ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

モバイルWiMAX「PasoWings」をグローバルに販売開始

2007年12月10日
日本電気株式会社

NECはこのたび、IEEE802.16eに準拠し国際電気通信連合(ITU)から次世代高速無線通信技術の国際標準に認定されたモバイルWiMAX「PasoWings(パソウィングス)」を製品化し、グローバルに販売活動を開始しました。

モバイルWiMAXは、ブロードバンド先進国・地域においては行政や民間による遠隔医療や遠隔教育などより快適な社会の実現に向けた新たなアプリケーションのインフラとして、またこれからブロードバンド通信環境を整備する国・地域においてはデジタル・デバイド解消のソリューションとして期待される高速・大容量無線システムです。

PasoWingsの名称は、当社が世界129ケ国に納入実績があり、高い無線技術力や信頼性を誇る小型マイクロ波通信システム「PASOLINK」の名称の一部「Paso」と、新しい市場領域に大きく飛翔する「Wings」を組み合わせたものです。新製品の特長は次のとおりです。

1. 端末からアプリケーションサーバまでエンドtoエンドソリューションを提供
PasoWingsは、パソコンなどに差し込むPCMCIAカードなどの加入者端末(SS:Subscriber Station)製品から、基地局やアンテナなどの無線アクセス製品、ユーザー認証サーバやユーザー位置情報管理サーバなどのアプリケーションサーバにより構成されており、エンドtoエンドソリューションを提供する。さらに、基地局間や基地局とコアネットワーク(IP網)を接続するバックホールシステム、モバイルWiMAXネットワーク上でIP電話サービスを実現するためのSIPサーバなど、PasoWingsとNECが保有するネットワーク製品群を組み合わせることにより、通信事業者のネットワーク構築に必要な全ての要素を一括して提供することが可能。

2.

高性能、高効率の無線特性
NECが得意とするマイクロ/衛星通信システムやW-CDMAで培った無線技術を投入し開発した高効率アンプ、先進的なスケジュリングアルゴリズム、アンテナ技術などを導入し高性能で効率の高いシステムを実現している。

3.

加入者端末ラインアップの充実
加入者端末については、自社製品として屋内型端末、屋外型端末、パソコンなどに差し込むPCMCIAカードの各種を取り揃えている。また、通信事業者のニーズに対応するため、他社製品との接続試験を通じて今後はより多くの製品を揃え、ラインアップを拡充していく計画。

4.

WiMAXフォーラム標準仕様準拠
PasoWingsは、WiMAXフォーラムが規定する標準仕様に準拠しているため、他の同じ標準準拠製品との相互接続性を確保している。

PasoWingsは、無線アクセス市場への参入や、現行のブロードバンドサービスの補完・強化を考えている固定通信事業者および、ブロードバンドの新興成長国で短期間での展開を考えている通信事業者などを主要顧客として位置づけており、販売目標としては今後3年間で無線基地局15,000システムを見込んでおります。

現在NECは、世界の15ケ国以上の国でモバイルWiMAXの導入に向けたトライアルを実施・予定しております。またNECは先般、当社にとっては初めての商用モバイルWiMAXを台湾の大同電信より受注しました。NECとしては、今後もトライアルに積極的に参加し、台湾の実績をベースに更なる商用システムの受注を目指します。

「PasoWings」の製品仕様概要及びネットワーク適用例は別紙をご参照ください。

以上

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る