ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

独立行政法人 情報通信研究機構にスーパーコンピュータSX-8Rを納入
リアルタイム地球磁気圏シミュレーションシステムに活用

2007年 6月 4日
日本電気株式会社

NECは、リアルタイム地球磁気圏シミュレーションシステムに使用されるスーパーコンピュータ「SXシリーズ モデルSX-8R」を6台(最大ベクトル性能:1.536テラフロップス、テラフロップス:1秒間に1兆回の浮動小数点演算能力)独立行政法人情報通信研究機構(以下NICT、理事長: 長尾 真)に納入いたしました。
リアルタイム地球磁気圏シミュレーションシステムは、NICTと九州大学(総長: 梶山 千里)が共同で開発した太陽風衛星データを利用したシステムであり、太陽活動の活発化による地球周辺の磁気圏の乱れや磁気圏内の擾乱などの予測を目的に、3次元シミュレーションによる地球磁気圏の全体像のリアルタイムでの常時モニターを可能としております。
本システムにより、太陽から地球までの宇宙空間における磁場擾乱の発生とその影響の解明に寄与し、より正確で定量的な磁気擾乱の予測、いわゆる宇宙天気予報が可能となります。

NICTでは、スーパーコンピュータSXシリーズを導入し、実際の物理現象の変動に追随した計算が行えるようにシミュレーションの高速化を実現いたしました。また、計算結果をスーパーコンピュータ上でシミュレーションと同時進行で可視化(映像化)するNEC製ソフトウェア「RVSLIB」を利用し、物理現象のリアルタイムでの分析を可能といたしました。

なお、リアルタイム地球磁気圏シミュレーションシステムは、3次元シミュレーションによる地球磁気圏の全体像をリアルタイムで常時モニター可能とした世界で初めてのシステムです。

以上

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

HPC販売推進本部
電話: (042)333-6391
E-mail: info@hpc.jp.nec.com


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る