ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

世界初、DNA抽出から解析まで可能なポータブル型解析装置を開発
~個人識別用DNA解析の普及・迅速化により、犯罪捜査・抑止に貢献~

2007年 9月25日
日本電気株式会社


NECは、世界で初めてDNAの抽出から解析までのプロセスを一貫して行うことのできる個人識別用ポータブル型DNA解析装置をアイダエンジニアリング株式会社(本社:神奈川県相模原市、代表取締役社長:会田仁一)と共同で開発致しました。

同装置は、警察市場を主なターゲットとして開発いたしました。個人識別を目的とするDNA解析に用途を絞り込むことで解析プロセスを効率化し、事件現場への持ち込みを可能とするアタッシュケース程度のサイズ(幅500mm×奥行400mm ×高さ200mm)への小型化を実現しました。
DNA解析のプロセスは、(1)細胞の採取、(2)DNAの抽出、(3) DNA量を増やすPCR増幅、(4) DNAの大きさを調べる電気泳動、(5)個体差を判別するSTR解析 から成り立ちます。今回開発した装置はこれらのプロセスを一貫して行うことのできる世界初のポータブル型DNA解析装置となります。
また、装置の小型化により、各プロセス間の連動が円滑化され、特に加温冷却を繰り返し行うPCR増幅作業が大幅に高速化されることで、DNA抽出プロセスから解析プロセスまでの作業を約25分で完了致します。
NECでは、本装置が犯罪捜査の迅速化や犯罪の抑止に貢献できると考えており、平成20年度の製品化に向けてさらに改良を重ね、開発を強化して参ります。

このたび開発した個人識別用DNA解析装置の概要は以下の通りです。

1. ポータブルサイズへの小型化
チップを試験管の代用として利用するラボ・オン・チップ技術の採用、PCR装置及び電気泳動装置の小型化により、装置全体の小型化に成功した。ラボ・オン・チップの採用にあたっては、一枚の樹脂上に複数枚のシリコーンフィルムを貼り合わせた専用チップの開発により実用化した。PCR解析装置、電気泳動装置については、従来はそれぞれ小型プリンター、小型冷蔵庫程度の大きさが一般的であるが、今回開発した装置ではそれぞれ10cm×5cm×5cm程度、10cm×5cm×3cm程度と大幅な小型化を実現している。
2. 約25分の高速解析
装置の小型化により、各プロセスの作業連携も容易になり、解析処理の高速化を実現している。特に、DNAの増幅に必要な加温や冷却作業は大型装置に比べ大幅な高速化を実現している。

従来のDNA解析では、全プロセスを処理するために複数の装置を使用し、1日程度(再検査などが必要な場合は1週間程度)の作業期間を必要としておりました。そのため、事件発生後のDNA解析によって即座に犯人の絞込みを行うことは難しく、事件現場での迅速なDNA解析を可能とする装置が求められておりました。また、米国では容疑者等のDNAデータを蓄積したCODIS(*)と呼ばれるデータベースが構築されており、犯罪捜査に活用されています。これは世界的な動きになっており、日本でも同様の仕組みが整備されつつあります。
(*)COMBINED DNA INDEX SYSTEM:現在約400万人が登録されている。

本装置は、本年10月1~4日に米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催されるシンポジウム「第18回 International Symposium on Human Identification」、及び11月8日、9日に青山で開催される「日本法科学技術学会」に展示予定です。

以上

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 第二官公ソリューション事業部 第一営業部
TEL (03)3798-6214


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る