ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

NGNサービス拡大に向けてITベンダ各社と協業、NGNアプリケーション創出を促進

2007年12月26日
日本電気株式会社

NECはこのたび、企業システムにおける次世代ネットワーク(NGN)活用を加速するため、NGNミドルウェア領域において、主要なITベンダ各社との協業に合意いたしました。
このたび協業を進めるITベンダは、EMCジャパン株式会社、日本オラクル株式会社、サン・マイクロシステムズ株式会社、ノベル株式会社、日本BEAシステムズ株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社、マイクロソフト株式会社、ミラクル・リナックス株式会社、MontaVista Software, Inc.、レッドハット株式会社(注1)の10社(注2)であります。

NECは、これら10社とともに、「NGNミドルウェアパートナープログラム」を開始し、NGN対応の企業向けアプリケーションソフトウェアの開発を加速するために、SIP(注3)ミドルウェア共通APIの策定、接続性検証環境の提供などの活動を2008年3月より開始いたします。
SIPミドルウェア共通APIを策定することで、NGNを活用したシステムを構築する際、技術者がSIP技術の詳細を熟知していなくてもアプリケーションの開発が容易になります。また、接続性検証環境の提供により、SIP対応ミドルウェアとNGN対応のアプリケーション間の相互接続性、さらに、商用環境に近い擬似的なNGN環境によるNGNに対する接続性を検証することが可能となります。これらの取り組みにより、事前に動作検証された高品質のソフトウェアの品揃えを強化し、企業システム等での、NGN利用を加速してまいります。

パートナープログラムの概要は以下の通りであります。

1. SIPミドルウェア共通APIの策定
今回策定を進めるSIPミドルウェア共通APIは、複雑なSIPの通信シーケンスを隠蔽しSIP技術の詳細を知らなくてもNGNを利用したアプリケーションの開発が容易にできるAPIです。電話接続を例に、現状では「接続要求、応答待ち、接続、‥」のようにアプリケーションが複数のSIPメッセージのやりとりを直接行う必要があり、開発者に大きな負担がかかります。一方SIPミドルウェア共通APIを活用することにより、「電話Aと電話Bをつなぐ」といった指示のみで、ミドルウェア内部でその指示を解釈し、目的に応じたSIPメッセージのやりとりを自動的に行ってくれます。その結果、開発者の負担を軽減することが可能となります。
NECがこれまで培ってきた技術、ノウハウを元に検討のベースとなるAPIの提供を行い、参加パートナーとの協議によりブラッシュアップしていくことで、業界全体で共通的に利用できるAPIに仕上げていきます。
それによってNECやパートナーがそのAPIに準拠した共通のインタフェースを持ったミドルウェアを提供することが可能になります。
2. 接続性検証環境の提供
多様なネットワークやコンピュータ機器、及びソフトウェアを用意した評価センタを設立し、SIPを使用したソフトウェア間の相互接続性やNGN擬似環境との接続性を検証できる環境を整備します。
これにより、多様なNGN対応ソフトウェアで構成されるシステム全体の品質を検証すること、開発されたソフトウェアがNGN環境で問題なく動作することを検証できます。
評価センタはNEC内に設置し、NECが運営を行います。このセンタをパートナー各社に開放することで、事前検証を容易に行うことができNGNに対応したソフトウェアの開発を促進してまいります。

NECは、これまで他社に先駆けSIPサーバ「CX6820」などにより、国内キャリア向けシェアNo.1を獲得し、更にNGNにおいてもネットワーク制御基盤(IMSコア)「NC9000シリーズ」をはじめ、早い時期からSIPをベースに全領域(全レイヤ)に渡って核となる製品の提供を行っております。また、企業システムにおいては、シェアNo.1のSIP対応IPテレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000シリーズ」、SIP対応Webアプリケーションサーバ「WebOTXシリーズ」の提供を行っております。このたびの新施策展開においてもこうしたSIP技術をベースにNECがリーダーシップを発揮し、ITベンダ各社と協調しながら、NGN推進に努めるものであります。

NGNでは、SIPを活用することにより、IPアドレスや電話番号により発信者を認証し高いセキュリティを提供したり、帯域確保による確実なQoS保証を実現できます。また、ネットワーク障害の発生時に迂回接続することで通信を維持するなど、従来のIPネットワークでは困難であった安心安全、便利快適なネットワークの提供が可能となります。
一方、従来のインターネットを活用したシステムでは、HTTPプロトコルという手順で通信を行っていたものが、NGNでは、HTTPプロトコルに加え、SIPプロトコル手順での通信が必要になります。そのために、企業システムでのNGN活用においても、従来ITの技術のみではなく、ITとNWの双方の技術を熟知する必要があります。
しかしながら、通信手順のもととなるSIPプロトコルについては、細目がきめ細かく規定されてはいないため、仕様の解釈相違による相互接続性の低下や、多様なソフトウェアの相互連携において末端同士の品質確保が困難となるといった懸念が生じております。
そこで、企業システムにおけるNGN活用促進においては、導入を容易にする共通APIの策定、相互連携のための仕組みが必要であり、またNECでは、ITベンダ各社に働きかけ、本プログラムの発足を計画いたしました。

以上

(注1)
EMCジャパン株式会社 本社:東京都新宿区、代表取締役社長 諸星 俊男
日本オラクル株式会社 本社:東京都千代田区、代表取締役社長 新宅 正明
サン・マイクロシステムズ株式会社 本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 末次 朝彦
ノベル株式会社 本社:東京都品川区、代表取締役社長 堀 昭一
日本BEAシステムズ株式会社 本社:東京都港区、代表取締役社長 志賀 徹也
日本ヒューレット・パッカード株式会社 本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員 小出 伸一
マイクロソフト株式会社 本社:東京都渋谷区、代表執行役社長 ダレン ヒューストン
ミラクル・リナックス株式会社 本社:東京都港区、代表取締役社長 佐藤 武
MontaVista Software, Inc. 本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、President and Chief Executive Officer Thomas Kelly
レッドハット株式会社 本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 藤田 祐治
(注2)
2007年12月現在
(注3) SIP
SIPとは、通話制御プロトコルの一つで、音声や映像、テキストメッセージの 交換などを行うために必要なセッションの確立、変更、終了といった処理を 行う。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC マーケティング本部 逸見、荒川、福田
電話: (03)3798-6736

E-Mail: n-henmi@cw.jp.nec.com
k-arakawa@cq.jp.nec.com
k-hukuda@az.jp.nec.com

NEC ネットワークソフトウェア事業本部
ネットワークサービスシステム事業部 三栖
電話: (044)455-8275
E-Mail: t-misu@bl.jp.nec.com


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る