ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

函館市で、観光地を活性化するモバイル情報配信システムの実証実験を実施

2007年10月19日
日本電気株式会社

日本電気株式会社(注1、以下 NEC)は、函館まちナビ協議会(注2)と公立はこだて未来大学(注3)と共同で、10月27日~11月11日に函館市 湯の川温泉で開催される「はこだて湯の川温泉泊覧会」(湯の川オンパク)および市内周辺地域において、ICカードやおサイフケータイを活用して、市民や観光客に観光スポットへの来訪・周遊を促すモバイル情報配信システムの実証実験を実施いたします。

函館まちナビ協議会は、国土交通省が推進する、観光客への情報提供の高度化による移動支援プロジェクト「まちめぐりナビプロジェクト(まちナビ)」において、観光客向け個別カスタマイズドサービス提供事業者として採択されております。函館まちナビ協議会が推進する「はこだてまちナビ」は、「湯の川オンパク」の特別企画プログラムとして実施されます。

このたび実証を行うシステムは、「はこだてまちナビ」に参加する市民や観光客が、ICカードやおサイフケータイを観光スポット(チェックポイント)に設置したリーダにかざすと、携帯電話に周辺の観光情報や、まだ訪れていないチェックポイントへの経路案内情報・周辺情報などが配信される仕組みとなっており、市内に点在する観光スポットへの来訪・周遊を促し観光地を活性化するとともに、地域に密着した独自の行程プランの提供を実現するものであります。
観光客一人ひとりの"動態"に合わせた個別情報を、ICカードやおサイフケータイと組み合わせて観光客の移動と共に提供する初めての取り組みであります。

「はこだてまちナビ」は、函館まちナビ協議会と公立はこだて未来大学が基本企画を行い、NECも企画段階から参画をしております。さらに、NECシステムテクノロジー(注4)・NECソフトウェア東北(注5)の2社がシステム企画開発協力を行っており、産学連携の取り組みであります。

「はこだてまちナビ」におけるモバイル情報配信システムの実証実験の概要と特長は以下の通りです。

「オンパク」におけるモバイル情報配信システムの実証実験の概要と特長
■実証実験の概要
  実験期間 : 平成19年10月27日~平成19年11月11日
 実験目的 : ICカードやおサイフケータイなど、ユビキタス技術を活用し、各地点における情報を連携・配信し、市民や観光客の来訪・周遊を促し観光地の活性化を図る。

■実証実験の特長
  (1)参加者がオリジナリティに富んだ行程プランを計画することが可能
「はこだてまちナビ」に参加した市民や観光客が、ICカードやおサイフケータイを、市内8ヶ所に設置されたチェックポイントのリーダにかざすと、携帯電話に周辺の観光情報、まだ訪れていないチェックポイントの情報や地図・経路案内情報、さらにクイズやアンケートが配信される。これらの案内情報を活用することで、参加者は自分の好みやまちめぐりに使える時間に合ったオリジナルな行程プランを立てることが可能となる。
また、NECの研究試作パーソナルロボット「PaPeRo(パペロ)」がコンシェルジュとなって出迎えるチェックポイントでは、ICカードやおサイフケータイをリーダにかざすと、PaPeRoが参加者の名前を呼んで挨拶をするなど、「はこだてまちナビ」に参加した市民や観光客のみが体験できるサービスを提供する。
  (2)定量データに基づいて、観光地活性化の施策を行うことが可能
従来、観光地においては、観光客の移動経路を把握する手段がないため、どの時間帯に観光客がどれくらい来ているか、ある地点を訪れた人がその後、他のどの地点を訪れたか(動態入込客数)などのデータを把握するのは困難であった。新システムでは、観光スポットに設置されているリーダに観光客のICカードやおサイフケータイをかざすことで、観光スポットの位置情報と観光客の経路情報が時間情報も含めて連携され、動態入込客数の把握が可能となる。これに加え、観光客の移動経路の把握や携帯電話を活用したアンケートの収集も可能となり、定量的な情報と観光客の生の声を活かした観光地活性化の施策を行うことができる。

昨今、観光地区においては、観光客に地域の魅力を十分に伝えたい、観光客により多くの観光スポットを周遊してもらい街を活性化したい、というニーズが高まっています。また、個人においては、エコツーリズムなど「体験・創造・学習」型の旅を求める声が高まっております。
NECは、2006年より、ITを活用することで観光客の来訪・周遊を積極的に促し、地域の活性化を図る「UMAT(ユーマット、語源:英文Ubiquitous MAnaged Tourismの意)」というビジョンを掲げ、観光活性化など地域の活動に参加してまいりました。NECでは、このたびの実証実験の成果を基に、UMATビジョンのもと、今後も地域と一体となった観光情報サービスシステムの企画と構築を進めてまいります。

以上

(注1)
本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:矢野 薫
(注2)
会長:鈴木 恵二(公立はこだて未来大学教授)
はこだて観光情報学研究会の分科会であり、「はこだてまちナビ」の企画・運営を行う。
(注3)
所在地:北海道函館市、学長:中島 秀之
はこだて観光情報学研究会(主査 松原 仁、公立はこだて未来大学教授)は、函館地域の観光産業振興に向けた情報活用の研究・調査を行っている。
(注4)
本社:大阪市中央区、代表取締役 執行役社長:今泉 澄夫
(注5)
本社:宮城県仙台市、代表取締役 社長:垣村 真一
*
本文に記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
*
「おサイフケータイ」は、株式会社NTTドコモの商標です。

本システムに関するお客様からの問い合わせ先

NEC 函館支店 遠藤
電話: (0138)52-1177

NEC 第一国内SI推進本部 黒川
電話: (03)3798-8456


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る