
1000BASE-T(100BASE-TX/10BASE-T対応)LANコネクタ(RJ-45)×1、
USB2.0×4
外形寸法(W×D×Hmm) 95×420×341(突起物/スタビライザ含まず)、
220×445×341(突起物/スタビライザ含む)
質量(最大) 8.5Kg(10.5Kg)
電源 二極並行アース付きコンセント×1(AC100V±10%,50/60Hz±1Hz)
最大消費電力 220VA/215W
省エネ法に基づくエネルギー消費効率 0.0085(J区分)
温度/湿度条件 動作時 : 10~35℃ / 20~80% (ただし結露しないこと)
保管時 : 10~55℃ / 20~80% (ただし結露しないこと) *6
インストールOS Windows Storage Server 2003 R2 *7
  プリントサーバ *8
主な添付品 スタートアップガイド、電源ケーブル、保証書、スタビライザ、
EXPRESSBUILDER(SE), バックアップDVD-ROM
無償保証内容 3年オンサイト保守サービス(月曜日~金曜日の9:00~18:00、翌営業日対応) *9、3年パーツ保証
希望小売価格(税別) 190,000円~
*1
標準実装されているメモリを取り外した場合。
*2
物理容量は、1GB=1,000,000,000B換算したときのハードディスク容量の総計。
*3
論理容量は、出荷時または推奨RAID構成にて算出したフォーマット後の容量。
*4
ユーザ容量は、実際にユーザが使用可能な容量(論理容量からシステムに必要な容量を引いたもの)。
*5
標準時は内蔵FDDを実装。3.5"デバイスを接続する場合は、標準実装している内蔵FDDと交換が必要。テープ実装時は外付FDD(USB接続)の手配必須。
*6
低温または高温で保管した場合、システム時計の時刻が現在時刻から大きくずれる場合があります。
なおシステム時計に高い精度が求められる場合には、タイムサーバ(NTPサーバ)の運用を推奨します。
*7
クォータ機能、ファイルスクリーン機能、記憶域レポート機能を持っています。
*8
接続可能なプリンタ台数は5台までです。
*9
国民の祝日及び年末年始等のNEC指定日を除く。
ハードディスクの容量表記は1GB=10003B、1TB=10004B換算値です。 1GB=10243B、1TB=10244B換算のものとは表記上同容量でも、 実容量は少なくなります。

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

前のページへ戻る

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る