ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

広帯域ウェアラブルアンテナ試作機の開発に成功

2007年10月15日
日本電気株式会社

NECは、広帯域ウェアラブルアンテナ(Wideband Wearable Antenna 以下、WWA)試作機の開発に成功しました。

WWAは、導電性の布を用いたアンテナであり、洋服など様々なものにつけたり、折り畳んで簡単に持ち運びが可能な"携帯型"高性能アンテナであり、電波状態が悪いエリアにおける補助アンテナの役割を果たします。

一般に、アンテナは自由空間中で動作させることを前提としており、人体などの近傍で用いると、インピーダンス特性が劣化し、十分な性能が発揮できません。このアンテナは、衣服に装着するような人体近傍でも、自由空間でも、両方の状態で、インピーダンス特性が劣化しないように設計されています。

また、導電性の布を用いた場合、ハンダ付けができないことが問題点になっていました。今回、小さなフレキシブルプリント基板に同軸ケーブルで給電(ハンダ付け)し、その基板を容量結合させることによって給電することが可能となりました。

NECでは、まず、470MHz~770MHz帯において、地上デジタル放送の受信検証を実施し、その後、将来的な端末の外部アンテナ(WiMAXなど)としての可能性を検証し、将来の実用化を検討しながら開発を進めていきます。

以上

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る