ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

世界最高速のベクトルスーパーコンピュータ「SXシリーズ モデルSX-9」の発売
~世界初のCPU単一コア 100ギガフロップス超を実現~

2007年10月25日
日本電気株式会社

「SXシリーズ モデルSX-9(マルチノードシステム)」
「SXシリーズ モデルSX-9(マルチノードシステム)」

NECは、世界初の単一コアあたり102.4ギガフロップス(GFLOPS:1秒間に10億回の浮動小数点演算性能)を実現した新規開発CPUの搭載などにより、最大ベクトル性能が839テラフロップス(TFLOPS:1秒間に1兆回の浮動小数点演算性能)となる、ベクトル型としては、世界最高速のスーパーコンピュータ「SXシリーズ モデルSX-9」を製品化し、本日より世界同時に販売活動を開始いたしました。

新製品は、NECが新たに開発した単一コアあたり102.4ギガフロップスを実現するCPUを搭載し、さらに最大1テラバイトの大規模共有メモリ、および最大128ギガバイト/秒の超高速インターコネクトなどの強化により、ペタフロップスに迫る839テラフロップスの性能を実現いたしました。また、最先端のLSIテクノロジと高密度実装技術などにより、消費電力と設置面積について、いずれも従来比で約4分の1にいたしました。

ベクトル型スーパーコンピュータは、汎用CPUを多数搭載するスカラー型に比べ、科学技術計算や大規模データの超高速計算に優れており、気象予報、流体解析、環境シミュレーション、さらにはナノテクノロジーや高分子設計など未知の材料のシミュレーション分野で、高い実効性能を発揮いたします。
NECのSXシリーズは、これらの領域において、全世界で1,000台以上の販売実績を有しています。

このたびの新製品の主な特長は次の通りであります。

1. 超高速CPUによる革新的な性能向上
従来のSXベクトルアーキテクチャを継承しつつ、演算器の追加、ベクトルパイプライン数増強などのアーキテクチャ改良により、単一コア当たり102.4ギガフロップスの演算性能と、256ギガバイト/秒の広いメモリバンド幅を有する世界最速の1チップベクトルプロセッサを開発。このCPUを1ノードあたり最大16個搭載することにより演算性能1.6テラフロップスを超える演算性能及び、1テラバイトのメモリ容量からなる大規模共有メモリを実現。さらに、このノードを片方向あたり最大128ギガバイト/秒の超高速インタコネクトにより最大512ノード接続することにより、総合演算性能839テラフロップスの超大規模マルチノードシステムを実現している。

2.

高密度実装技術と低消費電力技術によるTCOの削減
65nm Cu(銅配線)プロセスの最先端CMOS LSI技術により、ベクトルプロセッサ(ベクトルユニット+スカラユニット)を1チップ化。筐体の高密度実装や冷却の最適設計効率化により、従来機に比べて性能あたりの消費電力と設置面積をいずれも約4分の1としている。

3.

使いやすさを重視した計算環境
オペレーティングシステムとしてUNIX System Vに準拠し、容易にSXの性能を最大限に引き出すことができるSUPER-UXを搭載している。SUPER-UXは、大規模マルチノードシステムへの対応、効率をアップさせる運用管理など、柔軟な機能を備えている。
また、SXの性能を最大限に引き出すための強力なコンパイラ・ライブラリ群・プログラム開発支援機能により、開発者に優しいシステムとなっている。さらに、ユーザが培ってきたアプリケーション資産もそのまま継承可能であり、「SX-9」の超高速演算性能を容易に活用できる。

なお、当新製品の販売価格は、レンタル月額で298万円(税込み)からとなっており、今後3年間で700システムの販売を見込んでおります。

当社のベクトル型スーパーコンピュータは、これまでその高い実効性能と優れた価格性能により、国内外の大学や研究機関、企業から、最先端の気象、航空宇宙、環境、流体解析などで高い評価を得ております。このたびの新製品は、より高度化、複雑化する大規模な計算を短期間でシミュレーションするニーズに的確に対応したものであります。

「SX-9」は、本年11月10日~16日の7日間 米国ネバダ州リノで開催される世界最大のスーパーコンピュータの展示会「SC07(Supercomputing2007)」および本年12月5日~7日の3日間 東京ビッグサイトで開催する「iEXPO2007」に出展いたします。

なお、新製品の仕様の詳細につきましては、別紙をご参照下さい。

以上

<参考>
ベクトル型スーパーコンピュータ:
ベクトルプロセッサという科学技術計算専用の高速プロセッサを搭載し、一つのベクトル命令で配列要素を一括処理することにより気象、航空宇宙、環境、流体解析などの複雑な大規模計算を高速処理できるスーパーコンピュータ。
スカラ並列型スーパーコンピュータ:
汎用的なプロセッサを多数並列接続することで高速処理を実現する方式で、遺伝子解析など多数の業務の同時処理や粒子計算など並列化が容易な計算に適しているスーパーコンピュータ。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC HPC販売推進本部
電話: (042)333-6391
E-Mail: info@hpc.jp.nec.com


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る