ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

安心・安全な社会の実現に貢献する官公庁市場向けソリューション事業の強化

2007年12月14日
日本電気株式会社

NECではこれまで、航空交通管制システム、走行支援道路システム、地震活動等総合監視システムなど、官公庁市場を中心に安心・安全な社会の実現に貢献するシステムの提供を進めてまいりましたが、今般、更なる取り組みとして、次世代防災ソリューション事業(防災NGN(次世代ネットワーク))やバイオメトリクス(生体認証)事業を強化してまいります。

次世代防災ソリューション(防災NGN)事業は、防災市場向けにこれまでNECが培ったネットワーク技術やシステム構築のノウハウと最先端のNGN技術を活用し、従来の公助(災害時に行う国や自治体の支援活動)領域でのネットワーク統合・強化及び情報共有基盤の整備に加え、今後必要性が高まる自助・共助(住民の自主的な避難、救助を支援する活動)領域に向けた防災システムの開発及び被災住民向けネットワークの構築へと事業を拡大してまいります。
また、指紋や顔などの生体情報を用いて本人であることの識別を行うバイオメトリクス事業について、従来から取り組んできた国内外の捜査用途向け指紋照合システム(Criminal AFIS(Automated Fingerprint Identification System))など豊富なシステム構築実績を踏まえ、今後は、グローバル市場においても導入機運が高まりつつある入出国管理・国民ID(Civil AFIS)分野の事業にも注力してまいります。

このたび、強化を図るソリューション事業は下記の通りです。

1.
-
次世代防災ソリューション(防災NGN)事業
公助領域
NGN技術により、国・自治体の防災情報システムと防災ネットワークの融合を図る。従来、防災関連省庁や自治体の関連部門毎に個別に構築され、各機関間での連携や相互接続が困難になっていた防災ネットワークを、NGN技術を活用して、縦(国-都道府県-市町村)横(省庁間・都道府県間・市町村間、防災機関-消防機関等)の相互連携が容易に可能で堅牢な次世代防災IPネットワークへの移行提案や構築事業を強化する。これにより、関連機関間での緊急時の情報共有・連携を容易にし、発災時の情報空白を回避し、迅速かつ統制の取れた現場対応を可能とする。
- 自助・共助領域
災害時に、被災住民が携帯電話やPC等の日常使っている端末を用いて上記ネットワークに接続するための通信環境整備や、住民同士の救助・救援活動に必要となる情報を共有するためのアプリケーションシステムの開発を強化する。これにより、被災住民への的確かつ迅速な情報提供を実現するとともに、帰宅困難者支援、避難住民支援、ボランティア支援など、住民の自主的な各種支援活動をより効果的かつ効率的に支援する。
2.
バイオメトリクス(生体認証)事業
NECでは、長年の研究開発を経て、日本・米国をはじめ海外22カ国に捜査用途の指紋照合システムを納入してきている。また、香港には顔認証による入国管理局システムを納入するなど、生体認証分野での高い技術力をベースに国内外において多数の導入事例を有している。
最近では、我が国の改正入国管理・難民認定法の施行に伴い、法務省入国管理局が11月20日から開始した、指紋・顔情報などの個人識別情報を活用した新しい入国審査システムの構築を担当した。このシステムの構築にあたっては、NECが保有する世界最高速・最高精度の指紋照合エンジン、顔照合エンジン、および指紋・顔情報を採取するバイオユニット端末が採用されている。
近年、生体認証を用いたシステムにおいては、複数の生体情報を組み合わせて個人を識別する方法が新たな潮流になってきている。
NECでは、バイオメトリクス事業を次の3分野に大別し、グローバルな市場を視野に、より幅広い応用事業領域に積極的に取り組み事業拡大を進めることとした。
  ・ 捜査指紋(Criminal AFIS)事業分野
  ・ 出入国管理・国民IDに代表されるCivil AFIS事業分野
  ・ PCアクセス管理・入退場管理などPID(Personal Identification)事業分野
具体的な強化内容として、バイオメトリクス技術の研究開発強化と、6極体制(日本、北米、欧州、中国、アジア・パシフィック、中南米)によるグローバル事業推進体制を確立し現地法人への技術移転、人材育成・機能強化を進めていく。

NECでは、今後も安心・安全な社会の実現に貢献するため、関連の事業分野の強化を推進してまいります。

以上

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 新IT戦略推進本部
TEL (03)3798-9973


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る