ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

携帯電話機上で快適に動作する日英自動通訳ソフトを開発
~言語の壁を越えたコミュニケーションをC&Cにより実現~

2007年11月30日
日本電気株式会社

NECはこのたび、組み込み機器向けのコンパクトな旅行会話日英自動通訳ソフトを開発し、携帯電話機上で快適に動作させることに成功しました。

このたびの成果は、携帯電話機向けの小型CPUで動作するコンパクトな自動通訳ソフトを、携帯電話機上に試験搭載(注1)することで実現したものです。
搭載した通訳ソフトは、携帯電話機のCPUのみで動作するため、外部のサーバ等による処理を必要としません。日本語の発声終了から音声認識結果の表示まで、また、翻訳開始の指示から翻訳結果の表示までがそれぞれ1秒程度と高速な処理が可能で、快適な動作速度を実現しています。これにより、旅行会話の自動通訳機能を携帯電話機単体で利用することが、技術的に可能となりました。

今年は、1977年に当時のNEC会長の小林宏治が「コミュニケーション技術とコンピュータ技術の融合」を意味する理念を「C&C」として提唱してから30周年にあたります。小林は、当時の演説の中で、「21世紀の初めには誰でも、いつでも、どこでも顔を見ながら話ができるようになる」という夢を示しました。NECは、この夢の実現に向けて、言語の壁を越えてコミュニケーションを支援する自動通訳技術の開発を進めてきました。このたびの成果は、「いつでも、どこでも、誰とでも話ができる」という夢を、また一歩、実現に近づけるものです。

このたびのコンパクト日英自動通訳ソフトは、5万語の豊富な語彙に対応し、通常我々が使用するような自然な言葉で発声された旅行会話を、日本語から英語へと自動通訳する機能を持っています。自動通訳ソフトの開発、および、携帯電話機への搭載は、以下の技術により実現しました。

(1) 音声認識エンジンを携帯電話機向けに最適化
コンパクト・スケーラブル音声認識エンジン(注2)に格納する音響モデルなどの情報の詳細度と量を調整し、携帯電話機上のリソース(CPU/ROM/RAM)の制約に合わせて最適化しました。これにより、速度・精度をほぼ保ったまま、PC通訳ソフトと比較して、使用リソース量を約半分に削減できました。
(2) 機械翻訳エンジンを携帯電話機に搭載可能なサイズにコンパクト化
辞書と文法を一体化した語彙規則型機械翻訳エンジン(注3)を、携帯電話機に搭載可能なサイズにコンパクト化しました。データ構造の最適化、辞書内容の見直し等により、翻訳精度を保ったまま、PC通訳ソフトと比較して、辞書・実行系のファイルサイズを約半分に削減できました。
(3) 携帯電話機向け通訳統合技術の組み込み
音声認識エンジン、機械翻訳エンジンを全体制御し、通訳機能を実現する通訳統合モジュールを携帯電話機の各種アプリケーションから呼び出せるミドルウェアとして組み込みました。これにより、メーラーやブラウザなど他のアプリからの通訳(音声認識/翻訳)機能の利用も実現可能となります。

NECは、自動通訳技術の実用化に向けて、携帯型パソコン対応の日英双方向自動通訳ソフトの試作(1999年)をはじめ、旅先での英会話を支援するコミュニケーションソフトウェアの商品化(2001年)、日英旅行会話自動通訳機能を有するモバイルマルチメディアビューアの商品化(2005年)など、積極的な活動を進めてきました。この次のステップとして、手軽に持ち運べ、どこでも利用可能な携帯電話機への搭載が望まれていましたが、自動通訳に使用する音声認識や機械翻訳には大きなCPUパワーが必要であるため、サーバなどの外部機器を用いずに、携帯電話機単体で自動通訳機能を実現することは困難でした。
今回、NECは、独自の音声認識技術・コンパクト機械翻訳技術を統合し、携帯電話機上での動作のために最適化することで、自動通訳機能を携帯電話機単体で快適に動作させることに成功しました。

NECは今後、音声認識・言語処理技術のさらなる強化を図り、いつでも、どこでも、誰とでもコミュニケーションがとれる社会の実現を目指して、自動通訳技術、コミュニケーション支援技術の研究開発を進めていきます。

以上

(注1)
2006年12月にNTTドコモから発売されたNEC製携帯電話機 「SIMPURE(R) N1」(N601i)を使用。()
(注2)
コンパクト・スケーラブル大語彙連続音声認識エンジン 音響モデルのコンパクト化、木構造類似度計算による類似度計算の高速化、音響先読みによる単語列探索の高速化などを組み合わせたNEC独自の音声認識方式に基づき、コンパクトな領域で高精度に動作する音声認識エンジン。
(注3)
語彙規則型翻訳エンジン: 辞書と文法を一体化して、単語内部に分散格納するNEC独自の翻訳方式に基づく機械翻訳エンジン。汎用の翻訳文法と、定型表現など単語個別の翻訳規則の双方が容易に拡充可能で、コンパクトかつ、翻訳の質の向上が容易である。
(※)
「SIMPURE/シンピュア」はNTTドコモの登録商標です。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 研究企画部 広報グループ
http://www.nec.co.jp/contact/


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る