ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

NECとオラクルが、Oracle Database 10g対応のH.A.R.D認証を実現
~NECのストレージiStorage S4900がH.A.R.D.認証を取得~

2007年 3月22日
日本電気株式会社
オラクル・コーポレーション

日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長: 矢野 薫、以下NEC)およびオラクル・コーポレーション(米国カリフォルニア州レッドウッドショアズ、CEO:ラリー・エリソン、以下オラクル社)は、オラクル社の提唱するH.A.R.D. Initiative - Hardware Assisted Resilient Data - ( SAN 環境における オラクルデータベース のための強力なデータ保護機能を提供する包括的なガイドライン)の共同検証を実施し、NEC製SAN対応ディスクアレイ「iStorage(アイストレージ) S4900」が、業界で初めてOracle Database 10g対応の認証を取得いたしました。

SAN 環境は、様々なハードウェア/ソフトウェアで階層的に構成されています。データベースのデータがディスクに書き込まれるまでに、OS のドライバ、HBA(Host Bus Adapter)、スイッチ機器、ストレージのコントローラなど多数のコンポーネントを経由します。
オラクルの H.A.R.D. Initiativeは、こうしたコンポーネント間を経由する際、或いは、運用者の操作ミス等により極くまれに生じる可能性があるデータの破壊を予防し、データ高信頼性を確保するために、より優れた手段を提供するオラクルのストレージパートナー向けプログラムです。

NECのデータ保全性を確保するソフトウェア「DataTrusty for Oracle」は、オラクルデータベース制御とiStorage Sシリーズとの間でチェックを実施し、伝送レベルのデータチェックだけでなく、オラクルデータベースの構造を識別した高いレベルの論理的チェックを行い、データ破壊を防止する高信頼性を実現します。

このたびは、Oracle Database 10g、iStorage S4900およびDataTrusty for Oracleの組み合わせで、 H.A.R.D. Initiative の要求するデータ保護の有効性を両社で検証し、認証を実現いたしました。

NECとオラクル社は、2005年9月にStrategic Technology Allianceを表明以来、緊密な連携を続けております。NECでは昨年7月にお客様に「柔軟」「安心」「快適」なシステムを提供するためのプラットフォームビジョン「REAL IT PLATFORM」を発表しており、このたびの成果を本ビジョン実現に活かしてまいります。

今後、両社は協力関係を強化し、さらなる製品連携、共同検証、プロモーションおよび販売活動を強化していくことで、プラットフォーム強化、SI力強化を図ってまいります。

以上

Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC ITプラットフォーム販売推進本部
プラットフォームコンタクトセンター iStorageサポートグループ
電話: (03)3798-9740
(受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00 月曜日~金曜日(祝日を除く))
問い合わせURL: http://www.nec.co.jp/contact/


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る