ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

SNSを中核としたWebツール『Social Tool Mart』をSaaS型で提供開始
~人的ネットワークの活性化により、企業の業務革新を支援~

2007年10月 9日
日本電気株式会社


NECは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を中核に、各種ツールと連携させてさまざまな用途に利用可能な『Social Tool Mart』(注1)をSaaS(Software as a Service) 型によって提供開始します。SNSのサービス提供を本年10月から開始するのを皮切りに、連携するツールを順次拡充し、3年後には15種類にする予定です。当社では『Social Tool Mart』で年間3億円の事業規模を計画しております。

『Social Tool Mart』では、SNS構築エンジンとしてOSS(オープンソースソフトウェア)の「OpenPNE」を採用しております。「OpenPNE」は、操作性や安定性に優れ、国内で最も利用されているSNSのひとつであります。またミドルウェアにはOSSのスタックであるSpikeSourceコアスタック(注2)を活用しています。
当社では、『Social Tool Mart』における連携ツールの応用例として、SNSの人的ネットワークとコンテンツ管理や作業管理を組み合わせたサービスを提供するなど、ビジネスでの使い勝手を高め、企業内利用・企業間利用やマーケティング分野などの市場を開拓する考えであります。
さらに、サードベンダーによるツールやサービスとの連携を可能にするアプリケーション・インターフェース(API)の整備を行い、ユーザにとってより利便性の高いサービスに拡張することを目指します。

このたび開始するSNS単体のサービス利用料金は税抜きで1契約当たり月額7万円からのご提供となります。
当社ではこの『Social Tool Mart』事業において、今後3年間で100社の顧客獲得を見込んでおります。

10月のサービス開始にあたり、三井不動産販売株式会社様の『相創の場』プロジェクト(注3)にトライアルサービスとして導入いたしました。『相創の場』は、同社が団塊の世代向けの都心ビジネス拠点として日比谷三井ビルディング内に開設した、オープンオフィス形式の会員制施設です。
リアルのオフィスと共に、会員間のコミュニケーションを活性化し、新規ビジネスや社会活動を創出することができる場として、当社のサービスを活用いただいております。

SNSは日記や掲示板などを通じて、ユーザ同士の人的ネットワークを活性化するツールとして近年利用者が急速に拡大しております。また、消費者と企業だけでなく、企業内や企業間のコミュニケーションの手段としても注目を集めています。

このたび本サービスをSaaS型によって提供することにより、ユーザはインターネット等を経由してソフトウェア機能を利用できるため、ソフトウェア調達やシステム運用などにかかる経営資源を効率化することができます。またオープンソースを活用しているため、さまざまなツールを連携サービスとして利用することが可能です。

NECではWeb 2.0領域の技術やツールを企業・組織向けに活用すべく商品・サービス・ソリューションの提供を開始しており、今後もお客様のニーズに応じて順次拡充してまいります。

『Social Tool Mart』のイメージ図は別紙をご参照ください。

以上

(注1)
『Social Tool Mart』は商標登録申請中です。
(注2) SpikeSourceコアスタック
SpikeSourceコアスタックは、ApacheやTomcat、PostgreSQL、MySQLなどに代表されるOSSコンポーネントの組み合わせを動作検証し、それらを「基盤スタック」としてまとめたものです。豊富なアプリケーションソフト利用や連携サービスが可能です。
(注3) 『相創の場』プロジェクト
WEBサイト:http://www.sosonoba.jp/
*
本文に記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

新サービスに関する情報


本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 市場開発推進本部
電話: (03)3798-5847
e-mail: info@stm.jp.nec.com


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る