ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

再生パソコン「NEC Refreshed PC」の累計出荷台数10万台を達成
~植林活動の成果と合わせて東京ドーム約16杯分のCO2削減に貢献~

2007年12月11日
日本電気株式会社
NECパーソナルプロダクツ株式会社


NECならびにNECパーソナルプロダクツ(本社:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:髙須英世)はこのたび、再生パソコン「NEC Refreshed PC」(NECリフレッシュPC)の累計出荷台数10万台を達成しました。

「NEC Refreshed PC」は、ユーザの使用済みパソコンを買い取り、ハードディスク内のデータ消去や外観のクリーンアップ、OS・ソフトウェアの再インストールなどの再生作業を行って販売する、業界初のメーカ保証付き再生パソコン(注1)です。「NEC Refreshed PC」の出荷は2003年9月に開始し、本年12月に累計の出荷台数が10万台に達しました。

また、使用済みパソコンをユーザから買い取るごとに1本の木を植林する「NECリフレッシュPC植林プロジェクト」の2007年実績として、28,478本のユーカリの木をオーストラリア・南オーストラリア州・カンガルー島「ヴィンケパス(Vinkepas)」地域(注2)に植林しました。
「NECリフレッシュPC植林プロジェクト」は、地球温暖化防止に貢献するCO2削減にユーザが間接的に参加できる活動として2005年4月から開始したものであり、プロジェクトへの参加の意思を示したユーザからパソコンを1台買い取るごとに、1本の木を植林します。
本プロジェクトにおける累計の植林本数は、64,310本となり、それらの木が20年間成長すると仮定した場合、10万台の再生パソコン導入時のCO2排出抑制効果と合わせて、35,724トン(約1,954万Kリットル分、東京ドーム約15.8杯分、大阪ドームでは約16.3杯分に相当(注3))のCO2削減(注4)に貢献すると考えられます。

NECでは今後も、使用済みパソコンの買い取りと「NEC Refreshed PC」事業を強化するとともに、「NECリフレッシュPC植林プロジェクト」の活動を実施することで、廃棄物の抑制と環境負荷の低減を推進し、循環型社会の実現へ貢献してまいります。

以上

(注1)
お客様購入後1年間あるいは6ヶ月間の無償修理保証。
NEC製新品パソコン購入のお客様と同等のサポートサービス提供。
(注2)
NECが2002年8月から植林を開始している地域(名称:NECの森(NEC Forest))であり、適切な降雨量等から木の良好な成長が見込めることから、この地域を選定。
(注3)
1気圧20℃のCO2 1Kgを気体の状態方程式のもとで計算し、約0.547Kリットルとして算定。東京ドーム1杯は約124万Kリットル、大阪ドームは約120万Kリットルとして算定。
(注4)
「NEC Refreshed PC」は、組み立て工程が省略されているため、新商品の製造と比較すると1台あたり約100kg(当社LCA評価計算による)のCO2排出抑制効果。植林活動により1台当たり年間約20Kgと合わせて約120KgのCO2削減効果。
(再生作業分約100Kg+植林分年間約20Kg×20年分で、合計約500Kg)

NECリフレッシュPC植林プロジェクトに関する情報


本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NECパーソナルプロダクツ リフレッシュPCセンター
フリーコール: 0120-977-919
受付時間: 9:00~17:00(日曜日、祝日、当社指定休日を除く)


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る