ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

NEC、中央システム、日本HPが運用管理ソフト分野の販売協業を強化

2007年11月12日
日本電気株式会社
中央システム株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社

日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:矢野薫、以下 NEC)、中央システム株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長 二宮政明、以下 中央システム)および日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員 小田晋吾、以下 日本HP)の3社は、業務システムの自動運用を支援するNECのジョブ管理ソフトウェア「WebSAM JobCenter」(ウェブサムジョブセンター、以下 JobCenter)の販売協業を強化することにいたしました。

「JobCenter」は、日常の定型業務やバッチ処理の自動運用、スケジュール管理を行うソフトウェアであり、GUI(グラフィカルユーザーインタフェース)を用いたわかりやすいジョブの実行監視・制御により、管理負荷や運用コストを大幅に削減し、好評をいただいています。
日本HPは、2004年から「JobCenter」をNECよりOEM供給を受け「HP JobCenter Software」(エイチピージョブセンターソフトウェア)の名称で販売しております。ジョブ管理分野で豊富な導入ノウハウを有する中央システムと協調し、HPは他のHP製運用管理ソフトウェアと組み合わせることにより販売・導入実績を拡大させています。また同製品は、メインフレームをオープンシステムに移行するリホスティングにおけるバッチ処理の自動化ツールとして、HPにおいて重要な位置づけの製品となっています。

今回の協業により3社では、各社による営業展開のほか、以下のような施策により「JobCenter」の普及促進をはかってまいります。
  (1) コンサルティングからサポートまでのトータルな支援体制
導入促進に向けてのコンサルティングをはじめ、導入時のSI(システムインテグレーション)や運用支援、導入後の保守対応などの各局面で各社のスキルやノウハウを活用、連携をはかり、トータルな支援体制を構築。
(2) 各種ソリューションの拡充
「JobCenter」の販売拡大を支援する以下のソリューションを中央システムが中心となって提供を開始。
「ジョブ管理ツールらくらく移行サービス」
導入済みの他社ジョブ管理製品から「JobCenter」への移行を実現するサービス。中央システムの経験豊富なジョブ管理ツール導入ノウハウを活かしてスムーズな移行が可能。
「JobCenter導入支援サービス」
SMB(Small and Medium sized Business)向けに価格を抑えた導入支援メニューを提供。中央システムが全国へオンサイトで導入をサポート。
(3) 共同プロモーション展開
中央システムは、今回の協業を契機に、NECが展開するソフトウェアパートナー制度「WebSAM WORKS」に参加。各社の有力顧客の共有やマーケティング活動の連携、共同セミナーの開催や展示会への共同出展など、共同でプロモーションを展開し、NECと日本HP双方の販売チャネルによる販売拡大に注力。

これらの取組みにより、運用管理ソフトウェア事業の一層の強化を図り、ジョブ管理分野でのトップシェアを目指します。
ITシステムの多様化・複雑化が進むに伴い、運用管理コストは膨らむ一方であり、企業規模を問わず、運用の自動化による効率化のニーズは高まっております。今回の協業強化は、これらの市場ニーズに応えるものであります。

詳細の仕様など製品情報については、下記をご参照ください。
「WebSAM JobCenter」
URL: http://www.nec.co.jp/middle/WebSAM/products/JobCenter/index.html
「HP JobCenter Software」
URL: www.hp.com/jp/jobcenter

以上

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

■NEC 第一システムソフトウェア事業部
電話: (03)3456-3248
E-Mail: info@mid.jp.nec.com

■中央システム株式会社 第1営業本部 運用管理ソリューション営業部
電話: (03)5978-3618
Email: s-sales@chuosystem.co.jp

■日本ヒューレット・パッカード株式会社
カスタマー・インフォメーション・センター
電話: (03)6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る