ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

NTTドコモのSuper3G無線基地局装置ベンダーに選定

2007年12月10日
日本電気株式会社

NECはこのたび、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中村維夫、以下NTTドコモ)が商用サービスを予定しているSuper3Gの無線基地局装置の開発・製造ベンダーに選定されました。

Super3Gは、W-CDMAの拡張技術HSDPA(注1)/HSUPA(注2)からさらに発展した標準規格です。データ通信速度は、下り100Mbps以上/上り50Mbps以上の高速通信を実現し、遅延の改善や周波数の利用効率向上などを目的としたシステムです。

Super3Gは、W-CDMAの標準化団体3GPP(注3)にて、Long Term Evolution(注4)と称して検討されており、主要仕様は概ね策定されております。NECは、この標準化活動に2名の副議長をはじめ、多くのメンバが参加し中心的な役割を果たしております。

NECは、従来からモバイルにおけるトータルソリューションプロバイダとして、NTTドコモ向けに携帯端末やiモード(R)(注5)などのコンテンツサービスからコアネットワーク、無線基地局などのインフラシステムを提供しております。また、Super3G対応の携帯電話端末ベンダーとしても既に選定されております。
このたびNECがSuper3Gの無線基地局装置の開発・製造ベンダーに選定されたのも、当社のこれまでのトータルソリューションプロバイダとしての実績が高く評価されたことによるものと考えております。

NECは今後ともNTTドコモとの関係を一層強化していくとともに、グローバル市場に向けて最先端のモバイルソリューションを提供して、次世代モバイルの更なる発展に貢献していきます。

以上

(注1) HSDPA:
High-Speed Downlink Packet Accessの略称。これは、パケット通信の高速化への要求に対応するために3GPPでW-CDMAの発展型として標準化された下りの通信速度を飛躍的に向上させる技術。方式上は、下り最大14Mbpsの高速通信が可能。
(注2) HSUPA:
High-Speed Uplink Packet Accessの略称。これは、パケット通信の高速化への要求に対応するために3GPPでW-CDMAの発展型として標準化された上りの通信速度を飛躍的に向上させる技術。方式上は、上り最大5.7Mbpsの高速通信が可能。
(注3) 3GPP(3rd Generation Partnership Project):
IMT-2000 W-CDMAの詳細な仕様を作成するパートナーシッププロジェクト。各国地域の標準化組織が、3GPPで作成された仕様を各国・地域共通の標準規格。世界の主要な移動通信関係会社を含む多くの会社や団体が加盟。
(注4) Long Term Evolution (LTE):
Super3Gの3GPP規格名称。
(注5) iモード:
iモードはNTTドコモの登録商標。

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る