ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

屋内にあるPCの機能を遠隔利用できる技術など
新たなホームサーバ・クライアント・ソリューションを実現する技術を開発

2007年10月 2日
日本電気株式会社
NECパーソナルプロダクツ株式会社

NECならびにNECパーソナルプロダクツはこのたび、屋内外の様々なクライアント機器からネットワークを通じて屋内にあるPCを操作し、PCの機能を遠隔利用できる技術など、新たなホームサーバ・クライアント・ソリューションを実現する3つの技術を開発しました。

近年、ホームネットワークに対応したPCやデジタル家電の普及(注1)、放送のデジタル化などにより、様々なデジタルコンテンツを一元管理する「ホームサーバ」への期待が高まっています。

また、FTTH加入世帯の拡大(注2)や、通信インフラの拡充・高速化に伴うモバイル端末の多様化などを受け、ネットワークを通じて "いつでも どこでも"PCの機能を利用したいというニーズが出現しています。今後、NGN(次世代ネットワーク)やWiMAXなどの新たな通信インフラの登場により、このニーズはさらに高まると予想されます。
新たに開発した技術は、PCをホームネットワークの中核となるホームサーバとして進化させると共に、PCをはじめとする様々なクライアント機器とホームサーバを連動した、ホームサーバ・クライアント・ソリューションを実現するものです。

このたび開発した技術の概要は以下の通りです。

(1) リモートスクリーンテクノロジ
NEC独自のデータ圧縮・伸張方式により、屋内にあるPCの画面情報と音声情報を、無線LAN等の既存ネットワークを通じてクライアント機器に転送。これにより、屋内外の様々なクライアント機器から屋内にあるPCの機能を遠隔利用することが可能となり、小型・軽量なモバイル機器からでも、高性能なPCの様々な機能を利用することができる。また、クライアント機器とPC間の通信にはVPN接続(注3)を採用し、強固なセキュリティを確保するほか、クライアント機器から屋内のPCの電源をリモートでオン・オフすることも可能。
(2) マルチレコードキャストテクノロジ
HDDの読み書き速度を高速化するHDD高速アクセス技術と、PCからデジタル放送を配信する際の処理を高速で行う専用LSIとの組み合わせにより、デジタル放送の録画・配信処理性能を向上。この技術の搭載により、デジタル放送の2番組録画と2番組配信を同時に行うことが可能。
(3) ハイリライアブルデザイン
従来のPCと異なり、PC部分とレコーダ部分の処理を分離し、録画中でもPC側に負荷を与えない「セパレート構造」や、レコーダ部分を24時間監視し、異常が発生した場合に自動復旧する機能、HDDの耐久性を高める機能の採用により、ホームサーバに必要となる長期・安定稼動を実現。

NECでは、これらの技術を採用した商品を2008年前半までに商品化し、新たなホームサーバ・クライアント・ソリューションとして拡販していく予定です。

なお、10月2日(火)から6日(土)まで幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される「CEATEC JAPAN 2007」にて、新たに開発したホームサーバ・クライアント技術の技術展示を行います。

以上

(注1)
総務省「平成18年 通信利用動向調査」(平成19年5月25日発表)より
PCを2台以上保有している世帯における家庭内LANの構築率は、66.6%。
(注2)
総務省「平成18年 通信利用動向調査」(平成19年5月25日発表)より
自宅パソコンのインターネット接続回線の種類(世帯)(複数回答)において、光回線接続世帯は27.2%と前年比で倍増近い伸びを示す。
(注3)
Virtual Private Networkの略。
インターネットなどの公衆回線を利用し、専用回線のような環境を実現したネットワーク。
ネットワークを流れるデータは、認証システムや暗号技術によりセキュリティを確保。
(※)
その他記載されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC121コンタクトセンター
電話番号 : フリーコール 0120-977-121

携帯電話、PHSなどのフリーコールをご利用いただけないお客様は
03-6670-6000(通話料お客様負担)
受付時間 : 9:00~17:00(年中無休)
※音声ガイドを確認の上、窓口番号4「購入相談」へお問い合わせください。


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る