ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

NECとEMC戦略的アライアンスに基づくストレージ新製品を発表
~中堅・中小企業向け製品を共同開発~

2008年 1月 9日
日本電気株式会社
EMCコーポレーション

日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:矢野薫、以下NEC)と米国EMCコーポレーション(本社:米国マサチューセッツ州ホプキントン、会長 兼 社長 兼 最高経営責任者(CEO):ジョー・トゥッチ、 以下EMC)は、2006年4月に合意した戦略的アライアンスに基づいて共同開発したストレージを予定通り製品化し、本日より両社から販売を開始いたします。 新製品は両社によるストレージ分野での初の具体的な協業成果になります。

今回の新製品は、100万円を切る低価格で柔軟な拡張性と容易な操作性を実現する先進のエントリー・ストレージであり、主に中堅、中小企業向けをターゲットとしております。

設計および開発は、NECとEMCが共同で行いました。生産は、NECが担当し、両社は自社ブランド名(NEC:「iStorage E1」、EMC:「CLARiiON/CLARiX AX4(R)」)でグローバルに販売を行います。

NECは、今回の協業により自社のストレージ製品「iStorage」のラインアップを拡充するとともに、共同開発および生産台数増加によるコストダウンを図り、グローバルな事業拡大を進めます。
また、EMCは、今回の協業を通じて、中堅/中小企業向けストレージでグローバルにシェア拡大を目指します。

新製品は、ホストインターフェースにファイバーチャネルに加えて、
iSCSI(*)を採用しており既存のイーサネットを使用できるため、低価格で簡単に導入でき、運用も容易になります。iSCSIは、その優れたコストパフォーマンスと高い運用性から今後、国内外で急速に立ち上がることが予想されており、両社は新製品の拡販を通じて、iSCSIのソリューションの普及を図っていきます。

また、最大64台のサーバに接続可能であり、Windows(R)、Linux(R)、UNIX(R)、 VMware ESX servers(R)などのOSが混在した環境に対応予定で、情報の増大に柔軟に対応できます。さらに、Microsoft Exchange(R), Microsoft SQL Server(R)、OracleおよびSAPなど業種アプリケーションを搭載したサーバとの接続が可能です。加えて、最大60台のSASあるいはSATAハードディスクドライブを搭載できるため、内部統制などによる文書や画像など非構造データの増加が見込まれる分野に適しています。そして、コントローラを二重化することで、業界トップレベルの高可用性とデータ保護機能を実現しています。

今後も、両社は今回の新製品にとどまらず、お客様のニーズにより的確にお応えすべく戦略的なアライアンスに基づく開発協業を継続してまいります。

以上


このリリースには、連邦証券法の規定に基づく「将来の見通しに関する記述」が含まれています。特定のリスク要因の結果として、将来の見通しに関する記述において予測される内容と実績とは著しく異なる場合があります。前述の特定のリスク要因とは、以下を含み、これに限定されるものではありません。(i)一般的な経済情勢または市況の悪化、(ii)情報テクノロジーへの投資の遅延または削減、(iii)買収ならびに投資に関連するリスク(統合、組織再編、ならびに予見された共働体制の達成における課題およびコストを含む)、(iv)競合要因(価格競争および新製品の投入を含み、これに限定されるものでない)、(v)製品価格および部品コスト下落の相対/変動比率ならびに製品/サービス収益の額と内訳、(vi)部品および製品の品質ならびに入手状況、(vii)新製品への移行、顧客による新製品受け入れの不確実性、ならびに急激なテクノロジーおよび市場変化、(viii)在庫の不足、超過、旧式化、(ix)戦争またはテロ行為、(x)高いスキルを備えた従業員の採用およびその雇用を維持する能力、(xi)為替レートの変動、(xii)その他の一度限りの事象、および米国証券取引委員会にEMCが提出する文書において既にまたはその時々に開示されたその他の重要要因。EMCは、このリリースの当日以降、かかる将来の見通しに関する記述を更新する義務を一切負わないものとします。

* iSCSI(アイ スカジー) (Internet Small Computer System Interface)
記憶装置などのデバイスとコンピュータを接続するコマンドをIPネットワークで利用できるようにする通信プロトコル。iSCSIによって、従来はファイバーチャネルなどを利用していたストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)を社内LANなどのEthernet上で構築することが可能となる。
EMC、CLARiiONおよびCLARiXは、EMC コーポレーションの登録商標です。他のすべての名称ならびに製品についての商標は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る