ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

オープンソースソフトウェア関連事業を強化
~ 中堅・中小市場向けにSpikeSourceコアスタックを活用する
ソリューションの提供とパートナープログラムを開始 ~

2007年 5月30日
日本電気株式会社

NECは、中堅・中小規模企業にオープンソースソフトウェア(OSS)の普及を促進するため、導入を容易にした「SpikeSourceコアスタック(※1)(以下、SSCS)」を活用したソリューション提供を開始いたします。
また、提供にあたりOSSサポートベンダや業務アプリケーションベンダ、SIerなどとの幅広い連携を図るため「パートナープログラム」を開始いたします。

今回のOSS事業強化に向けた取り組みは、以下の通りです。

1. 連携ソリューションの提供
連携ソリューションは、コンテンツ管理、CRM、Blog/SNS、BIなどの業務アプリケーションとSSCSの連携活用を容易にするソリューションです。このために、新たに「Certificationプログラム」を開始いたしました。これは、各領域の実績や人気のある業務アプリケーションとSSCSの組み合わせを動作検証し、動作確認した業務アプリケーションを認定業務アプリケーションとして公表します。現在、本プログラムに基づき「SugarCRM」(※2)、「U・NEO」(※3)、「CommunityBase」(※4)を認定済みで、他にも「MovableType」(※5)、「OpenPNE」(※6) といった製品の動作検証を進めています。
今後も、売れ筋やお客様からの要望の多い業務アプリケーションを連携ソリューションとして拡充していきます。
さらにNECは連携ソリューションの基盤としてのOS,ハードウェア(HW), NEC主要ミドルウェアなどとSSCSとの組み合わせ検証も進めていきます。この検証結果に基づき、システム構成情報や構築手順などをテンプレート化し、システム構築作業の簡便化を進めていきます。

2.

パートナープログラムの制定
SSCSおよび連携ソリューションを扱うパートナー各社を支援するメンバー制(会費無料)のサービス・制度として開始します。パートナーのタイプには、(1)ソリューションを販売する「ソリューションパートナー」、(2)テクニカルサポートを提供する「テクニカルパートナー」、(3)SSCSと連携する業務アプリを提供する「プロダクトパートナー」を設定しました。パートナータイプに応じて、体系的な販促・技術面のサービス/サポートを提供します。
また、動作検証や開発環境用にHW,ソフトウェア(SW)を必要とするパートナー向けに、NECのプラットフォーム製品(HW,SW)の貸し出しも行います。
本パートナープログラムでは、OSSコミュニティやパートナー間の連携も含めて、様々なコラボレーションの可能性が広がることで、パートナー各社がOSSの良さを享受できるようなエコシステムの確立を目指します。
(参加パートナー名は別紙参照)

3.

IDC/xSP向けのサービス基盤としての提供
IDC/xSPベンダーがSpikeSourceコアスタックを活用したソリューションやサービスを構築するためのサービス基盤を提供します。例えば、このサービス基盤を使うことにより、IDC/xSPベンダーはWeb2.0ビジネス向けサービスを容易に構築することができます。中小規模の企業においては、そのようなIDC/xSPのサービスを利用することで、自社でのシステム運用・保守の負担や人的リソース不足といった課題を解消することができます。
NECビッグローブ株式会社では、本サービス基盤を活用し、BIGLOBE専用サーバサービスとして 『SpikeSourceコアスタック』オプションのサービス化を計画しており、本年6月から提供を開始する予定です。

NECでは、このSpikeSourceコアスタックを活用したソリューションの提供により、中堅・中小市場向けのOSS関連事業の拡大をさらに加速していき、関連するハードウェア・サポートサービス事業も含めて今後3年間に200億円の販売を見込んでおります。

なお、NECでは、本年5月30日から6月1日まで東京ビッグサイトで開催される「LinuxWorld Expo/Tokyo 2007」に、本ソリューションを出展するとともに、当社のワークショップにてSpikeSource社CEOのKim Polese氏の講演を予定しております。(http://www.nec.co.jp/event/lwe/)

以上

(※1)
SpikeSourceコアスタックは、ApacheやTomcat、PostgreSQL、MySQLなどに代表されるOSSコンポーネントを組み合わせたソフトウェア製品群の動作検証を行い、それらを「基盤スタック」としてまとめたものです。
(※2)
株式会社ケアブレインズが販売元のCRM製品です。
(※3)
NECソフトウェア東北株式会社が開発・販売元の企業情報ポータル製品です。
(※4)
NECソフトウェア東北株式会社が開発・販売元のWeb利用者管理基盤製品です。
(※5)
シックス・アパート株式会社が開発・販売元の企業向けBlog製品です。
(※6)
株式会社手嶋屋がサポートサービスを提供します。OpenPNE(オープンピーネ)とはOpenPNEプロジェクトによりオープンソース方式で開発されるPHPライセンスのSNSエンジンです。

・本文に記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

SpikeSourceソリューション
 http://www.nec.co.jp/linux/SpikeSource/
NECのLinux/OSSの取り組み
 NEC Linux/OSSポータルサイト
 http://www.nec.co.jp/linux/

 

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC OSSプラットフォーム開発本部
電話:(03)3456-0625
E-mail:linux@sw.nec.co.jp


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る